ラクロス部

2015.10.14

第28回関東学生リーグ戦 対武蔵大 10月11日 埼玉・東洋大朝霞キャンパスグラウンド

ファイナル4進出!伸びしろ残し、次のステージへ

1Q 2Q 3Q 4Q
早大
武蔵大
▽得点者
山口2、篠崎2、小宮山2、佐藤大、吉永、畑田

 明大戦に敗れ、課題修正に取り組んできた早大。気持ちを新たに、関東学生リーグ戦(リーグ戦)のブロック最終戦となる武蔵大との戦いに挑んだ。序盤から積極的にゴールを狙い、点を重ねていく。第3クオーター(Q)まで7-0と無失点に抑えるなどディフェンス力を見せた。第4Qに2点を失うも最終スコア9-2でゲームセット。勝利を収め、順当に11年連続となるファイナル4進出を決めた。

 MF丸山卓郎(スポ4=埼玉・県浦和)が幸先よくフェイスオフでボールを獲得し、試合が始まった。早大は序盤から試合を支配。オフェンス陣の勢いを見せつけると、幾度となくゴールネットにかみついていく。だが、圧倒的なショット数を放つものの決定力に欠け、得点を奪えない。AT山口俊(国教4=神奈川・湘南)が10分に待望の先制点を奪い、続けて8分後にも点を重ねるが、第2Qでも相手ゴーリーの好セーブに阻まれ、なかなか得点を挙げられずに時間が過ぎていく。G新町隼人(法4=東京・早大学院)の「焦るな!」という声が大きくグラウンドに響き渡り、暗雲が立ち込めるかと思われた。しかし、早大は意地の追加点を奪取し、3-0でリードを広げ前半を終えた。

先制点を決めるなどオフェンス陣を引っ張った山口

 第3Qでは徐々に早大らしさを取り戻し、得点ラッシュを迎える。開始2分には山口からのパスにMF佐藤大(スポ3=東京・調布北)が素早く反応。相手ディフェンスを振り切るかたちで正面からのショットを決めてみせた。さらには、AT小宮山駿之介(法4=東京・早稲田)などが3得点を挙げ、迎えた最終Q。開始直後に華々しくゴールネットを揺らしたのは第4Qからの出場となった、AT畑田峻希主将(スポ4=福井・若狭)だった。空気を切り裂くような正面からのロングショットで点を重ねると、そのまま早大が流れをつかむかと思われた。しかし、山口が「チームとしてミスがでてしまった」と振り返るように14分にこぼれ球を拾われ、初失点。3分後に続けて得点を許し、8-2となる。それでも最後にAT篠崎大雅(スポ3=神奈川・逗子開成)が駄目押しの得点を挙げ、9-2で試合終了。ファイナル4進出を決めた選手たちの顔に、安堵(あんど)の笑顔が浮かんだ。

得点を決め、たたえ合う吉永(左)と篠崎

 7点差での勝利となり、次につながるかたちとなった今試合。しかし畑田は「決め切れるシュートもかなりあった」、「これから先やっていくにはまだまだ物足りない数字だ」と語る。シュート精度の向上が課題として挙げられ、ファイナル4という激戦を勝ち抜くためには得点力のレベルアップが必至だ。大舞台まで約1カ月。『不屈』の精神にのっとり、一体となって日本一へ突き進め。

(記事 寒竹咲月、写真 熊木玲佳、田島光一郎)

関連記事

反撃及ばず、まさかのリーグ戦初黒星/第28回関東学生リーグ戦(9/26)

『鉄壁、よって無敵』!鬼門の一橋大戦、攻守で圧倒/第28回関東学生リーグ戦(9/14)

総力戦で東海大に圧勝!/第28回関東学生リーグ戦(9/4)

コメント

石渡祐介ヘッドコーチ(平18商卒)

