卓球部

2015.10.24

第82回全日本大学総合選手権個人の部 10月23日 京都市体育館

ワセダの快進撃!男女複で3組が準決勝進出

 学生日本一を争う大会、全日本大学総合選手権個人の部(全日学)がついに幕を開けた。大会初日のきょうは主にダブルスが行われ、早大からは男女合わせて7組がエントリー。強豪ひしめく全国の舞台で早大勢の活躍が光り、5組がランク入り(※)を果たす。さらに続くベスト4決定戦も勝利した大島祐哉(スポ4=京都・東山)・上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)組、山本勝也(スポ4=石川・遊学館)・平野晃生(スポ1=山口・野田学園)組と昨年の女子ダブルス優勝ペアである小道野結(スポ4=神奈川・横浜隼人)・高橋結女(スポ4=新潟産大付)組があすの準決勝へと駒を進めた。

 前年度王者が意地を見せた。小道野・高橋組は息の合ったプレーで危なげなくランク入りを決めると、迎えたベスト4決定戦。東京富士大のペアを相手に激しい打ち合いとなったが、積極的な攻めを続けた早大ペアに軍配が上がり最後の全日学で見事準決勝進出を果たした。下級生も負けていない。田中千秋(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)・鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)組とルーキーペアである阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ1=福岡・希望が丘)組は共に初戦をストレートで下し勢いに乗ると、並み居る強敵を次々に破ってランク入り。両組は惜しくもベスト4入りとはならなかったが、「良いプレーを出し切れた」(田中)と前向きに試合を振り返った。

得点を決め、ガッツポーズをする田中・鳥屋(左)組

 男子ダブルスには早大から3組が出場。そのうち1組が1回戦で姿を消すという波乱があったものの、残る2組は順調に勝ち上がっていく。しかしランク入り決定戦で山本・平野組にヤマ場が訪れた。チキータを多用する相手に試合はフルゲームにもつれ込むが、山本・平野組は冷静だった。自分たちの得意とする早い展開のラリーに持ち込んで、勝利。勢いそのままに続く準々決勝でも勝ち星を積み上げ、表彰台入りを決めた。他方で大島・上村組は着実に白星を重ねランク入りを果たし、ベスト4決定戦で対戦したのは町飛鳥と全日学でダブルス2連覇中の有延大夢の明大ペア。この試合第1ゲームを先取した大島・上村組だが、第2、3ゲームのラリー戦をものにできず大差で落としてしまう。しかしこの後がない状況で、早大のエースペアは強さを見せた。高い集中力で鋭いボールを打ち込んで第4ゲームを奪取すると、波に乗って逆転勝利。強敵を打ち破り、悲願の優勝を前にまずはベスト4入りを決めた。

思い切ったプレーで勝ち星を重ねた山本・平野(左)組

 あすはいよいよダブルスの決勝までが行われ、小道野・高橋組の二連覇はもちろん、男子ダブルス決勝でのワセダの同士討ちにも期待がかかる。またきょうおこなわれたシングルス1回戦は出場者全員が突破し、シード組と合わせて男女10名があすの2回戦に挑むこととなった。「優勝しかない」(大島)。決意を新たに、頂点を見据え突き進む。

(記事 稲満美也、写真 石川諒、本田京太郎)

※ダブルスではベスト8以上、シングルスではベスト16以上を『ランク入り』と呼ぶ。

結果

▽男子ダブルス

1回戦

●高田・竹岡組0-3高橋・祐川組(東北福祉大)

2回戦

◯山本・平野3-0藤原・牛島組(福岡大)

◯大島・上村組3-0近藤・石井組(富士大)

3回戦

◯山本・平野組3-0庄・板野組(中大)

◯大島・上村組3-0星・下山組(専大)

4回戦

◯山本・平野組3-2吉村・堀組(愛工大)

◯大島・上村組3-1八木橋・高杉組(中大)

5回戦

◯山本・平野組3-1坪金・滝沢組(明大)

◯大島・上村組3-2町・有延組(明大)

▽男子シングルス1回戦

◯坂口3-0高橋(新潟産工大)

◯高田3-0平尾(岡山大)

◯竹岡3-0山根(札幌国際大)

◯藤原3-2井上(朝日大)

◯上村3-0細井(久留米工大)

▽女子ダブルス

1回戦

◯渡辺・板尾組3-0苅谷・谷田組(札幌国際大)

◯田中・鳥屋組 3-0新谷・池上組(関学大)

2回戦

◯小道野・高橋組3-0鳥畑・古戸組(中京学院大)

●渡辺・板尾組2-3福島・高原組(高知工科大)

◯田中・鳥屋組3-0武藤・板橋組(中京大)

