庭球部

2015.10.28

全日本大学対抗王座決定試合 10月23日 東京・有明テニスの森公園

11連覇に向け、好発進!

 いよいよ開幕した全日本大学対抗王座決定試合(王座)。先の関東大学リーグで11連覇を成し遂げた早大は、初戦の相手に愛知学院大を迎えた。ダブルスで幸先良く3勝を収めると、その後のシングルスでも白星を挙げていく。9-0で圧勝し、次戦に駒を進めた。

冷静なプレーでゲームを支配した栗林副将・坂井(左)組

 チームの流れを左右するダブルス3戦。真っ先に白星を挙げたのは、ダブルス3の栗林聡真副将(スポ4=大阪・清風)・坂井勇仁(スポ1=大阪・清風)組だった。序盤からペースを握り、鋭いサーブとリターンを軸にポイントを奪っていく。冷静なプレーで相手に付け入る隙を与えず、6-1、6-1と快勝した。ダブルス2の小堀良太(スポ3=東京・大成)・松崎勇太郎(スポ3=神奈川・湘南工大付)組の試合は、5-5と競った展開となった。だが、続く2ゲームを連取しこのセットを取り切ると、セカンドセットは6-0と相手を圧倒。ダブルス1の今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)・河野優平(スポ2=福岡・柳川)組もストレート勝ちを収めた。

王座初勝利を挙げた三好

 続いて行われたシングルス6戦。シングルス6の三好健太(スポ2=埼玉・秀明英光)は好調な滑り出しを切ったが、途中から緩急をつけてきた相手に対し「焦って打ち急いでしまうことがあった」と、リズムを崩される。セカンドセットでは、一時は1-4とリードされた。だが、熱い応援に応えるようにガッツポーズを見せ、自らを盛り立てた三好。積極的に打ち込み5ゲームを連取すると、ファイナルセットを迎えることなく勝負を決めた。シングルス5の巽寛人(スポ3=福岡・柳川)は緊張からか序盤は動きが固くなってしまったが、セカンドセットでは粘り強くボールを拾い、本領を発揮。相手から主導権を奪い、フルセットの末勝利を収めた。この他、シングルス3に出場した坂井とシングルス上位陣もストレート勝ち。9戦全勝で準決勝進出を決めた。

 王座11連覇に向け、好発進した早大。初出場の選手から今大会で引退を迎える4年生まで、全員が勝利をつかんだ。次なる戦いの相手は同大だ。悲願の優勝まで、あと2戦。一瞬たりとも気の抜けない戦いが続く。

(記事、写真 山本葵)

※掲載が遅れ、申し訳ありません。

結果

▽男子

2回戦

○早大9-0愛知学院大

ダブルス1

○今井慎太郎・河野優平(6-3、6-2)金澤康斗・杉岡晋也

ダブルス2

○栗林聡真・坂井勇仁(6-1、6-0)中西一仁・森下大斗

ダブルス3

○小堀良太・松崎勇太郎(7-5、6-0)茅野宗輝・宮地汰

シングルス1

○今井慎太郎(6-0、6-1)森下大斗

シングルス2

○栗林聡真(6-2、6-0)中西一仁

シングルス3

○松崎勇太郎(6-1、6-2)小池湧也

シングルス4

○坂井勇仁(6-2、6-1)茅野宗輝

シングルス5

○巽寛人(3-6、6-1、6-1)島康輔

シングルス6

○三好健太(6-3、6-4)金澤康斗

関連特集

王座直前特集『この一球』(10/20~22)

コメント

今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――王座(全日本大学対抗王座決定試合)開幕となりましたが、現在のチームの雰囲気はいかがですか

いままでもチーム一丸となってやるというのをずっと部員には言い続けてきて。声を出すことや雰囲気をつくることは大切なことなのですが、それよりもみんなの勝ちたいという思いがひとつになってきていて、チームのためにプレーをしようという気持ちも感じますし、一段と団結も強まっているかなと思います。きょうの試合を通して選手にもサポートにもまだ課題はあるというのは自分たちでも言い合っていますが、とりあえず勝つというよりもチームのために勝つという気持ちをみんなが持って王座に臨んでいて、いいチームになってきているなと感じています。

