野球部

2015.10.18

秋季リーグ戦 10月17日 神宮球場

終盤追い上げられるも白星 賜杯へ望みをつなぐ/法大1回戦

法大2回戦
法大
早大
(早)◯小島、吉永ー道端
◇(三塁打)中澤(二塁打)丸子、茂木、小島

 現在3位ながら、まだ優勝への可能性を残している早大。きょう対戦したのは4位の法大だ。昨季までの戦いを振り返ると相性の良い相手であることもあってか、きょうの試合も序盤から打線が機能し、大勝するかに思われた。しかし9回、ここまで好投していた小島和哉(スポ1=埼玉・浦和学院)が本塁打を浴びるなど法大の猛攻を受け、2点差にまで追い詰められる。それでも大量の援護のおかげでなんとか逃げ切り、大事な初戦を無事勝利で終えた。

 眠っていた強力打線が目を覚ました。3回、好調の重信慎之介副将(教4=東京・早実)が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決め好機を広げる。1死一、二塁となったところで打席には茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)。春の本塁打王ながら、今季はここまで 思うように結果が出ずに苦しんできた。「振れるコースに来たら全部振ろうと思っていた」。その初球、中前に弾き返した当たりは先制の適時打に。すると、茂木の待望の一打でチームも勢いづく。続く丸子達也(スポ4=広島・広陵)も中越えの二塁打を放ち、2点を追加。その後も打線がつながり、この回一挙5点を挙げた。6回にも下位打線から好機を演出すると茂木が左翼越えの二塁打で応え、7回には先発・小島が自らのバットで追加点を奪った。ここまで本調子ではなかった3番・茂木、4番・丸子の両者にマルチ安打が見られ、また長打も見えたきょうの試合。主軸が復調しつつある早大には、今までより一層に期待が持てる。

今季ここまで苦しんできた茂木。きょうは3打点の活躍を見せた

 先発のマウンドを任されたのは小島。いつも通りの堂々とした投球で、強打者揃いの法大を初回から切って取る。4回、相手4番の畔上翔主将に右翼線への適時打を許すものの、その後は立ち直り安定した投球を取り戻した。5回から8回の間は石井一成(スポ3=栃木・作新学院)の好守などにも助けられ、走者を一人も許さない完璧の投球を披露する。そして迎えた最終回。大学入学後初の完投勝利を目指すべく、マウンドへと上がった。しかし、先頭打者に四球を与えると、その後無死一、二塁とされ、次打者の放った大きな当たりは左翼スタンドへ。これが3点本塁打となってしまい、小島はここで無念の降板となった。後を受けた吉永健太朗(スポ4=東京・日大三)も高校の後輩・金子凌也にまたしても一発を食らい、大きく広げていたリードも2点差に縮まった。後続をなんとか抑え初戦の勝利は飾ったものの、どこか締まりのない終わり方となってしまった。

最終回には本塁打を浴びたが、それまでは好投を続けて試合をつくった先発の小島

 あとがない状況の中で、しっかりと初戦を勝ってみせた早大。そして不調だった野手陣からも徐々に本来の快音が聞かれ始めた。しかし9回に追い上げを許すなど、終盤には不安が残る。あすの2回戦では充実した内容のもとに勝ち、連勝のままに華の早慶戦へ突き進んでほしい。

(記事 菖蒲貴司、写真 杉田陵也、八木美織)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前  
(右) 重信慎之介 .400 二安    四球    見振    四球 捕邪      
(二) 河原右京 .259 二飛    四球    二ゴ    中安    中飛   
(三) 茂木栄五郎 .208 四球    中安    捕邪    左2    二ゴ   
(一) 丸子達也 .192 遊併    中2       二飛 四球    左安   
(遊) 石井一成 .125    一直 二ゴ       右飛 左飛    投ゴ   
(捕) 道端俊輔 .346    中飛 左安       二飛    三ゴ      
(中) 中澤彰太 .130    四球 右3          四球 左飛      
(左) 川原孝太 .125    遊ゴ 四球          投ギ 四球      
(投) 小島和哉 .200       二ゴ 遊ゴ       空振 中2      
  吉永健太朗 .000                              
早大投手成績
名前
小島和哉 8 0/3 2.91
吉永健太朗 5.40
コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――一発の怖さを思い知らされる試合となったと思います

点差があったから、バッテリーに慎重さがないですよね。いろいろなケースが考えられるので、あまりあしたに向けて、投手を使いたくなかった。ただ最後バッテリーがちょっと楽観視したというかね。

