野球部

2015.10.19

秋季リーグ戦 10月18日 神宮球場

鳴りを潜める慶大打線…一本が出ず10残塁黒星/明大2回戦

明大2回戦
明大
慶大
(慶)加嶋、●原田匠、三宮、加藤拓-小笠原

 きのうの勝利でリーグトップに躍り出た慶大。その勢いのまま勝ち点をもぎ取りたいところだったが、この日は打線がうまくつながらない。初回に好機を生み出すがものにできず、その後も走者を塁には置くものの、思うように駒を進めることができない。6回には先頭打者に本塁打を浴び先制される。7回、相手の暴投で1点を返し同点に追いつくが、その後本塁打などでさらに2点を追加され、1―3で敗北。明大との決着はあすに持ち越されることとなった。

 先発の加嶋宏毅(4年)は、味方の援護がない中5回まで被安打2とまずまずの投球を見せる。仲間の好守にも助けられ、スコアボードに『0』を並べていた。ところが迎えた6回、代打の先頭打者に甘く入った2球目を右翼スタンドへと運ばれる。ここから流れは明大へと傾いた。8回にマウンドを原田匠(1年)に託すも先頭打者に二塁打を許し、打者1人、わずか4球で降板。後を背負った3番手・三宮舜(4年)が、自身の野選と失策により追加点を奪われる。さらに9回から登板した加藤拓也(3年)もきのう3点本塁打を放った佐野恵太(明大)に右翼へアーチを描かれた。

先制本塁打を浴び肩を落とす加嶋

 いつもなら、失点してもそれ以上の得点を挙げる。しかしこの日、『打』の慶大が大暴れすることはなかった。初回、2番・梅野魁土(4年)が左翼へと安打を放つと、3番・4番もそれぞれ単打で期待に応える。さらに5番打者も打撃妨害で出塁し満塁の好機を演出したが、後続は凡打に終わり流れを呼び込むことができない。以降6回まで、走者を出しながらもここぞというところで一本が出ず、『若き血』が球場に響き渡ることはなかった。7回、ベンチは岩見雅紀(2年)を代打に送ると、内野安打で出塁。続く1番・山本泰寛(4年)が左翼前に打球を運ぶと、初回以来の連続安打に慶大の応援席はこの日一番の盛り上がりを見せた。2死二、三塁、再度の好機で迎える打者は、今季、リーグタイ記録となる4試合連続本塁打を放った長距離砲・横尾俊建主将(4年)。応援席にひときわ大きな期待の歓声が沸くと、投手の手を離れた初球はミットをかすめる暴投となり、待望の得点でゲームを振り出しに戻した。しかし勝ち越し点を挙げることはできず、8安打ながらわずか1得点のみと王者の覇気を見せることはできなかった。

相手投手陣に打線は翻ろうされた

 あと一本が出ない。圧倒的な攻撃力が強みであるだけに、大事な場面での一打の有無が大きく明暗を分ける。ここ数試合とは打って変わってきょうの慶大は、長打もなく10残塁と打線がほとんど機能しなかった。この試合をあすの第3戦にどうつなげるか。賜杯に懸ける思いをバットに託したい。

(記事 中川歩美、写真 谷田部友香、中村朋子)