◯阿部・徳永組3-0田原迫・末吉組(鹿児島国際大)

3回戦

◯田中・鳥屋組3-2山内・笹岡組(立命大)

◯阿部・徳永組3-0荒木・富川組(大正大)

◯小道野・高橋組3-0小島・長尾組(国学院大)

4回戦

◯田中・鳥屋組3-2池上・後藤組(東京富士大)

◯小道野・高橋組3-0庄司・須藤組(専大)

◯阿部・徳永組3-0富田・伊藤組(中大)

5回戦

●阿部・徳永組1-3鈴木・安藤組(専大)

◯小道野・高橋組3-0鷲塚・前瀧組(東京富士大)

●田中・鳥屋組2-3高橋・浜畑組(同大)

▽女子シングルス

1回戦

◯渡辺3-0小野(東筑紫短大)

◯板尾3-0松村(熊本学園大)

◯鳥屋3-0伊勢崎(熊本県立大)

◯田中3-2濱本(新潟大)

コメント

小道野結(スポ4=神奈川・横浜隼人)、高橋結女(スポ4=新潟産大付)

――大会への調整はいかがでしたか

高橋 国体とか全日本予選とかがあってあんまり2人で調整する時間はなかったんですけど、ちょくちょく2人で調整はできていたと思います。

――きょうの試合に向けての思いは、どのようなものがありましたか

小道野 きょねん優勝していることもあって注目されているのはありますが、そういうのは二人とも頭に入れず、学生として二人で組める最後の試合なので、楽しんで1個1個楽しくいこうという感じです。

――きょうの試合は1ゲームも落としませんでした

高橋 きょうの試合は競った場面で先に1本取れているので、それで1本リードすることで競っていても積極的にいける場面が多かったかなと思います。

小道野 2年目で前回優勝してそこから落ちてきてしまって今一周して戻ってきたということで、それが良い流れで出来ているかなと思います。

――ベスト4決定戦、第3ゲームはジュースまでもつれました

高橋 お互いに良いボールが入っていたのでラリーで粘って粘ってというよりはどっちかが強いボールを打ってミスしてって感じだったので2人でお互いに励ましあって乗り越えられたかなと思います。

小道野 相手の得意なことをいかにやらせないかを考えてやった結果が出てよかったです。

――きょうの試合を通しての収穫はありましたか

高橋 勝ち負けじゃないなと思います。結果は後からついてくるというか、リーグ戦(関東学生リーグ戦)とかだと勝たなきゃいけないっていうのが4年生であるんですけど、今は個人戦なので楽しんでやろうというのに結果がついてきているかなと思います。

――あすは準決勝に向けての意気込みをお願いします

小道野 泣いても笑っても2試合なので。優勝できるかもしれないし次で負けるかもしれないんですけど、あと2試合全力で楽しんで悔いがなく終われるように1本1本楽しんで頑張ります。

高橋 結(小道野)を信じて動きます(笑)。

田中千秋(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)、鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

田中 結構良いプレーがでた試合というか、良いプレーを出し切れた試合でした。

鳥屋 私はきょねん、ダブルスには出てなかったのできょうがデビュー戦でした。きょうが2人でのデビュー戦だねって言って試合に臨みました。きょうはとても楽しい1日でした。

――3、4、5試合目はフルセットにまでもつれ込む長い試合となりましたが、体力面ではいかがでしたか

田中 私は結構疲れちゃいましたね。

鳥屋 私も結構疲れちゃってたんですけど、試合に集中してたり、千秋の顔見てたら動かないとなーって思って、頑張って動いてました。体力的にはそんなにキツくはなかったです。ただ、4試合目の相手はカットマンのペアだったのでキツかったですね。

――先ほどおっしゃったように4試合目はカットマンのペアとの対戦でしたか

鳥屋 1回対戦したことがあって、その時は負けていました。きょうの試合も1、2ゲーム目がすごく接戦でしかも3ゲーム目に自分が崩れちゃったんですけど、千秋が支えてくれて、うまく5セット目を取ることができました。まあ正直ラッキーな部分もありましたけど。

――あと一歩のところででベスト4を逃すことになりましたが、悔しさはありましたか

田中 試合の流れがこっちに来ていた分悔しさはありましたね。良いプレーを出し切れて良かったのですが、勝つチャンスは十分にあった試合だったので、やっぱり悔しいですね。修正したい部分であったり、課題も見つかったので次に活かしていきたいです。

鳥屋 私もあの試合はすごく悔しい試合だったので、このままでは終わらず、来年の全日学に向けた取り組みをやっていきたいです。来年は優勝を狙っていきたいです。

――きょうの試合については満足でしたか

鳥屋 田中が少しケガをしてしいて、あまり練習ができていなかったんです。なので、その割にはうまくいったほうだと思います。怪我をしている分、頭を使って戦術面で工夫できたのがよかったですね。

