野球部

2015.10.19

秋季リーグ戦 10月18日 神宮球場

主軸が完全復活。いざ、早慶戦へ/法大2回戦

法大1回戦
早大
法大
(早)大竹、○北濱—道端
◇(本塁打)茂木2号3ラン(二塁打)北濱、丸子

 きのうの試合では打撃に復調の兆しを見せ、賜杯へと望みをつなぐ勝利を収めた早大。早慶戦前の大一番で勝ち点を得るべく、法大2回戦に臨んだ。先発の大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)が2回に崩れ先制点を許すと、打撃陣も試合中盤まで8三振を喫するなどなかなか援護することができない。しかし6回、主軸の活躍により茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)の本塁打で同点とすると、7回に丸子達也(スポ4=広島・広陵)が適時二塁打を放ち、逆転。2番手を務めた北濱竣介(人2=石川・金沢桜丘)も粘投し、優勝戦線に踏みとどまるための貴重な白星を手にした。

 序盤から好機はあった。しかし、相手の1年生投手・菅野秀哉のテンポの良い投球を前になかなか得点につなげることができない。打線が奮起したのは6回。上位打線から始まるこの回に重信慎之介副将(教4=東京・早実)が左中間への安打を放ち、俊足を生かした盗塁で好機を広げる。続く河原右京主将(スポ4=大阪桐蔭)が四球で出塁すると、無死一、二塁の場面で打席には茂木。絶好の機会に沸く球場の期待に応えたのは、やはりこの男だった。「自分のスイングをしようという気持ちで打席に入った」(茂木)。甘く入った直球を振り抜くと、打球は左翼席前方へ。試合を振り出しに戻す同点本塁打となった。続く7回には北濱の二塁打を皮切りに、打線が覚醒。丸子の適時二塁打で、3点を勝ち越す。「好機で必ず(走者を)返すのが4番の役割」(丸子)。主軸の多くを占める最高学年の意地が、勝利を手繰り寄せる結果となった。

勝ち越し打を放ち塁上で喜ぶ丸子

 春は完全優勝の立役者となった若きエースが追いつめられた。先発の大竹は2回には制球に苦しみ、押し出し四球による先制点を献上してしまう。その後も現在高打率を誇る法大主将・畔上翔に適時二塁打を浴びるなど、まさかの3失点。5回途中でマウンドを降りた。6回からは今季これまで2勝を挙げている北濱がマウンドへ。「思い切って放れ」という髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)の声掛けもあり、幾度となく悪い流れを絶ち切ってきた右腕がこの日も好投を見せる。要所をしっかりと抑え、最終回も三者凡退に打ち取ると、チーム最多の3勝目を挙げた。また、中堅手・中澤彰太(スポ3=静岡)を筆頭に好守備も投手陣を後押し。監督も納得の充実した内容となった。

5回途中から登板すると、被安打わずか3の好投を見せた北濱

 残るカードは華の早慶戦のみ。自力で優勝を勝ち取れるかどうかは、あすの慶明3回戦へと託された。打率4割超えと好調の重信はこの試合でも2安打を放ち、リーグの打撃ランキングのトップに再び躍り出た。鳴りを潜めていた早大打線がここにきて本来の姿を取り戻しつつある。また、主軸が機能して勝利を収めた法大戦は、慶大との戦いを前に弾みの付くものとなった。大舞台で歓喜させる一打をもう一度。再び頂点を獲るのは覇者ワセダだ。

(記事 八木美織、写真 土屋佳織、豊田光司)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(右) 重信慎之介 .414 空振    中安       左安 四球 三飛   
(二) 河原右京 .258 右安    左飛       四球 見振    一ゴ
(三) 茂木栄五郎 .241 空振    左飛       左本 右安    遊ゴ
(一) 丸子達也 .200 四球       空振    三ゴ 中2    空振
(遊) 石井一成 .214 左安       見振    右安 左安      
(捕) 道端俊輔 .300    空振    遊ゴ    中飛 二ゴ      
(中) 中澤彰太 .115    空振       二ゴ 投ゴ    四球   
(左) 川原孝太 .105    右飛       見振    二飛 一ギ   
(投) 大竹耕太郎 .000       一ゴ    空振            
  北濱竣介 .333                   中2 右飛   
早大投手成績
名前
大竹耕太郎 4 1/3 3.52
北濱竣介 4 2/3 0.84
コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――先制を許した中で、逆転での勝利を収めました

