バレーボール部

2015.10.12

秋季関東大学リーグ戦 10月11日 東京・青学大記念館

止まらぬ連敗…収穫と悔しさ胸に前へ

 秋季関東大学リーグ戦(秋季リーグ戦)も佳境に差し掛かり、ここまで全敗の早大は東女体大と対戦した。東日本大学選手権で黒星を喫した相手ということもあり、「あの時やったからこそ勝ちたい」(唐木沙彩主将、スポ4=千葉・柏井)という特別な思いを持って臨んだ試合であった。毎セット接戦に持ち込むも、中盤以降引き離される苦しい展開に。セットカウント1―3(18-25、20-25、25-19、17-25)で敗れリベンジはならなかった。

 

 前回の対戦では立ち上がりの弱さが露呈し敗れた早大。この日は『最初の1点』を全力で奪いにいった。激しいラリー戦の末、関根早由合副将(スポ4=神奈川・橘)がブロックポイントを挙げ幸先の良いスタートを切る。その後も唐木を中心に攻守で持ち味を発揮し食らいつくが、終盤は相手の勢いに押されこのセットを落とした。続く第2セット。サーブが光り一時はリードを奪う。しかし、スパイクレシーブを崩され二段トスになる場面が散見されたほか、アタッカーとトスが合わないコンビネーションミスも重なり主導権を握ることはできない。ここ一番での集中力の差から、終盤は徐々に点差を広げられ失セット。後がなくなった。

相手の攻撃をブロックする関根

 一矢報いたい第3セット。またしても両者譲らぬシーソーゲームとなる。15-13と2点リードの場面で佐藤夢菜(文3=埼玉・狭山ヶ丘)をピンチサーバーとして起用。「ピンチサーバーと言うからには、チームの流れを変えることが必要」と語る佐藤がサービスエースを含む絶妙なサーブを放ち相手をかき乱す。同じくピンチサーバーの宇野櫻子(社3=神奈川・桐光学園)もサーブで崩し、流れは完全に早大に傾いた。アタッカー陣では及川香菜(スポ3=宮城・古川学園)の活躍が光る。堅いブロックにも屈せずワンタッチを狙った強烈なスパイクを連発。25-19と圧倒し勝利への望みをつないだ。第4セットも及川が得点を重ねるが、相手の攻撃がそれを上回った。レフトへの執拗(しつよう)なまでの移動攻撃に対応することができず、打開の糸口が見つからないまま試合終了を迎えることとなった。

途中出場し、サーブを打つ佐藤

 これで泥沼の7連敗となったが、暗闇の中で光が見えたのも確かだ。選手からも、「やっとバレーになってきた」(唐木)、「ワセダらしいバレーをこれまでで一番できた」(佐藤)といった前向きな声が聞かれた。秋季リーグ戦も残すところあと2試合。長いトンネルを抜け出すことはできるのか。この日得た収穫を糧に、次週早大バレーの結実を見届けたい。

(記事 川浪康太郎、写真 谷口武、渡辺新平)

セットカウント
早大 18-25
20-25
25-19
17-25

東女体大
スタメン
レフト 唐木沙彩(スポ4=千葉・柏井)
レフト 及川香菜(スポ3=宮城・古川学園)
センター 関根早由合(スポ4=神奈川・橘)
センター 森佳央理(スポ1=群馬・高崎女)
ライト 平山璃菜(スポ3=東京・文京学院大女)
セッター 芹澤友希(スポ2=茨城・土浦日大)
リベロ 中川知香(スポ2=神奈川・橘)
コメント

唐木沙彩主将(スポ4=千葉・柏井)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

やっとバレーになってきたなというのがあります。やっとバレーになってきたからこそ欲も出てきて、勝ちたかったな、勝てたなとかって思うようになりました。かたちになってきたことが今週二試合の成果だと思うので、来週につなげたいです。