――ファイナル4進出を決められましたが、いまのお気持ちは

安心しました。

――前回の敗戦からどのように調整してきましたか

前回は慢心してしまった部分があったと思います。後がないという崖っぷちの状況は変わらないので、一心にひたむきにやるように激を飛ばしました。

――前半は相手のゴーリーに阻まれる場面も見られました

シュートのコースがあまり良くなかったです。そこを修正するということと、あとは確率だと思ったので、打ち続けろという指示はしました。

――一方後半は得点ラッシュとなりました

オフェンス自体は悪くなく、あとはシュートを決め切るところでした。MF佐藤大(スポ3=東京・調布北)の1点は貴重だったと思います。

――後半は前半の課題をできましたか

後半は最後の試合の締めが良くなかったです。結局試合をばたつかせて2失点してしまったので、そこに関してはゲームメークが駄目だった結果だと思っています。

――ブロック戦を終えて、いまのチームの調子はいかがですか

上がってきていますが、メンバーを結構変えています。きょうの試合に関しては主将(畑田峻希、スポ4=福井・若狭)も副将(DF吉田茂高、教4=東京・早実)もいませんでした。そういう意味では完全なメンバーではない中での勝利だったので、ある程度満足しています。

――Bチームから上がってきた選手や2年生の出場もありましたね

きょう初めて出るメンバーも活躍してくれていたので、きょう出せて良かったと思います。

――ファイナル4まで1カ月ほど空きますが、どのように調整していきますか

合宿や練習試合でステップを踏んで、ファイナル4に向けて調整していきたいと思います。

――最後に意気込みをお願いします

とりあえず11年連続のファイナル4は決まって、一安心したところです。ここから心を入れ替えて、学生日本一を狙えるように頑張っていきたいと思います。

AT畑田峻希主将(スポ4=福井・若狭)

――きょうの試合を振り返って

内容的には、第4Qまで悪くなかったのですが、第4Qで相手がボールを奪いにきたときのこっちの対応が、これから先見据えていく上では全然良くなかったです。そこだけしっかり修正して、あとはシュート精度とパスの精度を上げていければいいかなと感じました。

――チームとして見えた課題は

グラボの激しさというのをずっと言っていて、あとはミスがどうしても最近多いです。プレーの精度をボール2つ分くらいの違いなんですが、そこをしっかり意識してシュート打つとかパス出すようにしています。

――9-2というスコアはどのように捉えていますか

ディフェンス陣は頑張ってくれて2点に抑えてくれましたが、やはりオフェンスで9点しかとれないというのはこれから先やっていくにはまだまだ物足りない数字だと思います。きょうは決め切れるシュートもかなりありましたし、そういうシュートをもっと決め切れればもっと点が増えるんじゃないかと思うので、もっと点が取れれば良かったなという試合でした。

――畑田選手ご自身の調子はいかがですか

僕は結構、体自体は仕上がっているので4年間のなかでは一番良いんじゃないかと思っています。あとはしっかりチームに戻ってコミットしてやっていきたいです。

――ファイナル4進出に向けて絶対に負けられない試合となりましたが、試合前にチームにどのような言葉をかけましたか

ここからは負ければ引退が懸かってくるので緊張感とか試合の大事さを伝えました。しっかりグラボをやって、切り替えを速くして、プレーの精度にこだわってといういつもやっていることを続けました。

――ファイナル4進出が決定しましたが、改めていかがでしょうか

とりあえずファイナル4に進めるということで、それはしっかりみんなで喜んでこれからはファイナル4に向けてやっていきたいです。リーグ戦通して課題がたくさん見つかったのでその課題を一つずつつぶして、おそらく慶大になると思いますが、しっかり勝ち切れるように強いチームをつくっていきたいと考えています。

AT山口俊(国教4=神奈川・湘南)

