ラクロス部

2015.10.25

Bリーグ 全日本学生選手権 準決勝 対神戸大 10月24日 神奈川・横浜FC東戸塚フットボールパーク

激しいプレッシャーはねのけ、神戸大に勝利!

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q
早大 10
神戸大
▽得点者
髭本3、櫻井3、林2、伊藤幹、新美

 関東制覇を達成し、波に乗る早大。この日、全日本学生選手権準決勝が行われ、神戸大との一戦を迎えた。前半は圧倒的な強さを見せつけ、ゴールを揺らし続ける。終盤に相手の激しいディフェンスに乱される場面があったものの、リードを守り10-4で勝利。順調に決勝の舞台へ駒を進めた。

ゴールを決めた櫻井

 第1クオーター(Q)開始早々、MF林祐希(人2=奈良・智弁学園)が先制点を獲得する。9分にはAT近藤直哉(商2=神奈川・逗子開成)のゴール裏からのパスを受けたAT髭本慎吾(政経3=東京・早大学院)が鋭いショットに成功。その後は神戸大にポゼッションを許すと、そのまま得点を与えてしまった。しかし、先取点を奪った林がまたもゴールを決め、チームにエンジンをかける。第2Qでは攻守のバランスが整い、得点ラッシュとなった。MF伊藤幹太(国教4=千葉・市川)が左サイドから華麗なシュートを決めるなど、早大は4点を重ね、7-1と6点リード。勢いをつけて後半戦へ突入した。

 相手の強いプレッシャーにも耐え抜いた。まずはAT櫻井勇輝(スポ4=愛知)が相手Gの隙を狙い、確実にゴールを収める。中盤早大は自らのファウルにより失点してしまうものの、第3Q13分ボールを奪ったDF新美拓郎(政経3=AISS)がそのままゴール前へ。ロングスティックを意気盛んに振り抜き、大きなガッツポーズを見せた。ラスト1分で失点し、9-3で迎えた最終Q。櫻井がこの試合自身3得点目のゴールを決め、点差を広げるが、相手も黙ってはいなかった。神戸大は7分に得点を挙げると、その後も強いプレッシャーで簡単には試合を終わらせてくれない。終盤焦りも見られたが、なんとかゴールを守り抜き、これ以上の失点は防いだ早大。10-4で白星を手にし、決勝戦進出を果たした。

ロングスティックで得点を決める活躍も見せた新美

 「チーム一丸となって勝つという貪欲な姿勢が試合をやるごとについている」(櫻井)。『日本一』という目標に向けて、勝利をつかむために全員が奮闘する。今試合ではその勝利への熱い執念が見られる場面が多くあった。次はいよいよ決勝戦。相手は関東ファイナルで倒した日体大だ。早大のラクロスのかたちを貫けば必ず結果はついてくる。念願の『日本一』まであと一歩。運命の瞬間はもうすぐそこだ。

(記事 後藤あやめ、写真 大石藍)

関連記事

Bリーグで関東制覇を達成!エンジン全開で全国の舞台へ/Bリーグ関東ファイナル(10/19)

攻撃の手を緩めず、敵地でも圧巻の勝利/Bリーグ関東ファイナル4(10/06)

コメント

DF田中直祐ゲームキャプテン(スポ4=東京・武蔵)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

勝ち切って決勝に駒を進めることができて良かったです。

――きょうの試合で課題や収穫などはありましたか

第3、4Qで相手が強くプレッシャーをかけてきた時に、こちらがバタバタして相手ボールになってしまうことがありました。相手が強いプレッシャーで来ても、こちらが冷静に対処するということが課題です。

――相手の激しいチェックがありました

こちらも熱くなってしまった部分があったので、次回は冷静に生きたいと思います。

――2年生が得点を決める場面もありましたが

いまの2年生はみんなうまいですし、頼もしい存在です。きょうも点を取ってくれましたが、あしたも期待したいと思います。

――あすの決勝に向けて意気込みをお願いします

しっかり勝って、Bリーグの日本一を取りたいと思います!

AT櫻井勇輝(スポ4=愛知)

――準決勝となりましたが、試合を振り返っていかがですか

相手はプレッシャーの強いチームでしたが、自分たちのラクロスをして、要所要所で点を取ることができたので、良かったと思います。

――複数点を決めていらっしゃいましたがご自身のプレーを振り返っていかがですか

相手のプレッシャーが来るとこと来ないとこの差がありました。来ないときに裏から自分で持っていけば入るかなと思ったら、2点くらい決めることができました。

――チームの攻撃面についてはいかがですか

神戸大は特殊なディフェンスをしてきて戸惑うこともありましたが、個々の力で点を取ることができたので良かったです。しかし、チームとしてはちょっとバタバタして、相手に合わせてプレーしてしまうところがありました。ボールダウンの時に相手ボールになってしまうところとかがあったので、あしたはそういうのが無いようにチームでも点を取れるようにしていきたいかなと思います。

――きょうの試合での課題や収穫はありましたか

課題はロング相手に1on1をかけるシーンが多くなったと思いますが、みんなちょっと萎縮しちゃって、強くかきにいけなかったので、強くかきにいかなきゃいけないというのが課題です。収穫は日に日にみんなチーム一丸となって勝つという貪欲な姿勢が試合をやるごとについていると思うので、そこは大きな収穫かなとは思います。

――あしたは決勝となりますが意気込みをお願いします

あしたはもうBチーム全員で勝って、4年間の最後の集大成、笑顔で終わりたいと思います。

MF伊藤幹太(国教4=千葉・市川)

――準決勝のきょうの試合ですが、振り返っていかがですか

いま下級生を頼りにして勢いに乗っているので、その勢いをそのまま出せたかなと思います。

――前半ペースをつかむことができたと思いますが

前半最初に2年生の林君(祐希、人2=奈良・智弁学園)がすぐに取ってくれて、それでチームが勢いに乗れました。ガンガンいつも通りのプレーができたと思います。その2点が結構大きかったです。

――ご自身でも得点を決められました

あれは櫻井君(勇輝、スポ4=愛知)が2年生の時から結構仲が良くて、そこのラインは息が合うので、きょうはそれが試合で出せて良かったです。

――きょうの試合で課題や収穫はありましたか

最後の方はバタバタしてしまいました。次は相手はもっと強くなると思います。そういったところで隙を見せるとやられてしまうと思うので、最後まで慌てずにしっかりとやって、優勝したいと思います。

――最後に決勝に向けて意気込みをお願いします

自分はまだAチームの方が少しあるのですが、4年生として最後の試合になる選手も多いので、そういう思いも全部ぶつけて、後悔ないように全力でやりたいと思います。