庭球部

2015.10.29

全日本大学対抗王座決定試合 10月24日 東京・有明テニスの森公園

決勝に向け、準備は整う

 全日本大学対抗王座決定試合(王座)も大会3日目。準決勝が行われたこの日、早大は関学大と対戦した。決勝に向け弾みをつけたい一戦。ダブルスでは林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)・細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)組が快勝するも、梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)組は苦しい戦いに。ストレートで敗れ、ダブルスを1-1で終えた。しかしシングルスでは林がまず一勝を挙げ、続く宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)も白星。見事チームの勝利を決めた。終わってみれば相手を寄せ付けることなく4-1。翌日の決勝では関東大学リーグ(リーグ戦)で苦杯を喫した慶大とのリベンジマッチに挑む。

試合に敗れ、悔しい表情の梶谷(左)・上組

 ダブルス2の林・細沼組がテンポよく試合を進める一方、梶谷・上組のコートではいつもの笑顔が影をひそめた。第1セット序盤は互いにキープが続くが、先にブレークを許し2-4に。挽回を図りたい梶谷・上組は、3-5で迎えた9ゲーム目。セットポイントを何度も握られながらも粘りのテニスを見せた。しかし、「自分たちでチャンスを逃してしまっていた」と梶谷が振り返るようにミスも目立ち、5度のジュースの末にこのセットを落としてしまう。この悪い流れを、第2セットでも断ち切ることはできなかった。相手の強気なプレーに押され気味となり、そのままストレートで敗戦。試合後悔しげな表情を浮かべた。多くの観客でにぎわう王座という舞台で、緊張した面持ちを見せつつも奮闘した1年生の上。初出場を勝利で飾ることはできなかったが、この悔しさをバネに次戦ではさらなる活躍を見せてくれるに違いない。

力強いストロークを放ち、勝利をつかんだ吉冨

 「ダブルス1-1は想定内」(宮地)。一戦を落としてもチームに焦りはなく、シングルスでは選手たちがそれぞれの役目をしっかりと果たした。シングルス3に登場したのは、3年連続で王座出場を果たしている林。第1セットを6-1で先取すると、第2セットも順調にポイントを奪い勝利を収める。シングルス2の宮地も6-2、6-0と相手を圧倒。チームの3勝目を挙げ、決勝への切符をつかみ取った。最後の戦いで登場したのはエース吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)。出だしはなかなか調子が上がらず、0-3とリードを許す。しかし、そこから追い上げ試合はタイブレークへ。競った展開となるが、「最後はしっかりと自分で打ちに行けた」(吉冨)と語るように力強いボールを放ち、相手は追いつくことができない。気迫のこもったプレーでこのセットを奪うと、そのままストレート勝ちを決めた。

 準決勝を4-1で勝ち進んだ早大。全勝こそかなわなかったが、「まずまずの結果」(宮地)と語るように、決勝に向け準備は整った。長く続いてきたこのメンバーでの戦いも残りわずか1試合。あの悔しい思いは二度と味わいたくない――。リーグ戦での借りを返すべく、宿敵・慶大との一戦に臨む。

(記事 吉原もとこ、写真 山本葵)

※掲載が遅れ、申し訳ありません。

結果

▽女子

準決勝

○早大4-1関学大

ダブルス1

●梶谷桜舞・上唯希(3-6、4-6)伊藤遥・酒井渚月子

ダブルス2

○林恵里奈・細沼千紗(6-0、6-0)山本澪・栗本麻美

シングルス1

○吉冨愛子(7-6(7)、6-4)伊藤遥

シングルス2

○宮地真知香(6-2、6-0)酒井渚月子

シングルス3

○林恵里奈(6-1、6-3)宇佐美愛

関連記事

5戦全勝で準決勝へ!10連覇に向け、視界は良好(10/29)

関連特集

王座直前特集『この一球』(10/20~22)

コメント

宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)