――ファイナル4進出が決まりました。いまの率直なお気持ちは

きょう負けていたらここで引退という可能性が高かったので正直ほっとしてはいます。ただ、こういうチームを相手に一方的な試合ができなくて、最後の方で失点を2回くらいしました。なんとなく流れを引き寄せ切れないまま終わってしまったかなという感じがするので、ほっとした反面まだまだこれから詰めていかなくてはいけない課題が浮き彫りになったとも思います。11月のファイナル4に向けて、ここでまたチーム一丸となって課題を克服していければなというのがいまの率直な気持ちです。

――きょうの試合では山口選手が先制点を挙げられました、ご自身のプレーを振り返っていかがですか

最初の2点に関してはATの小宮山(駿之介、法4=東京・早稲田)がしっかりいいパスを出してくれて、自分はそれを決め切るだけというかたちだったので、自分の得点というよりはチームの得点だと思っています。自分自身としてはATというポジションでオフェンスをコントロールし切れなかった部分があったのかなと感じています。それが結果的に後半のバタバタした展開につながってしまいましたし、取れるところで取りきれずに逆に相手に点を取られるというシーンも増えてしまいました。そういった意味でまだまだ自分自身のプレーは詰めが甘いかなと。今後負けられない試合が続くので、そういう詰めの甘い部分が出ないようにやっていければなと思っています。

――きょうの試合の前半は相手のディフェンスに阻まれてなかなか得点が決められませんでしたが、振り返っていかがですか

この前の明大戦のこともありますし、どういう試合展開になるかというのはチームとしては分かっていなかったので、どんな展開になろうともオフェンスは慌てずに1点1点取ろうという話はしていました。第1Qを2-0で終えて第2Qに入った時、1点ずつ積み重ねていけばいいんじゃないかという話をしていたので、チームの雰囲気は悪くありませんでした。どちらかというと第4Qでチームとしてミスが出てしまったところがきょうの試合を通してよくなかった部分かなと思います。

――後半は得点も多くありましたが、ハーフタイムはどのようなお話をされたのでしょうか

自分たちが想定していたより点差がつけられなかったので、3点のリードはあるけれどもう一度エンジンをかけ直して1点ずつ取ろうという話はしました。前半は思ったより点が取れていなかったのですが、後半エンジンをかけ直して5点取れたことは良かったです。ただ、きょうは10点、15点取れた試合だったと感じているので、決して満足はできない内容だったかなと思います。

――先ほど課題も見つかったとおっしゃっていましたが、ファイナル4までの約1カ月はどのような調整をしていきますか

まず間違いなく個人技術の向上という部分で、自分も含めてまだまだ一対一で勝ち切れていないところが多いと感じています。そこ(個人技術の高さ)が本来の早大の強みなので、しっかり高めていくというのが一点です。チームとしては、きょうの試合でもはっきりわかりましたが、点が取れるところで取り切れないという弱さもまだあります。きょうは学生相手だったこともあり逆転されずに終わりましたが、今後ファイナル4で慶大や社会人が相手になってくると一つのミスで流れが変わってしまって最終的に試合に負けるという展開も見えてくるので、チームとして詰めていかなくてはいけない部分だと思います。

――最後に、あらためてファイナル4への意気込みをお聞かせください

自分たち4年生はここから負けたらもう引退なので、自分を含め責任を持って一日一日の練習に取り組んでいきたいです。先ほどお話しした課題もしっかり詰めたうえで最高のプレーをして、最終的には関東制覇、学生日本一、そして真の日本一という風につなげていけたらなと思っています。

AT小宮山駿之介(法4=東京・早稲田)

――ファイナル4進出が決まりました。お気持ちはいかがですか

単純に良かったと思います。ですが、こんなところで喜んでいたら意味ないと思います。

――試合内容を振り返っていかがですか

シュートは放っているのですが、点が入らず苦しいところがありました。第4Qでは崩れてしまいました。どんな相手であろうとしっかり修正していかなければならないので、ファイナル4までに修正していきたいと思います。