――きょうは東日本大学選手権で敗れた相手との試合でした

東女体大とあのとき試合をして手応えがあって、次にやるときは勝てるなと思って練習してきました。でも、流れが悪く苦しい展開になってしまいました。あのときやったからこそ勝ちたいなという気持ちはあったので取れなくて悔しいです。

――きょうはトスが合わない場面が見られました

展開が速くなってしまうと、一本目が長く出てしまいました。セッターが我慢して見れないで慌ててしまってという場面がありましたが、一本目をゆっくり出していってあげられたら改善していくと思うのでチームの中で一本目の意識を高めていきたいと思います。

――サイドアタッカーはワンタッチやリバウンドをうまく取っていたと思いますが振り返ってみていかがですか

きょうはトスがいつもよりもストレートに伸びてきてくれていたので、それを利用して出すことができました。トスのおかげだと思います。

――きょうは相手の移動攻撃に対応できていなかったと思いますが、振り返ってみていかがですか

ライト側の攻撃からの展開というのが課題でありました。レフトの選手がそのブロードに対応してワンタッチを取れていれば後ろも楽に上げられていたと思うので、ブロードへの対応を課題のまま終わらせないようにしていきたいと思います。

――中盤以降に点差を広げられる展開が続いていたと思いますが、今後どのように改善しようとお考えでしょうか

勝ちが見えたとき、相手が勢いづいたときに我慢できなくて気持ちだけが先走ってしまっているので、そこで落ち着いて自分たちがやるべきことをしっかりと出せるように声掛けだったり、プレーはあとからついてくると思うのでメンタル面を強化していきたいと思います。

――次の試合に向けての意気込みをお聞かせ下さい

来週でリーグが終わるので、リーグの集大成としてしっかりとセット、ゲームを取っていけるようにしたいと思います。

及川香菜(スポ3=宮城・古川学園)

――東日本大学選手権でも対戦した東女体大相手でしたが、どのような対策で臨みましたか

東日本インカレで対戦して、ある程度攻撃パターンは分かっていたので対策を練っていたんですけど、相手もその対策に乗らないようにと頑張っていて自分たちが拾いきれなかったのかなと思います。

――最初の2セットを奪われた要因は

試合をしていて、負けているという感じは全然感じなかったんですが、相手よりも細かいミスはやっぱりあったかなと思います。

――きょうはブロックアウトが多かったですが、ワンタッチを狙ったスパイクを心がけていましたか

それもありますし、決めに行ったスパイクも多かったです。相手も自分の癖を見抜いていたので、そこをどう自分が考えて1点につなげられるかということを試合中考えながらやっていました。

――トスが合わない場面もありましたが、コンビネーション面の課題はどのようなところですか

1部は速いバレーをするチームが多いので、自分たちも速くしてしまうとそういうミスが出るので、1本目からしっかり自分たちのコンビが使えるレシーブだったりを意識すればそういうミスもなくなると思うので、そういうところを気をつけて残り2試合頑張りたいと思います。

――第4セットでは相手の移動攻撃に対応できませんでした

4セット目は、レフトへのトスが多くて自分たちも打ってブロックという動作を相手も分かっていて、相手がレフトから移動攻撃をしてくると絶対決まるという勝ちパターンを見つけたと思うので、そこから攻撃してきたんだと思います。

――最終週となる来週への意気込みを聞かせてください

このリーグ戦を通して、最初は悪いゲームというか自分たちのバレーができなかったんですけど、この土日はしっかりとした1部の土台に上がってそこからいい流れが来ているので、残り2試合は全員で勝ちに行きたいと思います。

佐藤夢菜(文3=埼玉・狭山ヶ丘)

――前日に続き内容のある試合だったと思われますが、試合はいかがでしたか

先週まではすごく苦しい試合が続いていました。どうにかしてこの状況を打破しなきゃいけないとチームで考えて、練習してつくり上げた今週の試合でした。今週も負けてしまいましたが、内容としてはみんなが一つになって、ワセダらしいバレーをこれまでで一番できたと思うので、それは収穫です。

