バレーボール部

2015.10.21

秋季関東大学リーグ戦 10月18日 神奈川・日体大健志台キャンパス米本記念館

中大に惜しくも敗れ、4位に終わる

 秋季関東大学リーグ戦もついに最終戦を迎えた。相手は全日本代表の石川祐希を擁し、すでに今大会の優勝を決めている中大。持ち前のコンビバレーを展開し、攻めの姿勢で強敵に挑むがあと一歩及ばずセットカウント0-3(22-25、23-25、18-25)でストレート負けを喫した。

 最終戦で中大との一戦ということで多くの観客が見守る中、試合開始の笛が鳴った。第1セット序盤はやや固さがありサーブミスが見られたが、すぐに一進一退の攻防へと持ち込んだ。喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)や藤中優斗(スポ1=山口・宇部商)を中心に、相手の強烈なスパイクを懸命に拾う。中盤に福山汰一主将(スポ4=熊本・鎮西)の速攻でその均衡を破り、流れは早大に傾いた。たまらず中大はタイムアウトを要求。その後も福山のブロックが出て、勢いそのまま第1セットを取るかと思われたが、簡単には中大も勝たせてくれない。相手のセンターが効果的に機能し、早大にも小さなミスが出て失セット。続く第2セットも必死に食らいつき、田中健翔(スポ3=熊本・鎮西)が力強いスパイクで得点を重ねるが、このセットも惜しくも落とした。

粘り強いレシーブを見せる喜入

 フルセットに持ち込むために何とか取りたい第3セット。石川のサーブに苦しみ、序盤から点差をつけられる。悪い雰囲気を断ち切るような加藤久典(スポ3=東京・早実)の速攻などは見られたが、最後までその差を縮めることができずにストレートで敗れた。「あと1点取れば流れが変わる展開だった」と喜入が第1、2セットを振り返るように、接戦をしただけに悔しい結果となった。

得点後に円陣を組み、盛り上がる選手たち

 試合後は悔しさをにじませたが、選手たちはすでに全日本大学選手権(インカレ)での頂点を見据えている。「一試合一試合が最後のつもりで良い意味で楽しみながら自分たちの力を全て発揮できるようにして挑みたい」。山口頌平副将(スポ3=長崎・大村工)はこのように一度負けたら終わりのインカレに対する意気込みを語った。『日本一』という目標に向けて、早大バレーボール部は再び努力を重ねていく。

(記事 吉澤奈生、写真 稲満美也、新庄佳恵)


セットカウント
早大 22-25
23-25
18-25

中大
スタメン
レフト 喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)
レフト 藤中優斗(スポ1=山口・宇部商)
センター 福山汰一(スポ4=熊本・鎮西)
センター 加藤久典(スポ3=東京・早実)
ライト 田中健翔(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 山口頌平(スポ3=長崎・大村工)
リベロ 後藤光明(社3=東京・早実)

最終結果

4位 6勝4敗(セット率:1.287)

個人賞

レシーブ賞 喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)

コメント

松井泰二監督(平3人卒=千葉・八千代)

――秋季リーグ戦が終わりましたが、総括していかがでしたか

自分たちのやってきたことが出せない部分がありました。U21で藤中(優斗、スポ1=山口・宇部商)が抜けて、ディフェンスを固めなくてはいけないチームにおいてその基点が揺らいでしまいました。逆にそれとは引き換えに加賀(優太、商2=東京・早実)は攻撃面でいいものを見せてくれました。オフェンス中心になってしまったことがいいことではあるけれども、自分たちのやってきたディフェンス中心のバレーが揺らいでしまったなというのが正直ありますね。このリーグ戦はワセダのバレーの軸がぶれてしまったところがありました。

