野球部

2015.10.20

秋季リーグ戦 10月19日 神宮球場

最終回に意地の一発も、優勝遠のく痛恨の黒星/明大3回戦

明大3回戦
慶大
明大 ×
(慶)●三宮、加嶋、加藤拓-小笠原
◇(本塁打)沓掛1号3ラン(二塁打)横尾

 代打・山本瑛大(3年)のバットが無情にも空を切ったその時、慶大の自力優勝の可能性は消滅した。1勝1敗で迎えた明大3回戦。天皇杯奪回へ必勝を誓って臨んだ一戦であったが、今季10試合目の登板となった先発の三宮舜(4年)が初回にいきなりの2失点。打線も明大先発の柳裕也を打ちあぐね、重苦しい雰囲気がチームにのしかかる。最終回に沓掛祥和(3年)の一発で反撃ののろしを上げるも、時既に遅し。わずかに及ばず3-4で破れ、悲願の頂は大きく遠のいた。

 負けられない一戦。先発のマウンドを託された三宮であったが、その安定感を欠いた立ち上がりを明大打線は見逃さなかった。先頭打者に四球を与えると、続く打者の犠打を二塁へ悪送球。たちまちピンチを招くと4番の菅野剛士(明大)に通算最多記録に並ぶ二塁打を許し、先制点を奪われた。その後も三宮は毎回得点圏に走者を進められ、終始緊迫した展開が続く。しかしあと一本を与えない粘りの投球で、中盤からは試合は均衡状態に。そんな試合が再び動き出したのは8回。3番手の加藤拓也(3年)が3四球と2本の安打で試合を決定付ける2点を献上。味方の援護がない中我慢の投球を続けた投手陣だったが、仲間の奮起まで耐え抜くことはできなかった。

痛恨の追加点を許し、顔をしかめる加藤拓

 チーム全体でここまで脅威の17本塁打を放ってきた自慢の強力打線。しかしこの日は明大先発・柳裕也に完全に抑え込まれ、一塁ベースにさえなかなか手が届かない。テンポよく投げ込まれるキレの良いボールの前に、3回までで喫した三振は5つ。初安打が飛び出した4回こそ2つの四球を絡めて1死満塁の好機を演出するも、ここからの一本が奪えず結局は0点に終わる。8回を終わってもわずか2安打と攻略の糸口すらつかめず迎えた最終回。そんな中でも、このまま終わらないのが今季の慶大打線だ。梅野魁土(4年)、横尾俊建主将(4年)の連打で柳を降板させると、代わった2番手投手からこの日スタメンを外れた代打・沓掛が大きな当たりを左翼へ放つ。大歓声の後押しを受けた打球は、そのままスタンドに吸い込まれ点差はたちまち1点に。しかし反撃もここまでで、粘りを見せた投手陣に報いることはかなわなかった。

きのうの試合に引き続き、強力打線は本領を発揮できなかった

 勝利すれば優勝の行方を早慶戦に持ち込めたきょうの一戦。最高の舞台で春の雪辱を果たすべく、誰もが最後までこの日の勝利を諦めなかった。無念の敗北で悲願の栄冠が遠のいたのは事実である。それでも最後に見せた猛攻は、今季を締めくくる早慶戦に確かにつながるはずだ。手痛い黒星も原動力の糧として、陸の王者が宿敵撃破の誓いを深める。

(記事 三井田雄一、写真 豊田光司)