ラグビー部

2015.10.12

ラグビーワールドカップイングランド大会 10月12日 英国・キングスホルムスタジアム

ついに立った大舞台、藤田W杯でトライを決める!

 とうとう出番が回ってきた。そして確かな足跡を残した。ラグビーワールドカップ2015イングランド大会(W杯)。南アフリカから大金星を挙げ、サモアに勝利して史上初の2勝を記録している日本代表は12日。3勝目を目指し米国代表と対戦した。これまで出場のなかった早大の副将WTB藤田慶和(スポ4=東福岡)はスタメン出場。前半にはトライを記録する。チームも堂々たる戦いで28―18の勝利。勇姿を見せ、白星を一つ加えて3勝で大会を終えた。

 PGで先制を許した日本代表だが、ラインブレイクした味方のキックを藤田が追走。これを確保し逆転のトライにつなげた。その後再逆転を許したが今度は味方のキックオフを藤田が手中に収める。そして形成されたモールに藤田が参加。最後は自分でインゴールにボールをねじ込んだ。WTBとは思えぬプレーだが、藤田ならではの積極的な攻撃参加で日本に活力を与える。今大会で一躍その名を広めた早大OBのFB五郎丸歩(平20スポ卒=現ヤマハ発動機)のPGで追加点を得た日本は17―8とリードして前半を終える。

 後半も日本代表の優位は揺るぎない。1トライ2PGを加え、常にリードを保ち続ける。藤田は力強いアタックで何度かゲイン。ディフェンスでも、対面は7人制ラグビーの世界的選手であるWTBザック・テストであったが、押し込まれながらもしっかりと食らいついて止めた。フル出場した藤田は28-18での勝利の瞬間をピッチで迎えた。

 今大会日本代表がなし得たことはあまりにも大きい。惜しくも8強は逃したが、南アフリカ代表からの勝利、史上初の3勝。1敗も中3日での不利が響いたものであり、伝統国偏重のラグビー界に大きな疑問符を投げかけたといえるだろう。何より長らく低迷していた国内のラグビー人気の起爆剤となり得る。そして最後に藤田も試合出場という形でその歴史の一員となった。今までは出ることができず悔しい思いもしただろう。しかしこの試合ではトライを決める活躍。試合のマッチテーブルにその名を後世まで刻むことになった。これで日本代表の長い旅はひとまず終わりを告げる。しかしすぐにまた新しい挑戦が始まる。次のW杯は日本開催。五輪では7人制ラグビーが追加された。そしてその主役と期待されているのが藤田だ。この大会の喜びと悔しさを、日本ラグビーの輝かしい未来のために。藤田は走り続ける。そして早大の副将としてラストイヤーを戦う日本の至宝に注目だ。

(記事 鈴木泰介)