――前回の敗戦からどのようにチームを立て直しましたか

根本的にまずは何をするにも精度が低いということをみんなで強く意識して練習しました。ですが、まだまだ足りないと思います。合宿もあるのでチーム一丸となって精度を上げるべく頑張っていきたいと思います。

――攻撃面を振り返っていかがですか

決め切れていないところがあったので、まだまだできるなと思います。悪くはなかったですが、15点くらいは取れたと思います。

――ファイナル4に向けてどんなところがカギになると考えていますか

得点力だと思います。10点以上取らないとこれから先は勝てないと思います。相手も点を取ってくるようになると思うので、ATで得点力を上げていきたいです。

―ご自身は2得点を挙げられましたね

1点目はフラグが飛んでいたので、強くいけました。思い切りよく行けたのが良かったと思います。自分の良さはそういうところだと思うので、思い切りよく強気でいく姿勢はこのまま変えないでいきたいと思います。

―最後にファイナル4に向けて意気込みとご自身の目標をお願いします

慶大戦ということで、伝統の一戦で注目度も高いと思うのでしっかりそれぞれが自分のプレーをして勝ち切りたいです。個人としては得点を期待されているので、試合に出たら必ず点を取りたいです。

MF池田直人(人4=東京・筑波大付)

――きょうの試合でファイナル4進出を決められましたが、率直な感想を教えてください

きょうで負ければ引退という可能性もあったので、しっかり勝つことができて良かったです。

――前半は相手の好セーブに阻まれる場面もありました

前半は勢いはありましたが、セーブされる場面が多く、ディフェンス機会が多かったです。ゴーリー中心にしっかり守れたので、そこが後半につながり最終的に勝利できたのかなと思います。

――俊足を生かしたクリアが見られましたが、ご自身のプレーを振り返っていかがですか

自分のポジション柄、相手からボールを奪ってクリアして、得点に結びつけることが自分の仕事なので、それができたのは良かったです。ただ、1回自分がシュートを打ったシーンがあったのですが、そこは試合状況を考えると、打ってはいけないところでした。今後はシュートセレクトというものをきちんと考えないといけないと思いました。

――ブロック戦を終えられてチームの調子はいかがですか

正直あまり良くないのかもしれません。ただ、ファイナル4が11月3日と決まっていることもあるので、そこに向けてしっかりと上げていきたいと思います。

――ファイナル4に向けてどのように調整していきたいですか

自分の武器であるスピードであったり、ディフェンスで勝利に貢献したいと思っています。そのような部分を練習して、得点に貢献できるようなプレーをしたいです。

――最後にファイナル4に向けて意気込みをお願いします

目標は社会人を倒しての日本一です。その第一関門であるファイナル4で、負けてはいけないと思っています。部員が一つになって、ファイナル4は完勝したいです。

DF黒瀬聡志(政経2=東京・錦城)

――前節は敗戦しましたが、それからどのような修正をしてきましたか

メイジでは引いてくる相手に対してこっちからボールを奪ってオフェンスにつなげることができなくて相手の流れになってしまいました。気づいた時にはもう遅いという感じだったので、どんな相手に対してもボールを奪えて攻撃できるように練習をしてきました。

――きょうの試合を振り返って

オフェンスが点数を取ってくれたので、落ち着いてできました。変な気負いもなかったのでそこは良かったです。

――ディフェンスは途中まで無失点でした

細かいミスもありましたが、ゴーリー(新町隼人、法4=東京・早大学院)のナイスセーブや、先輩がフォローしてくれたので、そこはファイナル4に向けて詰めるべき課題だと思います。

――最後に2失点してしまった要因は

リーダーシップを取れる人がいなくて、誰も主導権を握れる人がいなく、相手のいいようにと言いますか、主導権を握られてしまったのでそこが課題だと思います。

――ファイナル4進出が決まりましたが

自分は全然力になれていないので、これからどんどん力になれるようにしたいです。先輩たちとまだ少しでもプレーしたいので頑張ります。