3点ですからね。非常に苦しい試合でした。大竹(耕太郎、スポ2=熊本・済々黌)が先発してですからね。あとに投げる投手は確証があるわけでもないし、それからしたら3点より多かったら厳しかったかもしれませんが、そこから北濱(竣介、人2=石川・金沢桜丘)が粘ってくれて、打線もよくつないでくれましたね。やっぱり茂木(栄五郎、文構4=神奈川・桐蔭学園)のあそこ(6回)での一発は大きかったです。茂木が打って、丸子(達也、スポ4=広島・広陵)が勝ち越し打で、やっぱり3、4番が打ってくれると得点力は高いなと。非常に良いチーム状況になってきて、みんな好調になってきてますのでね。石井(一成、スポ3=栃木・作新学院)や中澤(彰太、スポ3=静岡)にもぽつぽつ当たりが出だして、早慶戦に向けて良いことだと思います。

――先発の大竹投手の投球はいかがでしたか

そこまで悪くはないと思いました。8番、9番に4四死球。7番入れたら5四死球出していて、最初も投手に押し出してたからね。普段の彼からしたら考えられない。故障の状態はそんなに悪くはないので、それが原因ではないと思うのですが、それで8月の練習が足りてないという部分があるのかなと思うんですけどね。

――ケガで出遅れた部分が影響しているのでしょうか

まぁ万全ではないですよね。故障自体はほとんど完治しているんですけどね。やっぱり練習の積み重ねですからね。

――北濱投手は好リリーフをしてくれました

良く投げてくれましたね。今季北濱が投げて試合の流れが変わる、というような非常に重要なポイントで彼が投げてくれています。最後も9回小島(和哉、スポ1=埼玉・浦和学院)かなと思ったのですが、結構良い流れがあったので。8回は点を取られましたが、あれも暴投がシングルなら点は入っていないので、あそこで走者を三塁に置いても良く守り切ったと思いますね。

――マウンドに送り出すときはどのような言葉をかけましたか

負けてるから、思い切って放れと(笑)。力む必要はないからと。気にせずに思い切ってと。

――守備でのファインプレーも多くあったと思います

ほとんどノーミスですからね。そういう点では良く守ってくれていたと思います。

――茂木選手の3点本塁打がありました

大きいですね。この同点弾というのはほとんど勝利に近づくような当たりですからね。

――好機の場面では決めてくれますね

そうですね。本塁打のあとも右前安打でつないでくれて、そのあと丸子の一打につながってますから、やっぱり3番、4番が打つと得点力が高いですよね。

――いよいよ早慶戦になります

2週間ありますが、チーム力もかなり万全になってきてますからね。2週間で大竹も万全でいけると思いますので、ぜひ慶大には勝ちたいと思います。

丸子達也(スポ4=広島・広陵)

――勝ち越し打についていかがでしたか

前の茂木(栄五郎、文構4=神奈川・桐蔭学園)が本塁打を打っていて、勝負は絶対自分になるなと思っていました。その準備をしていたのと、打撃練習を一番していない投手が二塁打を打っていたので野手が打たなければいけないという思いがありました。そこで集中して、一打にかけました。

――打った球は

真っ直ぐです。打った瞬間に手ごたえはありました。

――打撃を振り返って

好機で必ず返すのが4番の役割だと思っているので、その成果がきょう出たのでよかったです。

――3試合連続で打点がついていますね

打点などの記録よりも勝つことが一番大切だと思っています。打点を取ったとしても負けてはいけないので、勝つことだけを考えています。

――早慶戦に向けての思いをお願いします

最後の学年でもあるので、一打席一打席集中して打っていけたらと思います。4番としての目標であるチャンスの場面で返すということを実践できたらいいなと思います。

茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)