――その中でピンチサーバーとして出場されていますが、きょうのプレーはいかがでしたか

自分はこれまでレギュラーとして出場させてもらっていましたが、その中で自分に足りないものがあってコートに入れていないのだと思います。足りない部分を補うことも必要だと思いましたが、チームのために外からでもできることを探した時に、ピンチサーバーかなと。なのでサーブを人一倍練習しました。サーブを打ってその後レシーブをするという役割を作ろうと思いやっていました。

――その足りないものというのはどうお考えですか

いまセンターを務めている森(佳央里、スポ1=群馬・高崎女)は機動力もあってセミトスで決める役割が全うできていると思います。センターの速攻を絡めていかないとサイドは厳しいという中で、センターの私が苦しいときにトスを上げてもらえるような信頼関係をセッターと築けませんでした。なのでいまは外れていると思います。

――ピンチサーバーとしての役割はいかがでしょうか

きょうは自分的に50点は与えられると思います。ピンチサーバーと言うからには、チームの流れを変えることが必要ですが、それを第3セットはできていたと思います。でもそれ以外はただサーブを打っただけで終わってしまって、ピンチを変えられるような選手にならないといまの私はチームにいる意味がないです。なのでもうちょっと満足できるようなピンチサーバーになるために練習を頑張りたいです。

――今週は内容が良くなってきたとおっしゃいましたが、では勝つために必要なことはどうお考えですか

念願の1部だ、という思いで、最初の方は挑戦者としての気持ちが欠けていました。負けるのが嫌、2部に落ちたくないという気持ちがみんなの中に少しずつあって、その気持ちを割り切って1点でも多く取ってやるんだという貪欲な気持ちを忘れてしまっていました。勝つために貪欲にやっていきたいです。

――リザーブの方々で声出しをされていますが、心掛けていることはありますか

コートに入ってプレーをできない以上は、中の人のために直接できることはないですが、自分もコートに入ったときにベンチの人が盛り上げてくれたら自分も乗れます。いまのワセダのメンバーは盛り上げてもらって乗っていけるチームだと思うので、そこは自分の力でチームのためにできることはないかと考えたときに応援は絶対必要だなと思うので、切らさないように全力で声掛けしています。

――残り2試合となりましたが、改めて意気込みをお願いします

あと2戦勝っても入れ替え戦があるかもしれませんが、今週の試合のようにみんなで一つになって貪欲に1点を取りに行くバレーをやれば、いい結果が付いてくると思います。この1週間の練習で、みんなで一つになるかたちをつくっていきたいです。

森佳央理(スポ1=群馬・高崎女)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは気持ちで負けないようにって自分の中で決めて試合に臨んだんですけど、やっぱり連続失点とか続いた時にちょっと気持ちが相手に負けてしまった場面が自分自身ありました。そこはしっかり強く持って、レフトにブロックが集まってる中センターはブロックが薄いのでそこでしっかり決めきれるようにしたいと思います。

――ご自身のブロックはどうでしたか

ブロックは、試合が始まる前に相手のコースとかを少しミーティングで見てから臨んだので、そこは結構コースとか絞ってブロックできたかなと思います。

――攻撃面でトスと合っていない場面が見られましたが、その点での課題はありますか

トスはセッターとのコミュニケーションでしたいなと思うので、しっかりこの一週間で調整していきたいと思います。

――サーブの出来はいかがでしたか

サーブは狙った所には行ったんですけど、崩しきれなかったので、そこはもっと自分のサーブを徹底して練習していきたいなと思います。

――試合の中盤から後半にかけて連続失点をしてしまう場面が多く見られますが、その原因は何だと思いますか

サーブで崩されて、トスが乱れてる中でも、決めきれないのと、レフトにブロックが集まってる中で一本自分に上がってきた時に、決めきれないのが弱さだと思うので、そこをしっかり練習していきたいと思います。

――次の試合に向けて一言お願いします

秋リーグを通して自分自身も、チームとしてもすごい成長してきていることには間違いはないので、自分たちを信じて、最後まで戦い抜きたいと思います。