野球部

2015.10.18

秋季リーグ戦 10月17日 神宮球場

エース加藤拓、好救援!首位攻防戦を制す/明大1回戦

明大1回戦
慶大
明大
(慶)○三宮、加藤拓-小笠原
◇(三塁打)梅野(二塁打)山口

 勝ち点3で明大と並び、勝率の差で2位につけている慶大。この日、明大との首位攻防戦を迎えた。序盤から慶大が得点を重ね、主導権を握る。そのまま優位に試合を進めるかと思われたが、中盤に1点差まで追い上げられてしまう。その後も再三ピンチを迎えるが、得点は許さない。終盤には追加点を挙げ、そのまま逃げ切りに成功。見事勝利を収めた。

 リーグ戦史上初の3者連続本塁打を記録するなど絶好調の打線は、この日も健在だ。2回に連打で1点を先制すると、3回には山口翔大(3年)、小笠原知弘(4年)の適時打で着実に得点を重ねる。4回にも追加点を挙げ、1点差に迫られた後の7回には再び谷田成吾(4年)の犠飛で突き放した。見事な攻撃に、慶大スタンドの応援も一段と力が入る。この日も打線のつながりが光った。

2打点の活躍を見せた小笠原

 大事な首位攻防戦の先発を任されたのは三宮舜(4年)。序盤はコントロールがさえわたり、3回まで相手を無得点に抑える。ところが4回に3点本塁打を浴び、1点差まで追い上げられてしまう。打たれた瞬間、膝をつきうなだれる三宮。しかし、すぐに気持ちを切り替え、5回は三者凡退に抑える。6回からはエース加藤拓也(3年)がマウンドへ。その回には1死満塁、7回には2死一、二塁のピンチを招くが、最速152キロを記録した直球を中心にいずれも無失点に抑える。慶大ベンチからは相手の攻撃が終了するたびに多くの選手が飛び出して守備陣を出迎え、まさにチーム一丸となって勝利に突き進んでいく。加藤拓はそのまま9回も無失点に抑えて見事勝利に貢献した。

要所を抑える投球で相手を抑え込んだ加藤拓

 先発・三宮は5回3失点とやや不安が残ったが、エース加藤拓が4回無失点の好リリーフを見せた。横尾俊建主将(4年)や谷田を中心とする打線の勢いは健在で、打ち勝つ野球がしっかりできている。リーグ戦も大詰めを迎え、首位争いもいよいよ佳境に入った。快進撃を続ける慶大から、最後まで目が離せない。

(記事 齋籐直己、写真 谷田部友香、森原美紘)