――本塁打の打席を振り返って

1、2打席目で内容の悪い凡退の仕方をしていたので、その打席は自分のスイングをしようという気持ちで打席に入りました。

――打った球や、コースといったものは

ストレートだったと思うのですが、どこのコースだったのかは全然覚えていないです。

――入ると思いましたか

着地点は見ていなかったのでレフトフライかなと思いました。ただレフトが見上げていたのを見て、入るのかなと。

――ご自身の中では逆方向にも本塁打が出たということに関しては

練習でもなかなか逆方向というのは打てないのですけれど、そういうのが試合で出せて逆方向にも強いスイングができるのを確認できたというか、そういう打球も打てるということを自分の中で消化できたことはプラスかなと思います。

――きのうの二塁打は不本意だというお話がありましたが、きょうの本塁打はいかがでしたか

当たり自体はあまりよくなかったのですけれど、あの場面で同点本塁打を打てたということに関してはよかったかなと思います。

――振りに関しては

ボールが高かったので振れただけであまり自分の中での感触というのはよくないので、早慶戦に向けてもう一度調整し直したいです。

――ご自身の状態としてはあまりよくないのでしょうか

そうですね。体調面というか体の状態はすごくいいのですけれど、技術の方があまりよくないなと感じます。

――技術の面でよくないと思うのは具体的にどのようなことなのでしょうか

甘いと思った球に対して振りにいけてないということと、振りにいった球も自分のポイントで打ててないというのが自分の状態がまだ上がっていないなというところだと思います。

――きょうの本塁打は甘い球が打てた結果なのでは

1、2打席目で振りにいけていなかったので、より振りにいこうと意識したことがよかったのかなと思います。

――このカードで勝利し次は早慶戦ですが、きょう勝ったことに関しては

落とせない試合で先制されて雰囲気は悪かったのですが、最終的に相手より点を取って勝つことができて本当によかったと思います。

――きょうがドラフト前最後の試合となった訳ですが、現在はどういう心境なのでしょうか

結果が出ないなりにも自分のやるべきことはきちんと全うしてやってきたつもりなので、あとは待つだけというか自分のことを必要としてくれる球団があれば取っていただきたいなというのが今の心境です。

――12球団どの順位でも、ということですか

そうですね。プロの世界に入ってからが勝負だと思うので、順位はこだわらずに取ってくださる球団があればという感じですね。

――体の状態はすごくいいと話していましたが、特に腰などは

オフの期間にずっとトレーニングなどもみっちりとやらせていただいたので、万全な状態でできていると思います。

――自分のやるべきことはやってきたとありましたが、それは具体的にどのようなことと考えていますか

試合の中でも打てない時もありますし、そういう時に落ち込むのではなくて次に切り替えてどうすれば打てるのかということを考えてこの試合までやってきたつもりです。そういうところは自分の中でしっかりと切り替えて次の打席に臨めていたのかなと思うので、そこかな思います。

――逆方向への本塁打というのは初めてですか

それは意外とあって初本塁打も逆方向でしたし、3本目くらいだと思います。

――逆方向への意識やこだわりというものは

逆方向にも飛ぶというのは自分のアピールポイントの1つだと思うので、そこはすごい重要視しているというかやっと出せたなと思うところです。

北濱竣介(人2=石川・金沢桜丘)

――きょうの投球を振り返って

ピンチでの登板で、大竹もそんなに調子が良くなかったので、とりあえず先を見ないで一人一人抑えていくといく感じを心掛けました。

――監督からはどのように送り出されました

3点差で、負けているからで思い切りいけと言われました。

――打撃面でも活躍されましたが、もともと打つのは得意ですか

チーム内でも全然打てずに馬鹿にされるくらいなので、きょうはまぐれで打てましたね。

――チーム内トップの3勝目ですが

先発ではないので、それで勝てているということについて運がいいと思っています。

――中継ぎの重要性について

東大戦で初めて投げた時に吉野さん(和也、社3=新潟・日本文理)さんから「勝っても負けてもやることは同じだから」と言われたので、それを意識するようにはしています。

――1打席目に代打の可能性というのはあったのでしょうか

走者が出ていなかったので、行けるところまで行くという事を大谷学生コーチ(伸ノ輔、商4=福岡大大濠)から言われていたので、バットに当てることだけ考えて打席に入りました

――早慶戦への意気込みをお願いします

まだ、あしたの慶明の結果次第で優勝がかかるか分からないですけれど、しっかり調整してやるべき事をやっていきたいと思います。