バドミントン部

2015.10.13

全日本学生選手権 10月11日 大阪府立体育会館

強豪・中大を撃破も、悲願の優勝はかなわず

 全日本学生選手権(インカレ)団体戦は2日目。初日をストレートで勝ち進んだ男子は、春、秋の関東学生リーグ戦(リーグ戦)で黒星を喫した中大との準決勝に臨んだ。熱闘は長時間に及び、シングルス3の古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)がチームを決勝へと導く。その後の法大戦も、2-2までもつれ込んだ。勝敗のカギを握る場面を任されたのは、またもや古賀輝。激しい試合を戦い抜いてきた古賀輝は、ここで連戦の疲れが出てしまう。フルゲームの末に敗れ、インカレ制覇はかなわなかった。

 宿敵・中大との大一番に、リベンジに燃えていた早大。シングルス2つを落としもう後がなくなるも、ここで再び負けるわけにはいかなかった。「正規ペアよりも勝てる可能性があったので、崩してみた」(古賀輝)と語ったようにダブルス1には古賀輝・富岡寿将(社2=熊本・八代東)組、ダブルス2には齊藤太一副将(スポ4=福島・富岡)・中里裕貴(スポ2=埼玉栄)組が登場。非正規のペアとは思えない息の合ったプレーでダブルスを連続で奪取し、望みをつなぐ。シングルス3の古賀輝は1ゲーム目を先取。素早いシャトルにも確実に対応して得点を重ねていく。最後はロングラリーから相手を崩してミスを誘い、古賀輝に軍配が上がった。リーグ戦の雪辱を果たし、古賀輝は全身でその喜びを表現。チームメイトも駆け寄り、早大は歓喜の声に包まれる。オーダーに変化をつけた戦術が功を奏し、早大が決勝への切符を獲得した。

中大との大一番で勝ち星をもたらし、喜びを爆発させた古賀輝とチームメートたち

 「一番取りたかったタイトルだった」と齊藤が語るように、4年生の団体戦への思いは強かった。ダブルス1の古賀輝・齊藤組は安定したプレーを展開し、マッチカウントを2-1とする。次に登場した中里・富岡組は時に雄たけびをあげ、力強いスマッシュを放っていった。迎えた最終ゲーム、相手にマッチポイントを握られる。見送ったシャトルはわずかにラインの内側に落ち、惜敗。中里は床に倒れ込むようにして、悔しさをあらわにした。ここまでチームをけん引してきた古賀輝に、すべてが託される。ジュースの末、あと一歩のところでで第1ゲームを落とす。イレブンは先取されたものの、細かなチャンスも確実に生かし、ゲームカウント1-1に持ち込んだ。早大が頂点に立てる―そう思われた矢先。「耐えられなかった」と語った古賀輝の疲労がピークに達する。身体を思うように動かせず相手に得点を許し、夢見た栄冠は法大の手に渡った。

奮闘するも、法大を下すことはできなかった

 「古賀輝ひとりに頼りすぎていた」と齊藤は悔しげに振り返った。優勝にすぐそこまで迫っていただけに、選手たちの無念の思いは計り知れない。あすからは個人戦という新たな闘いが始まる。昨年ダブルスで3連覇を逃した古賀輝は「優勝を奪還できるようにしたい」とその意気込みを述べた。落胆してばかりはいられない。団体戦では手にすることができなかった栄光を、個人戦でこそつかみとる。

(記事 橋本望、写真 佐藤亜利紗)

結果

▼男子団体
▽準決勝○3-2中大
シングルス1 松本康平(スポ2=埼玉栄)●1-2(21-19、16-21、16-21)
シングルス2 古賀穂(スポ1=福島・富岡)●1-2(19-21、21-15、14-21)
ダブルス1 古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・富岡寿将(社2=熊本・八代東)○2-1(18-21、21-18、21-19)
ダブルス2 齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)・中里裕貴(スポ2=埼玉栄)○2-0(21-18、21-19)
シングルス2 古賀輝○2-0(21-16、21-18)