――10月に入って負けが続きましたが、チームとして軸がぶれたことと関係があるのでしょうか

相手も対応してきていますし、ディフェンスというのはいつでも安定していなくてはいけないものです。その分ディフェンスが悪くなってしまったのが全てですね。

――きょうの中大戦の振り返りをお願いします

第1セットが20-18で勝っている場面で、スパイカーが弱気になってしまいました。スパイカーのメンタルをしっかりさせて勝負しなくてはいけないところもあるのだけれども、いくら拾ってもスパイカーが勝手なことをしているようでは、なかなかいい成績は出せないですね。スパイカーには自覚をしっかり持ってくれと、厳しく指導しました。

――レシーブ面では合格点は与えられる感じなのでしょうか

そうですね。ただ、コースは当たっていても上がらないときが何本かあったので、今度はコースが読めた上で上げる練習をインカレ(全日本大学選手権)までにやっていかなくてはいけませんね。

――第1セットの中大がタイムアウトを要求した場面で、リベロの後藤光明選手(社3=東京・早実)に語りかける場面がありましたが、何を伝えたのでしょうか

石川祐希のスパイクのコースがデータとほぼ同じ通りに来ていたのですが、リベロが少し後ろに下がっていたので、その修正の指示を出しました。

――第2セットも23点まで追い上げました

追い上げた時は中大のエースは状態がいいわけではないのですから、我々としては2セットとも取らなくてはいけないセットだと思っていました。ただあれは追い上げたというよりか、基本的なミスでもたついて相手に点を奪われたという印象ですね。

――第3セットは

前半の入りが良くなかったので、その部分が点差になってしまいました。0-3という試合が今季は3試合あったわけですから、メンタル的な問題です。2セット取られてから、本来はしっかりしなくてはいけないところで揺らいでしまって、悪い方向に考えてしまったのだと思います。ポジティブに考えるトレーニングもしていかなくてはいけないところですね。

――試合前はどういうビジョンを描いていましたか

石川をサーブで狙ってストレスをかけていこうと。あとはコースをしっかり入っていければ必ず相手がどこか逃げてくるところがあるので、そこを徹底的に拾いに行こうと考えていました。

――きょうの悔やまれるシーンというのは挙げるとすればどこになりますか

喜入(祥充、スポ2=大阪・大塚)の応用プレーがブロックに簡単にはまってしまった、あそこの部分はやはり悔いが残りますね。思い切って打っていく選手だけれども、かわしてしまったので。

――インカレに向けて鍛えていくのは守備の面ですか

全てです。ブロックがあまり良くないので、ブロックをしっかり鍛えるということ、ブロックが抜けてきたコースはしっかりディグで守る。その点はしっかりやっていくことがまず一番重要だと思っています。もう一つは、サーブレシーブからの攻撃ですね。そこは安定させないといけないし、その二つは鍛えていきたいと思います。

――個人賞は喜入選手のみでしたが、そこに対して思うことはありますか

ランキングに入ったのも田中(健翔、スポ3=熊本・鎮西)と福山(汰一、スポ4=熊本・鎮西)だけで、それは個人が大きくなっていないということですよね。これから頑張らなくてはいけないですね。

――インカレに向けての意気込みをお願いします

最後の大会でありますし、いつものように全部出し切れるようにメンタルを作っていかなくてはいけないですね。それが今季はできなかったので、もう一回整えていきたいです。

福山汰一主将(スポ4=熊本・鎮西)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

終始攻めで後手に回ってしまいました。自分たちのラリー決定率からして追いつくのはまず不可能だったので、それを試合前に話してサーブをきのうみたいに攻めるというかたちをとっていました。サーブは良かったのですが結局チャンスボールが返ってきたときにうちがミスしたり、サーブレシーブが返ってスパイクがアウトになったりしたので、敗因ははっきり言ってそこだと思います。

――第3セットは相手にサーブで攻められて崩れてしまいました

うちはリベロとその間に落ちるのが負けパターンなので、それを出だしにやられたときにまずいと思っていました。そこからポンポン、ポンポンやられたので読み通りと言えば読み通りです。まだまだ甘いですね。

