庭球部

2015.10.29

全日本大学対抗王座決定試合 10月23日 東京・有明テニスの森公園

5戦全勝で準決勝へ!10連覇に向け、視界は良好

 大学テニス界の頂点を決める全日本大学対抗王座決定試合(王座)が開幕した。この1年間の集大成となる今大会。初戦の中京大戦は、1本も落とすことなく5-0で完勝。それぞれの選手が力を尽くし、10連覇に向け弾みをつけた。

タイブレークを取り切った吉冨(左)・細沼組

 ダブルス1には吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)と細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)のペアが登場。ファーストセットを6-2で奪ったが、相手も食い下がる。セカンドセットは競った展開となり、一時は5-6となった。だが、ここで吉冨が積極的にポーチに出て、ボレーを立て続けに決める。相手のサービスゲームをブレークし、タイブレークに突入した。サービスとボレーでポイントを奪い、4-1とリードをつくった吉冨・細沼組。細沼のスマッシュも決まり、7-6(4)で相手を振り切った。同時に行われたダブルス2の梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)組も6-3、6-1で勝ち星を挙げ、2-0でシングルスへつないだ。

ストロークで攻める宮地主将

 シングルス2で登場したのは宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)。初戦の緊張からかミスが目立ち、ファーストセットを4-6で落としてしまう。だが、「しっかり体に力を入れて、一球ずつ打とう」と、気持ちを切り替えて臨んだセカンドセット。本来の伸びのあるショットがさえ始め、相手を翻弄(ほんろう)する。6-1、6-1と立て続けに2セットを奪い、勝利をもぎ取った。シングルス3を任された細沼、シングルス1の吉冨は危なげない試合運びを見せ、それぞれストレートで相手を下した。

 中京大戦を全勝で突破し、難なく準決勝進出を決めた女子部。あすからは対戦校のレベルも一段と上がり、さらにプレッシャーのかかる試合となっていくだろう。「勝負はこれからなので、もっと一人ひとりが気持ちを出していければいいなと思う」(宮地)と表情を引き締めた。見据えるのはただ一つ、王座10連覇。気持ちのこもった一球を最後の瞬間まで打ち込んでいく。

(記事 山本葵、井口裕太、写真 井口裕太)

※掲載が遅れ、申し訳ありません。

結果

▽女子

2回戦

○早大5-0中京大

ダブルス1

○吉冨愛子・細沼千紗(6-2、7-6(4))古屋美智留・太田千晶

ダブルス2

○梶谷桜舞・林恵里奈(6-3、6-1)高松奈央・能登美穂

シングルス1

○吉冨愛子(6-1、6-1)高松奈央

シングルス2

○宮地真知香(4-6、6-1、6-1)古屋美智留

シングルス3

○細沼千紗(6-1、6-2)太田千晶

関連特集

王座直前特集『この一球』(10/20~22)

宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)

――1セット目は落としてしまいましたが振り返ってみていかがですか

王座初戦ということで緊張もありましたし、色々と考えすぎたのがあまりよくなかったのかなと思います。

――シングルスでの1セット目と2セット目の間で何か意識を変えた点はありましたか

しっかり体に力を入れて一球ずつ打とうということで、それができてきてよかったです。

――2セット目以降はショットの精度も上がってきたように見えましたが

だんだんやっていくうちにこうしていこうというかたちが見えてきたので落ち着いてできました。

――きょうの試合の中で課題などは見つかりましたか

もうここまで来たらあとは気持ちの問題なので、しっかり気持ちの準備をして臨むだけかなと思います。

――王座を迎えたチーム全体の雰囲気はいかがですか

全員が王座に向けて向かってくれていると思います。ただ、勝負はこれからなのでもっと一人ひとりが気持ちを出していけたらいいなと思います。

――あしたへの抱負をお願いします

あしたも厳しい場面が来ると思いますが、全員で一球一球積み重ねていきたいです。