▽決勝●2-3法大
シングルス1 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-14、21-13)
シングルス2 松本康平(スポ2=埼玉栄)●0-2(18-21、10-21)
ダブルス1 古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)○2-0(21-19、21-17)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)・富岡寿将(社2=熊本・八代東)●1-2(18-21、21-17、17-21)
シングルス2 古賀輝●1-2(20-22、21-17、9-21)

関連記事

男子は準決勝進出、女子は宿敵・筑波大に雪辱ならず/全日本学生選手権(10/11)

コメント

古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)

――きょうの中大戦では、ダブルスがいつもとは違う組み合わせでした。その意図は

ダブルスを2つ共取りたい、という考えでした。正規ペアよりも勝てる可能性があったので、崩してみました。

――中大には関東大学リーグ戦(リーグ戦)のリベンジを果たしました

春、秋のリーグ戦で両方とも負けていたので、結果的に(オーダーが)うまくはまってよかったです。

――きょうは2戦とも、勝敗のカギを握るシングルス3に出場されていました。プレッシャーはありましたか

無いと言ったら嘘になるんですけど、そこまで考えずにやっていて、いつも通りのプレーをしていれば勝てると思っていました。でもやっぱり最後、4試合目ということもあってガタがきちゃいました。そこで耐えられるような身体を持っていれば良かったんですけど、最後は、きょうはあっちは強かったっていうことですね。

――きのうからの疲労が溜まっていたということでしょうか

きのうからというよりは、きょう強い相手と4試合だったので、やっぱりそこで、耐えられなかったですね。

――ご自身にとって最後の全日本学生選手権(インカレ)の団体戦は2位という結果で締めくくりました。この結果についてはどう思われますか

自分たちが1年生の時から入って、4年間で最高順位が2位だったので、きょうは優勝したかったです。でも、最後のインカレで中大に勝てたことはうれしかったです。まあ2位でうれしがってもいいんですけど、優勝が見えていただけに悔しくはあります。

――きょうは女子部の選手も駆けつけて応援していましたが、その声は届いていましたか

そうですね。やっぱり力になりました。

――きょう、早大のチーム力を発揮することはできましたか

そうですね、チームはまとまっていたと思います。

――最後に、個人戦での目標を聞かせてください

きょねんは何も決勝に行けなかったし、優勝できませんでした。ダブルスはそれまで2連覇していたので、優勝を奪還できるようにしたいです。シングルスもできれば上を狙っていきたいです。ベスト4以上が目標です。

齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返って

自分たちの試合自体は余裕があったので、良かったと思います。やっぱり古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)ひとりに頼りすぎていたのかなと。チームの総合力や層の厚さがこれから重要になってくると思います。

――ワセダのチーム力はいかがでしたか

応援はまとまってできていましたし、チームワークは良かったんじゃないかなと思います。ですが、試合に出るメンバーは古賀輝が単複で2つ取るだろうと、どこかで思ってたんじゃないかなと思います。古賀頼みのチームだったのかなと思います。

――中大戦ではダブルスのペアを組み替えて臨まれたと思います

古賀輝が考えました。自分たちはずっと中大に負けてたので、勝つためにはダブルスで2つとって古賀輝のシングルスを取るしかないなと。そこで上手くはまったと思います。

――中大にはリベンジを果たしましたね

最後の最後で勝てたのは良かったと思います。ただ中大に勝っただけに決勝で負けてしまったのは悔しいですね。

――連日の試合でしたが

自分は2試合しかなかったですし、ハードな試合でもなかったので疲労自体はありませんでした。

――最後の全日本学生選手権となりますが

団体が一番取りたかったタイトルだったんですけど、そこでこけてしまいました。個人戦はきょねんベスト8で終わってますし、しっかり優勝して良いかたちで卒業を迎えられれば、いいんじゃないかなと思います。

――あしたからの個人戦に向けて

一つも取りこぼしがないように、全試合集中して、向かっていく気持ちでやっていきたいです