――あしたのシングルスへの意気込みをお願いします

田中 私は頭を使って戦術で勝てるようにしていきたいです。

鳥屋 あしたはやってみないとわからない相手ばかりだと思うんですけど、自分の持ち味を十分に発揮して、自信持って最後まで諦めずやって、それに結果がついてくればいいかなって思います。

山本勝也(スポ4=石川・遊学館)、平野晃生(スポ1=山口・野田学園)

――ベスト4入りしましたが、いまの率直なお気持ちをお聞かせください

山本 素直にベスト4に入れたことがうれしいです。

平野 山本先輩に引っ張ってもらって、なんとかベスト4に入ることができました。

――初日の試合を振り返っていかがですか

山本 初戦の入り方が一番難しいと思ったんですけど、その初戦で自分たちの卓球をしてすんなりと勝つことができたので勢いにのれたかなと思います。

平野 一戦一戦思い切ってやっていくことだけを考えて戦った結果が出てうれしいです。

――ベスト8決定戦では愛知工大ペアとの対戦となりましたが、どんな戦術で臨みましたか

山本 あのペアは右・右でチキータを多くやってくるのでそこを崩すことと、右・右はラリーが弱点になると思ったので、自分たちのラリーの展開に持っていくように心がけました。

平野 自分たちは早い展開が得意なので、早い展開に持ち込めるように戦術を練って対策をしました。

――ベスト4決定戦の勝因はどこにあったと考えていますか

山本 出だしがかなりよくできて、そこで相手が崩れたので、実力的にはもっと強い相手なんですが(相手に)力を発揮させないことができたと思います。

平野 相手の得意なことをいかにやらせないかを考えてやった結果が出てよかったです。

――平野選手は初めての全日学でしたが、いかがでしたか

平野 インターハイの方が緊張していた気がします(笑)。

――あすからは本格的にシングルスが始まりますが、シングルスでの目標は

山本 昨年僕はベスト8に入ったので、まずはベスト8を目標にやっていきたいと思います。

平野 ランク入り(ベスト16)を目指してやっていきたいと思います。

――あすはダブルスの準決勝、決勝が控えていますが、意気込みをお願いします

山本 ここまできたら思い切ってやるしかないので、決勝でワセダ同士でやれるように精一杯頑張りたいと思います。

平野 僕も決勝でワセダ同士でやれたらいいと思います。

大島祐哉(スポ4=京都・東山)、上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)

――ベスト4入りを果たしましたがいまのお気持ちはいかがですか

大島 予想通りベスト4決定は町と有延(ともに明大)が上がってきて、ベスト4に入るにはそこがカベかなっていうのがあったので勝てたというのは良かったですね。

上村 きょうの準々決勝がヤマ場だと思っていたので、勝てて良かったです。

――きょう全体を振り返っていかがですか

大島 最初うまくいかなかったところもあったんですけど、最後なんとか合わせて勝てたというのはあしたそこを相手は突いてくると思うので、そこに対応するなりきょうの夜に作戦を立てて頑張りたいと思います。

上村 最初の試合の方でうまくいかなかった部分が結構あって試合の中で少しずつ修正していったんですけど、できてない部分がたくさんあるので良くなるように練習して挑みたいと思います。

――うまくいかなかった部分というのは具体的には

上村 フォア前にストップされた時の処理ができなくてそこを徹底的に突かれたました。

――有延選手はダブルスで実績のある選手でした

大島 パートナーが違いますし有延選手はダブルスはうまいですがあそこのペアは個人で見ると実績のある名前のある選手ですけどダブルスになるとそこまでうまくかみ合っている感じがないので、最後競っていければ崩れてくれるかなというのがあったのでそこまで相手を追い込めたというのが良かったと思います。

上村 名前負けすることなく1セット目を取れたのが良かったと思います。

――シングルスの目標を教えてください

大島 僕は最後ですし優勝しかないです。そこだけを目指してことし一年練習を積んできたので、それが出せるようにあしたしっかり勝ってあさってに残れるように頑張りたいと思います。

上村 僕はあしたがヤマ場だと思っているので、最後の試合まで集中力を切らさず頑張りたいと思います。

――ダブルス準決勝に向けて意気込みをお願いします

大島 準決勝に来て僕は1年生の時にベスト4に入って以来で学生として出る最後になるので、ここで優勝してシングルスに良いリズムでつなげられたらと思います。

上村 大島さんが地元で最後の大会になるので、少しでも貢献できるように優勝したいと思います。