卓球部

2015.10.20

全日本選手権団体の部 10月17日 岩手・奥州市体育館

社会人の壁は厚く、ベスト8で幕を閉じる

 日本一のチームを決める大会、全日本選手権団体の部。ジュニアナショナルチームから実業団まで幅広いカテゴリーのチームが激しい戦いを繰り広げた。早大からは男子部が日学連の推薦を受け出場。ブロック総当たりで行う第一トーナメントは1勝1敗でCブロック2位に入り、準々決勝に駒を進めた。そして強豪・シチズンとの一戦。結果は団体戦スコア0-3でストレート負けを喫し、準決勝進出を逃した。

 この日の初戦、第一トーナメント2回戦は瓊浦高校と対戦した。1番手を任された平野晃生(スポ1=山口・野田学園)は、バック対バックのラリー戦を制し危なげなくストレート勝ちを収め、2番手・上村慶哉(スポ2=福岡・希望ヶ丘)につなぐ。第1ゲームは11-4と大差で奪うが、続くゲームはミスも重なりフルゲームにもつれ込む。第5ゲーム中盤まではお互いに点を取り合う展開となったが、要所でチキータを決め勝利をつかんだ。この試合をものにするまで、あと1つ。しかし3試合目を任された竹岡純樹(スポ2=青森山田)は波に乗れずストレート負けを喫し、再び4番手に平野。2ゲーム目こそネットインの不運も重なり流れを奪われかけたが、13-13の競ったゲームをもぎ取るとそのままゲームカウント3-0でストレート勝ち。団体戦スコア3-1で第一ステージを突破した。

出場した2試合で勝利し、チームに貢献した平野

 準々決勝の相手はシチズン。1試合目に続きトップを任された平野は全日本社会人選手権3位にも入った実力者である神巧也と対戦した。「最後には(得点を)とれるパターンがなかった」(平野)とゲーム終盤までは食らいつくが、マッチポイントを握るには至らず苦しい展開。ゲームカウント0-3で敗れた。2番手・山本勝也(スポ4=石川・遊学館)も夏場の試合では勝利していた森田侑樹との一戦であったが「自分のプレーが出来なかった」(山本)と、終始相手にペースを奪われ敗戦。後のない3試合目には上村が登場する。カットマンとの対戦を苦手としていたが、この試合は粘り強くカット打ちを繰り返す。しかし「相手のサーブに対応出来なかった」(上村)と、要所でサーブポイントを献上し白星を挙げることは出来なかった。

粘り強いカット打ちを見せた上村

 ベスト8入りを果たしたものの、社会人チームと対戦した2試合は共にストレート負けと力の差は大きい。来週からはいよいよ学生日本一を懸けた戦い、全日本大学総合選手権個人の部が行われる。残された時間はあとわずかだが、今大会で得た課題を次につなげたいところだ。「一戦一戦全力でやっていきたい」(平野)。各々がベストを尽くし、頂を目指す。

(記事、写真 久保田有紀)

結果

▽第一ステージ Cブロック

●0-3 対協和発酵キリン

●上村慶哉0-3上田仁

●山本勝也1-3松平賢二

●平野晃生2-3笠原弘光

◯3-1 対瓊浦高校

○平野晃生3-1中ノ瀬聡太

●上村慶哉3-2田中侑人

◯竹岡純樹0-3李佳

●平野晃生3-0田中侑人

▽第二ステージ 準々決勝

●0-3 対シチズン

●平野晃生0-3神巧也

●山本勝也1-3森田侑樹

●上村慶哉0-3御内健太郎

コメント

山本勝也(スポ4=石川・遊学館)

――今大会に向けどのような調整をされましたか

秋季リーグ(関東学生秋季リーグ戦)が終わって4年生は自由練習って感じなんですけど、来年以降も卓球を続けるので変わらず練習していました。

――きのうも社会人チームとの一戦でした

きのうは松平(賢二)さんに当たって、前回は良い戦いが出来ていたので今回も良い戦いが出来ると思っていたんですけど、思ったよりも自分のプレーが出来なくて厳しい戦いとなってしまいました。

――森田選手との試合を振り返って

森田さんも3月の東京選手権では勝っていたので自信を持っていたんですけど、やはりいつもと違うなと。なかなか自分の試合に持っていけなかったです。

――その中でも第3ゲームは奪いました

第3ゲームはサーブレシーブで先手を取れていたんですけど、第4ゲームで同じことをすると相手も変えてきたのでなかなか上手くいきませんでした。

――全日本大学総合選手権個人の部(全日学)に向けてどのように調整していきますか

全日学もすぐ始まるので細かいところの微調整を詰めていきたいと思います。

上村慶哉(スポ2=福岡・希望ヶ丘)

――田中選手との試合はフルゲームまでもつれる接戦となりました

最近チキータが調子悪かったんで試しながらやって。セットオールまではいったんですけど、最後は自分のチキータが決まって勝ったんであの試合は収穫のある試合でした。

――2試合目はカットマンとの試合となりました

カット打ち自体は悪くなかったんですけど、サーブレシーブのところで。前回もやって同じような負けをしたんですけど、今回もまた相手のサーブに対応できずに負けてしまったので何かを変えていかないといけないと思いました。

――きのう、きょうと社会人との試合でしたが、収穫はありましたか

新しく始めたサーブが試合の中で効いたので技術の幅という面では広がったかなと思います。

――全日学に向けてどのように調整していきますか

ランクには必ず入りたいので一戦一戦気を抜かずに頑張っていきたいと思います。

平野晃生(スポ1=山口・野田学園)

――初戦は2勝を挙げる活躍もありました

相手は高校生ということもあって絶対に勝たなきゃいけない相手だったので勝てて良かったと思います。

――2試合目もトップで出場しました

次の、4年生が抜けて、トップになれるというか考えながらやるということでトップで出させていただけたということで結果的には勝てなかったんですけどこの経験を今後に生かしていければと思います。

――神選手との試合はどのゲームも競った展開となりました

点数は競っているんですけど、取られた内容が良くなくて競っても最後には取れるパターンはなかったのでそこは差があったなと思います。

――社会人との一戦で課題は見つかりましたか

普段ではあまり試合できないのでこういう雰囲気で出来たのはいい経験になったかなと思います。

――全日学に向けてどのように調整していきますか

全日学では上を目指して一戦一戦全力でやっていきたいと思います。