――きょうは崩されながらもセンターを使っていたと思いますがいかがですか

全然ですね。もっとがっつり(トスを)上げてもらうのが一番なんですけど、思ったときに上がってこないので。もう少しどこからでも真ん中とパイプを使っていければ東日本(大学選手権)みたいな展開にはなると思うのですが、少しトスワークがおかしいのでそこはまた話し合っていかなければいけないかなと思います。

――秋季関東大学リーグ戦全体を振り返ってみて何か収穫はありましたか

一つ収穫と言ったらサーブくらいじゃないですかね。やることを減らしたらみんな多少はできるので。ラリーのチャンスボールがどうのこうのとかって言いはじめると、サーブレシーブもできないサーブも打てないという状態になってしまいます。全カレまでにトスワークとサーブとサーブレシーブ、レフトの打ち込みを入れてやろうとは思います。

――改めてインカレに向けて意気込みをお聞かせ下さい

シードでどこに入るか分からないですけど、最低でも決勝までは行かないとまずいのかなと思います。どこに入ろうと一発勝負、勝てばオッケーなのでどんなかたちであれ勝ちたいと思います。

山口頌平副将(スポ3=長崎・大村工)

――リーグ戦4位という結果についていかがですか

リーグ戦を通して、勝った試合も自分たちが思うようなバレーが終始できない部分があったので、春リーグや東日本インカレに比べて負け星は多くなってしまいました。自分たちのコンビバレーのちょっとした噛み合わなさやミスで負ける試合が多かったので、インカレまでそんなに時間はないんですけど、修正する部分が見つかったのでインカレに向けて修正したいと思います。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうの試合は優勝した中大とだったんですが、サーブで攻めてくるチームなので自分たちも攻め負けないようにということで、サーブから攻めました。サーブで攻めた分ミスも出たんですが、狙い通り崩せて連続得点になった場面もあったので、サーブは今後とも攻めながらミスの出ないサーブを目指していきたいです。

――リーグ戦での収穫はありましたか

サーブでミスが出てしまうと、こっちのリズムがつくれなかったり、逆にサーブのミスを恐れて入れていくだけでも相手の好きなような攻撃をされるので、サーブがカギになると思いました。リーグ戦の後半になるにつれて、ブロックとレシーブの関係も少しずつ生きてきたかなと思うので、そこを詰めていきたいと思います。

――インカレの目標は

入学してからずっと日本一になることを目標にして練習してきて、日本一を決める試合は全日本インカレしかないので、4年生最後の試合ですし、日本一が目標ですね。

――インカレに向けて意気込みをお願いします

一試合一試合が負けたら終わりの試合で、4年生とできる最後の試合なので、目指すのは優勝ですが、一試合一試合が最後のつもりで良い意味で楽しみながら自分たちの力を全て発揮できるようにして挑みたいと思います。

加藤久典(スポ3=東京・早実)

――4位という結果に終わりましたが、総括していかがでしたか

全体を通して、春は決まっていたセンター線からの攻撃があまり効かなかったのが、波に乗れなかった原因だと思うので、インカレ(全日本大学選手権)に向けて修正していきたいです。

――きょうの中大戦の入りは良かったと思いますが、心掛けたことはありましたか

向かっていく気持ちでどんどん攻めていこうと試合前のミーティングで決めていました。それができていたので良かったのかなと思います。

――中大のスパイカー陣に強打とフェイントをうまく使い分けられましたが、ブロックの対応としてはいかがでしたか

ブロックはデータ通りにしっかりと跳べたかなと思いますが、まだまだ止められていない部分が多いので、そこを練習していきたいです。

――きょうの敗因として挙げられるのはどのような点でしょうか

勝負どころで点数を取れなかったことが原因だと思います。そこは練習で補えるか分かりませんが、普段から心掛けて練習していきたいです。

――インカレに向けての課題は

センター線からの速い攻撃や、パイプをどんどん使えるようにしていきたいです。

――個人としてこの秋、春より成長したなと感じる点はありますか

ブロックが少しずつ止まるようになってきたので、身長という長所を生かしてブロックで止められるようにしていきたいです。

――インカレに向けての意気込みをお願いします

一戦ずつを大事にして、一つずつ勝てるように普段から頑張っていきたいと思います。

後藤光明(社3=東京・早実)

