バドミントン部

2015.10.13

全日本学生選手権 10月12日 大阪府立体育会館

手応えつかみ、3回戦突破!

 全日本学生選手権(インカレ)は大会3日目。男女ダブルスの3回戦までが行われた。男子ダブルスでは、古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)組と中里裕貴(スポ2=埼玉栄)・富岡寿将(スポ2=熊本・八代東)組が揃ってストレートで勝利。あさって行われる4回戦進出を決めた。一方の女子ダブルスは、シードの清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)・島田きらら(スポ3=青森山田)組と我妻美沙紀(スポ3=聖ウルスラ学院英智)・中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)組が順当に4回戦へと駒を進めた。

 団体戦の決勝戦で惜しくも法大に敗れた早大男子部。ダブルス2で出場しながら、悔しい敗北を喫した中里・富岡組は3回戦で法大ベアとのリベンジマッチに挑んだ。「3回戦って一度も勝ったことがなかった」(富岡)という相手を前に、序盤からなかなかリードを奪えない。力強いスマッシュを武器とする相手に離されまいと、シーソーゲームを展開する。チームメートからの応援を一身に受け、ボルテージを上げていった。相手の隙をついた巧みなプレーで、1ゲーム目を先取。インターバル後、2-7と5点のビハインドを許してしまう。「気持ちの面では自分たちの方が押していた」と富岡が語るように、気持ちがきれることはなかった。着実に得点を重ねていき、逆転に成功。その後追いつかれ同点となるも、冷静なジャッジや攻めのプレーが光った。両ゲームとも21-19でその差2点の接戦。苦手とする相手から貴重な一勝を挙げた。

法大ペアとの接戦を制し、笑顔を見せた中里・富岡組

 2回戦からの出場となった我妻・中西組。初戦は難なく突破し、3回戦に臨んだ。安定した実力を発揮し、続く2ゲーム目へ。「気持ちが緩んでしまった」(我妻)と、ミスが目立つようになった。流れに乗れず、イレブンを先取されてしまう。最大8点差から追い上げを見せたものの、19-21で惜しくも獲得することができない。「中西が焦っていた。先輩なので大丈夫と声をかけた」という我妻は、後輩である中西をリードしファイナルゲームに挑んだ。持ち味の粘り強さで長いラリーをものにする。連続ポイントで相手を突き放し、マッチポイントを迎えた。最後は中西の鋭いスマッシュが決まり、ベスト8入りをかけた4回戦への切符を手にした。

勝負強さが光った我妻・中西組

 全日本総合選手権(全日本総合)への出場がかかっている今大会。ベスト4に入ると、本戦への出場が推薦される。実業団のチームに所属する選手も参加する、国内でも有数の大きな大会だ。我妻は「ベスト8を目指して一試合一試合頑張っていきたい」と意気込みを語る。選手たちの目は、インカレだけではなくその先を見据えていた。

(記事、写真 佐藤亜利紗)

結果

▼男子ダブルス
▽4回戦進出
古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)
中里裕貴(スポ2=埼玉栄)・富岡寿将(スポ2=熊本・八代東)

▼女子ダブルス
▽4回戦進出
清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)・島田きらら(スポ3=青森山田)
我妻美沙紀(スポ3=聖ウルスラ学院英智)・中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)
▽1回戦敗退
シングルス2 三谷奈央(文構2=香川・高松第一)・松田美架(スポ2=茨城・茗渓学園)

関連記事

強豪・中大を撃破も、悲願の優勝はかなわず/全日本学生選手権(10/13)

男子は準決勝進出、女子は宿敵・筑波大に雪辱ならず/全日本学生選手権(10/11)

コメント

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――きょうの試合を振り返って

1試合目は自分たちのプレーができて、すごく良いかたちで入れました。2試合目では、1ゲーム目は良かったんですけど、2ゲーム目は気持ちが緩んでしまいました。自分たちでいっぱいミスをしてしまい、無駄に3ゲーム目まで試合をしてしまいました。次はしっかり気持ちを入れてやらなきゃだめだなと思います。

――3回戦の3ゲーム目はどのような気持ちで臨まれましたか

ちょっと中西(貴映、スポ2=埼玉・大宮東)が焦っていました。自分は一応先輩なので、大丈夫と声をかけました。そしたらちゃんと気持ちを入れて攻めることができたので、良かったと思います。

――持ち味の粘り強さを発揮できていたのではないでしょうか

お互いシングルスもやっているので、コートの中で動ける方です。ラリーをするときにお互い声をかけてできたので、それは良かったと思います。

――団体戦は3回戦敗退となってしまいましたが、振り返ってみていかがですか

団体戦はシングルスもダブルスも出ていて、試合が続いてしまうと体力もきつくなってきます。前から体力が必要というのは感じていたんですけど、3回戦の筑波大戦ではみんな足が疲れてしまっていました。(体力面は)まだ足りない部分だと感じました。

――個人戦での目標をお聞かせください

ベスト8に入ると、全日本総合選手権の出場権につながってきます。そこを目指して一試合一試合頑張っていきたいと思います。

――あすのシングルス、あさってのダブルスではそれぞれどのような戦い方をしていきたいですか

シングルスはラリーをすることが自分の持ち味なので、勝ち負けにこだわらず自分の試合ができればいいかなと思います。ダブルスは上を狙っていきたいので、攻める気持ちでしつかり勝っていきたいと思います。

富岡寿将(社2=熊本・八代東)

――3回戦では法大のペアとの対戦となりました。リベンジを果たせたのではないでしょうか

団体戦では勝てなかった法大の選手との対戦でしたし、3回戦った中で一度も勝ったことのない相手でした。とにかく向かっていく気持ちでいきました。

――シーソーゲームを展開されていましたが、意識されたことはありますか

気持ちの面では自分たちの方が押していたと思うので、そんなに意識することはなく試合ができたと思います。

――勝因は

きょうは技術どうこうとかいうことではなくて、ふたりで気持ちを入れていけました。あさっての試合でも一つ一つの試合に気持ちを入れていければと思います。

――ストレートでの勝利となりました

自分たちはファイナルでしか勝てないことが多くて、そこが問題点でした。2-0で勝てたことは次につながったと思います。

――きのうまでの団体戦を振り返って

キャプテンに頼ってしまって、自分たちの結果を出すことができませんでした。個人戦で借りを返せればと思っています。らいねんからはまた新しいチームになるので、自分たちを中心に戦っていけるように頑張りたいです。

――個人戦での目標をお聞かせください

今回はチャンスが広がっているので、勝ち上がって古賀輝(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一(スポ4=福島・富岡)組と戦いたいと思います。

――あさっての4回戦ではどのような戦い方をしていきたいですか

4回戦から全日本総合選手権の出場権をかけた戦いになってくると思うので、自分たちの力を精一杯出せるように頑張っていきたいと思います。