競走部

2015.10.25

第99回日本選手権リレー 10月23~25日 神奈川・日産スタジアム

強さ見せつけ、マイルが4連覇!

 短距離陣にとって今シーズン最後の大会となった日本選手権リレー。4×100メートルリレー(4継)は2年ぶりの優勝を目指したが、無念の予選落ちに終わった。一方4×400メートルリレー(マイル)は底力を見せる。圧巻の4連覇を果たし、有終の美を飾った。

★4継、まさかの予選敗退

まさかの予選敗退に終わった4継

 惜しくも3位に終わった日本学生対校選手権(全カレ)の雪辱を果たすべく、2大会ぶりの優勝を目指したワセダ4継チーム。しかし結果はまさかの予選敗退に終わった。

 エントリーランキングは全体で2番目。予選突破は確実であるように思われた。1走の橋元晃志(スポ3=鹿児島・川薩清修館)がスタートから落ち着いた走りを見せると、続く須田隼人(スポ3=神奈川・市橘)も圧倒的な速さで他チームを引き離す。全カレで復活を遂げた二人のエースの好走で優位に立つ。しかしその後は中継がスムーズに決まらない。3走・玉井修平(人3=大分舞鶴)からバトンを受け取った徳山黎(スポ2=神奈川・相洋)は懸命に食らい付こうとするものの、アクシデントにより本来の力を発揮することはできず4着でフィニッシュ。決勝進出を逃した。

 4継のタイトル奪還を目標としていた今シーズンだったが、昨年と同様に無冠で終えることとなった。しかし後ろを向いている暇はない。今回の走者は全員が3年生以下。この悔しさを糧に一回りも二回りも成長した4継チームの姿を来季見せてくれることを期待したい。

(記事 大庭開、写真 戸田郁美)

★混戦を制し、4連覇達成!

フィニッシュ後、笑顔で喜びを分かち合った

 今季の短距離チームにとって、エンジのユニフォームで走る最終レース。終始激しい首位争いが繰り広げられるなか、金メダルを獲得した。

 予選を1位で通過し、順当に決勝へと駒を進めたワセダ。第1走者を任された佐藤拓也(スポ4=埼玉・越谷西)は前半から攻めの走りを見せ、住友電工と競いながら第2走者へ。続く木村賢太(スポ4=大分・杵築)は一時先頭を譲るも、ラストには並んでバトンを渡した。第3走者の加藤修也(スポ2=静岡・浜名)は持ち前の大きなストライドで着実に前を追い、第2コーナーでトップを奪取。1位でつなげるものの、後続が迫ってくる展開となる。全てはアンカーの中野直哉(スポ3=長野吉田)に託された。法大が一時先頭へ浮上するも、最後の直線で一気に前を行く2チームを抜き去った中野がそのまま1位でゴール。四人はスタンドのチームメートへと駆け寄り、4連覇の喜びを分かち合った。

 全カレでは悔しい結果となったが、日本選手権リレーを笑顔で終えたマイルメンバー。5連覇に期待が懸かる来シーズンへ向け、ワセダは成長の冬を迎える。

(記事 杉野利恵、写真 菅真衣子)

仲間からの祝福を受け、金メダルを獲得したマイルメンバー

結果

▽男子4×100メートルリレー

予選

早大(橋元-須田-玉井-徳山) 40秒39(2組4着)

▽男子4×400メートルリレー

予選

早大(佐藤-木村-加藤-中野) 3分07秒36(3組1着)

決勝

早大(佐藤-木村-加藤-中野) 3分07秒19(1位)