――きょうのチームの戦いぶりをご覧になっていかがでしたか

相手も必死にプレーしてきて、特にシングルス4、5、6の選手はレベルも高かったので少し厳しい時間もありました。でも、そこを乗り越えられたというのはプラスに考えても良いかなと思います。選手自身には不満があるかもしれませんが、あすからはもっと対戦校のレベルも上がりますし、プラスに捉えて次につなげたいと思います。

――ご自身のプレーの調子はいかがですか

細かいところを言えば改善点はありますが、基本的には悪くはないかなと思っています。これを維持するだけではなく、相手校のレベルに見合うようさらに調子を上げていきたいです。

――あすの同大戦に向け、意気込みをお願いします

先ほども言いましたが、同大はきょうの対戦校よりも確実にレベルは高いです。もちろん油断することはないと思いますが、部員全員にいままでやってきたことをすべて出し切ってもらうことが必要です。王座は10連覇していますが、このチームで戦うのは今回が最初で最後の王座なので、チャレンジャーの気持ちで臨むということを意識してあす以降も頑張りたいと思います。

三好健太(スポ2=埼玉・秀明英光)

――今回が王座初出場となりましたが、実際に試合をされていかがでしたか

僕が一年生の時は、リーグ(関東大学リーグ)も早慶戦(早慶対抗試合)も出場できなくて、悔しい思いをしました。やはりリーグと王座に出場してチームに貢献したいという思いは強かったので、この舞台に立てたということは一歩成長したと自分では思っています。でも、ただ出場したというだけでは意味がなくて、出場したからには勝つというのが絶対なので。僕はもうリーグで2敗していて、王座にも出場できるか分からない中で練習に気持ちを入れて毎日やっていたので、きょう勝てたことは良かったです。僕のポジションは負けは許されないので、残り2戦も絶対に勝つという気持ちで頑張りたいです。

――緊張などはありましたか

オーダー交換の時は僕の出番が来るという実感が湧いて少し緊張したのですが、アップし始めてからプレー本番は試合が楽しみだったので、あまり緊張はしませんでした。でも、あす以降は相手も強くなってくるので、プレッシャーも掛かってくると思います。その時は自分に負けず、気持ちを強く持ってプレーしていきたいです。

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

最初の出だしはこちらから攻めていいプレーをすることができたのですが、相手も途中からペースを変えてきて。緩急をつけたりムーンボールを混ぜてきたりしたので、そこで
焦って打ち急いでしまうことがありました。結果的にファーストセットを取ることはできたのですが、その中でも40-0から相手にゲームを取られてしまったことが2回あって。そこをしっかり取れていればセカンドセットの出だしももう少し良くなったと思うので、締めの場面でも気を抜かずにこれからプレーしていきたいと思います。

――セカンドセットでは1-4の場面から盛り返しました。ガッツポーズや声出しを積極的にされていましたね

そうですね。僕自身気持ちが折れてしまう場面が多くあるので、1-4の場面で少し気持ちが落ちていて。でも、ファイナルセットにいってはだめだという自分の気持ちもあったので、応援やベンチコーチを見て気持ちを上げていきました。そこは自分の力だけではなく、サポートの支えがあったからこそ挽回できたのだと思います。

――王座が始まってからのチームの雰囲気は、三好選手ご自身はどのように感じていますか

王座に入る前から感じていたのは、選手はみんな調子が上がってきているなということです。状態は良いと思うので、この調子を維持するのではなくもっといいパフォーマンスができるように全員で頑張れば、チームは絶対に勝てると思います。自分自身もそういったふうにしていきたいです。

――あすの同大戦に向け、意気込みをお願いします

僕たちワセダの強みは、やはりダブルス3戦とシングルス4、5、6を取って勝つということができる部分だと思います。僕はそのシングルス4、5、6の一人なので、ダブルスは3勝してくれると信じて、自分の試合で勝ってチームの勝利を決めたいと思います。