――きょうの中大戦を振り返っていかがですか

サーブを攻めて、しっかりキャッチを返して攻めていこうとミーティングで話していましたが、中大のサーブに押されてしまってキャッチを返せなくなってしまいました。相手のリズムになってしまってこっちがごてごてに回ってしまったのが良くなかったかなと振り返って思います。

――中大戦に向けて何か特別に対策をしてきたことはありますか

サーブを中大が攻めてくるのでしっかりキャッチを返すというのと、相手にキャッチを返されなければ攻撃の幅も減るので、サーブとキャッチを今週はやっていました。

――第1セットは紙一重な戦いでしたが振り返っていかがですか

途中まではうちもリードしていて良かったんですけど、終盤に喜入がミスをしてしまってから自分たちのやってきたことができなかったので、そこができれば第1セットを取れたのではないかと思います。

――第2セットも同じようなことが言えますか

第2セットからは集中が切れてしまって、キャッチも1セットよりも入らなくて、僕も全然ディグが上がっていなかったのでそこを詰めていければしっかり中央とも戦えていたと思います。

――全日本代表の石川祐希選手が戻ってきた中での戦いでしたが

石川もやっぱり強いですが、やはり皆大学生なので、特別強いというわけでもないと思います。なのでしっかりやることをやって、気持ちを出して戦っていければ良いと思っていました。

――秋季リーグ全体を総括していかがですか

チームがあまりかみ合っていない中序盤は勝てたのですが、終盤はうちのやりたいバレーが全然できていなくて、筑波大や東海大に負けてしまい勝てる試合を落としてしまいました。そこは終わってからでは遅いのですが、もったいなかったかなと思うので、ワンプレーワンプレーを大事にしていかないといけないと改めて思いましたね。

――インカレに向けて強化していきたいところは

ワセダの持ち味であるミドルとパイプを使った真ん中の攻撃と、サーブで攻めてブロックで仕留める、その脇をディグで上げるというワセダらしいバレーができるようにしていきたいです。あとは最後に決めるのはスパイカーなので、スパイカーまでしっかり持って行っていくというのと、スパイカーがしっかり決めきるというのをやっていけばもっとワセダらしく強くなっていけると思います。

――どんなインカレにしたいですか

汰一さん(福山主将、スポ4=熊本・鎮西)は4年生1人なので、支えるのはもちろんのことだし、今まで3年間一緒にやってきたので恩返しができるようにしたいです。良い思いをさせてあげられるように頑張ります。

田中健翔(スポ3=熊本・鎮西)

――きょうの試合振り返っていかがでしたか

0-3という悔しい結果で終わってしまったんですが、第1、2セットは手ごたえのある試合ができたのでインカレに向けて倒すイメージはできたと思います。

――最終戦ということでどのような気持ちで臨まれましたか

もう順位が変わらないということが分かってはいたのですが、中大にぼろ負けしないように、そして次につながるような試合をしようという気持ちで臨みました。

――中大の印象はいかがでしたか

やはり石川祐希選手がレベルの高いバレーをしていて、うちもチーム力で勝てるようにこれから磨いていきたいと思います。

――第1、2セットは決定率が高かったですが、ご自身で振り返ってみてどうでしたか

1、2セットの決定率は高かったんですけど、やはりまだまだ終盤になると体力的に疲れてしまって決まらなくなってくるのでしっかりトレーニングをしてインカレではもっといいスパイクが打てるように頑張ります。