――準決勝も勝利で終えましたが、きょうの試合結果をどのように考えていますか

事前にダブルスを1-1で折り返してシングルスにつなぐというのも想定していて。そこまで悪いかたちではなかったので、まずまずの結果だったと思います。

――王座初出場の上選手(唯希、スポ1=兵庫・園田学園)が奮闘されていましたね

そうですね。上にとっては初めての王座になるので、やはり緊張もあったと思います。でも、そのような状況の中でもチームのために精一杯やってくれていました。

――結果的にご自身の試合でチームの勝利を決めましたが、こちらを振りかえっていかがですか

きのうよりはいい内容で試合をすることができましたと思います。あすの決勝ではもっといいプレーができるよう、しっかりと準備をしたいです。

――きょうは土橋監督(登志久、平元教卒=福岡・柳川)が試合をご覧になっていましたが、そのことによる変化はありましたか

そうですね。みんながどう思っていたかというのはあまり分からないのですが、私自身はプレーをする上でもとても気持ちが締まりました。

――あすの決勝戦では、いよいよ慶大との対戦を迎えます。意気込みをお願いします

リベンジします!

梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)

――決勝進出を決めましたが、いまのお気持ちは

チームとしてはすごくまとまってきています。夏関(関東学生選手権)が終わってからチームの全員でしっかり王座に向けてまとまっていけていなかったような時期も少しあったのですが、やはり最後は全員がまとまって王座優勝に向けてチームが動けているので、いい方向に向いていると思います。

――きょうのダブルスは敗れてしまいましたが、振り返っていかがですか

自分たちのテニスができなかったのが一番大きいです。やはり上はインカレ(全日本学生選手権)チャンピオンではありますが、1年生で初めての王座で特にきょうは土曜日で観客の方も多く雰囲気が全然違う中での試合だったので、すごく緊張したと思います。そこを4年間経験してきた私が上の気持ちを考えて引っ張ってあげられなかったのはすごく悔しいですし、一本落としてしまったのは本当に申し訳ないです。

――粘りを見せる場面も多かった印象ですが

相手もすごくよくて自分たちもなんとか返したポイントもあったのですが、相手の方がしっかりと決め切れているポイントが多かったです。私たちも粘るポイントはあったのですが、粘ったポイントの後に上と私で二人続いて一本調子のミスをしてしまったりとリズムがつかめないようなテニスをしていたので、そこは自分たちでチャンスを逃してしまっていたなと思います。

――あすに向けて修正していきたい点はありますか

ここで修正する点はほぼないのですが、あとは気持ちの問題かなと思います。コートに立つ選手はいろいろな方や部員の気持ちを背負っているので、それを出し切るだけだと思います。私たちは秋のリーグ(関東大学リーグ)でも(慶大に)負けてしまっていて、チームとしては春(早慶対抗試合)も秋もダブルスは0-2だったので、特にダブルスは2-0でいままでの借りを返したいという気持ちが強いです。

――あすの最終戦への意気込みをお願いします

決勝で慶応と当たれるということもお互いにとって勝ち上がっての対決はいいことだと思います。本当に最後の最後の試合ですし、リベンジする絶好のチャンスが来たと思うので、全員でしっかりとリベンジして優勝をつかみたいと思います。

吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)

――きのうから王座(全日本大学対抗王座決定試合)が始まりましたが、いまのお気持ちは

王座はいつも緊張するのですが、4年目だと思うとさらに緊張しています。

――チームの雰囲気はいかがですか

試合前にいろいろと話す機会もあって、すごくよくなっています。選手ももちろん全員で戦うことにおいて、みんな気合が入っているのでいい雰囲気だなと思います。

――ご自身のシングルスを振り返って

勝ちたい気持ちと自分のプレーにギャップが出てしまって、自分としては納得のいく試合ではなかったです。やはりその後に練習をしたときにただの気持ちだなと思ったので、あしたはその気持ちの部分でさえ自分がしっかりと覚悟を決められればちゃんとした試合ができるんじゃないかなと思います。

――第1セットはタイブレークまでもつれ込みました

絶対にファーストセットは取ろうと思っていて。引いちゃだめだと思いつつも引き続けてファーストセットはあのようになってしまったのですが、最後の二本はしっかりと自分でうちに行けたのでよかったのかなと思います。

――第2セット途中から渡辺隼コーチ(平19スポ卒=静岡・庵原)がベンチコーチに入りましたが、なにか気持ちに変化などはありましたか

気持ちに変化というよりは、あしたに向けてやることを言われて自分がいまやらなくてはいけないことに集中できたので、とてもよかったです。

――あすはついに慶大との最終戦です。意気込みをお願いします

絶対に勝ちます。リベンジします!