――小島和哉選手(スポ1=埼玉・浦和学院)は完投目前で本塁打を浴びました

例えば僅差だったら9回に走者を出した段階で交代でしたが、もうちょっと辛抱しようかという感じでした。

――ただ8回までしっかりと試合をつくってくれました

投球は良い内容でしたしね。打線も打つ人が打って、得点力も上がって、前より良くなっていると思います。

――小島投手の先発起用は最初から完投させる想定でしたか

基本的にはそうですけど、何があるかわからないので。2点がめどでしたけど、点差があったので。逆に2点先攻されていたら、難しいところですね。

――打線も8点を挙げ、好調気味ですが

最後の方でも2死から、小島でしたが、適時打が出るというのは良かったですね。

――茂木栄五郎選手(文構4=神奈川・桐蔭学園)、丸子達也選手(スポ4=広島・広陵)と主軸も復調していますが、立大戦から1週間空いて何か取り組まれたことはありますか

基本にかえっている。彼らは大振りしている意識はないんでしょうけど、調子がずっと良かったんですよ。でも反対方向への基本がちょっとおろそかになっていて、そこから微妙にうまくいっていなかったので、調整してくれたと思います。

――あしたの先発は大竹耕太郎選手(スポ2=熊本・済々黌)ですか

もちろんです。一戦必勝ですからね。

丸子達也(スポ4=広島・広陵)

――きょうは2打点の活躍でしたね

4番として走者を返せたので良かったかなと思うのですが、まだいくつか返せていないのでそこは突き詰めないといけないなと思っています。

――課題はありますか

最初の打席で走者がいるにもかかわらず、返せていなかったのでその辺りをきちんと返せるようにしていけたらと思います。

――きょうは理想とする左方向に打たれていました

理想通りですね、かたちは良かったです。

――立大戦で変えたフォームで望まれましたか

軸足を直して、良かったのできょうも同じようにやりました。

茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)※囲み取材から抜粋

――先制打を放った打席について、打った球種は

真っ直ぐだったと思います。

――初球から狙っていたのですか

自分が強く振れるコースに来たら全部振ろうと思っていたので、たまたまそのコースに来て、飛んだコースもよくて、重信(慎之介副将、教4=東京・早実)もよく走ってくれて得点につながってよかったと思います。

――負けられない試合での先制点となりましたが

このリーグ戦で打ててない打席がかなりあったので、先制点となる安打を打ててほっとしていますし、よかったと思います。

――リーグ戦序盤安打が出ていませんでしたが、自分の中で改善した部分はあったのですか

打席の中で自分のスイングをすることを徹底しようと練習から取り組んできて、なかなかそれが実戦でうまくいかなかったですが、きょうはうまくいかなかったなりにもそれが結果につながってよかったです。

――2安打目となった打席については

チャンスだったので初球からいこうと思っていて、自分は捕られたかなと思いましたが、うまく打球が切れて(左翼手を)抜けてくれてよかったです。

――タイミングの部分だったのでしょうか

あとは気持ちの持ちようというか、どこかきれいに打とうとか、ヒットを打とうという気持ちになっているので、もう少し自分のスイングをするというのを徹底したいなと思います。

――春のリーグ戦でそういったことはなかったのでしょうか

結果を残すしかなかったので。春は自分のスイングをしようと思っていましたが、春少しうまくいった分、(秋は)いい結果を残そうと守りに入ってしまった部分があったので、そういうのを修正するのにはやっぱり時間がかかるなと思いますね。

――コンディションについては

4年間のシーズンの中で一番状態がいいくらい、体はいい状態です。トレーニングを入念的にやってきたおかげで疲れにくくなりましたし、空き週も含めてしっかり体作りをしてきたので全然疲れというのはないですね。

――もどかしさもあったりしましたか

体の状態がいい分もう少し結果が出てもいいのかなと思っています。ですがそれほど甘くいくわけでもないので、しっかり向き合って自分の中でやるべきことをやっていきたいなと思います。

小島和哉(スポ1=埼玉・浦和学院)

――立大戦に引き続きの先発でしたが、先発だと聞いてどう感じましたか

先週もだったので今回もかなとは思っていました。

――法大打線にはどのようなイメージをお持ちでしたか

自分が投げている中ではあまり得意ではなかったです。

――具体的にはどのようなところが

左バッターが多いのと長打があるというところがありました。

――その打線に対してどのような投球をしたいと考えていましたか

1本長打を打たれないように、点を取られないように、簡単に考えて投げました。

――投げていてきょうの調子はいかがでしたか

フォアボールが最終回まで一回もなかったのでそれは良かったと思うのですが、最終回に打たれてしまったので。

――きょうは球数が少ない印象でした。ご自身の評価はいかがでしたか

自分としてはそこまで考えていないですね。リズムがよく投げられたので、フォアボールが無かったことがつながったのかなと思います。

――最終回を前に完投の意識はありましたか

完投したいなとは思ったのですが、最終回に気が抜けてしまったのかなと思います。

――疲れは感じていましたか

いえ、疲れは感じていなかったのでやはり油断があったのかなと思います。

――変化球やストレートはそれぞれ調子はいかがでしたか

比較的良かったのではないかなとは思うのですが、完璧とは言えないです。

――次の試合はおそらく早慶戦になるかと思います。意気込みをお願いします。

普段のリーグ戦と同じだと思って相手を気にせずに、自分に与えられた役割を果たしたいかなと思います。