――チーム全体がサーブで攻めていた印象がありましたが心がけていたことなどはありますか

攻めのサーブを打たないと相手のセンターがどんどん打ってくるので、そうならないようにサーブで攻めてブロックで仕留めようと心がけていました。

――第3セットのコートの雰囲気はいかがでしたか

序盤から石川選手のサーブにやられてしまったのですが、秋季リーグ最終戦ということで自分なりには雰囲気が作れたかなとは思います。

――このリーグ戦全体を通して見つけた収穫、課題はありますか

課題としてはサーブレシーブ、サーブの安定感がまだまだ足りないのでそこをインカレまでに修正して、もっとスパイカーが決められるように磨いていかなくてはならないと思います。インカレまでに万全の状態で臨めるよう頑張っていきたいです。

――今大会の4位という結果をどのように受け止められていますか

とにかく悔しいの一言ですね。高校時代から福山さん(福山汰一主将、スポ4=熊本・鎮西)と一緒にやってきていたんですが、花をもたせることができず悔しいです。

――インカレに向けての意気込みを教えてください

福山さんと一緒のコートに立てるのも最後だと思うので、悔いがないようしっかりやり切りたいです。

喜入祥充(スポ2=大阪・大塚)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

22-25で取られた第1セットだとか、取れたセットはあったと思います。あと1点取れば流れが変わる展開だったので、インカレに向けてその1点を取れるかが課題になると思います。

――第2セット、第3セットと点差が広がっていた原因として中大のサーブに苦しんだことは挙げられますか

サーブで攻めてくるのは分かっていたんですけど、3セット目は特に出だしであれだけサービスエースを取られて相手優位の展開で試合が進むと相手がやりやすくなってしまうので、序盤にどれだけ点差をつけられないようにできるか、もしくはリードしていけるかがキーポイントになるなと感じました。

――リーグ戦全体を振り返っていかがですか

ストレートで負けたゲームが3つあって、リーグ戦は勝率が並んだらセット率で順位が決まる中で、相手が勢いに乗って押せ押せになったときに何もできなかったのでそこが課題だと思います。

――収穫はありましたか

僕らに対する相手の対策がすごく表れたリーグ戦で、これからもそういう展開になると分かったので、収穫というか自分たちがインカレに向けてどうしたらいいかが分かったことがよかったです。

――リーグ戦でご自身が果たそうとしてきた役割はありますか

チームを盛り上げられたらいいなというのは第一に思っていて、先輩たちが思い切ってやりやすい環境というか、みんなを一つにできるような声かけというか。どちらかと言うと「自分が」というよりもチームのサポートという部分に力を入れてきました。

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします

インカレは1つ負ければ終わりなので、リーグ戦のようにはいかないので、負けないチーム作りに力を入れていきたいと思います。

藤中優斗(スポ1=山口・宇部商)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

自分たちのバレーができなかったっていうのが一番悔しいです。

――きょうは、チーム間でどんなことに気をつけて試合に臨みましたか

いつも通り自分たちサーブで攻めて、相手がサーブが良いってことはわかってたのでサーブレシーブからしっかり一本で切れるようにっていうのをしっかりやっていこうと思ってました。

――3セットとも接戦でセットを落としてしまいましたが、勝ちきれなかった理由は何だと思いますか

序盤まではいいかたちでいけてたんですけど、終盤、自分も含めサイドアタッカーがしっかり決めきれなかったので勝ちきれなかったと思います。

――スパイクレシーブでチームに貢献していた印象を受けましたが、ご自身はどう思われますか

あまり自覚はないんですけど、まだまだあまいボールだと思うので頑張っていきたいと思います。

――今季を振り返って、手応えや課題はありましたか

手応えっていうよりはやっぱり課題の方が多いんですけど、自分はスパイクだったりレシーブをしっかり通用するようにして、チームにしっかり貢献できるようにもう一回一から頑張っていきたいと思います。

――インカレに向けての目標をお願いします

最後は4年生の福山主将(汰一、スポ4=熊本・鎮西)を日本一を取って終わってもらいたいので、しっかり最後にも日本一取れるようにもう一回、自分で課題であったり、目標を見直して、また一から努力し直したいです。