卓球部

2015.10.07

関東学生チームカップAブロック 10月7日 駒沢体育館

女子部は2チームが準々決勝に進出

 秋季関東学生リーグ戦で4年生が引退し、新体制で迎えた初の大会となった関東学生チームカップ。早大からは男子が6チーム、女子が4チーム出場した。男子は初日で全チームが敗退する悔しい結果となるが、女子部は2チームが3回戦を突破しあす行われる準々決勝に駒を進めた。

 前年度優勝チームである早大Aは、4回戦をゲームカウント3-0のストレート勝ちで突破し上々の滑り出しを見せる。続けて行われた5回戦では中大Cとの一戦に臨んだ。平野晃生(スポ1=山口・野田学園)、上村慶哉(スポ2=福岡・希望ヶ丘)と順調に勝利を重ねるが、3番手で登場した竹岡純樹(スポ2=青森山田)がゲームカウント1-3で敗戦。勝利で勢いに乗る相手に4試合目も奪われ団体戦スコア2-2とされる。最後を任された上村だったが「相手に合わせてしまった」と、持ち味である力強いドライブ攻撃は鳴りを潜め団体戦スコア2-3の逆転負け。高田直騎主将(スポ3=福岡・希望ヶ丘)率いる早大Bも明大の層の厚さに屈し4回戦で姿を消すなど、早大勢は2日目に駒を進めることは出来なかった。

新主将に就任した高田

 新主将佐藤風薫(スポ3=岡山・就実)、1年生2人で構成された早大A。対戦した東洋大C、東京富士大Cを共にストレートで下し危なげなく準々決勝進出を決めた。また、2年生3人でチームを組んだ早大Bは3回戦で日大Aとの一戦に臨んだ。1番手・鳥屋真帆(社2=高知・明徳義塾)が激しい打ち合いを制し1勝を挙げるも、2番手・田中千秋(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)は敗れ団体戦スコア1-1とされる。しかし、そこから「競って競って、勝つことが出来た」(田中)と、その後の試合を2連勝で飾り勝利を収めた。

チームワークの良さで見事勝利した早大B

 4年生が引退して一か月がたち、高田主将、佐藤女子部主将の新体制となった早大卓球部。女子部は安定した強さを見せた一方で、男子部は全チームが敗退と反省点の多い結果となった。今月末には全日本大学総合選手権個人の部も控えるなど試合が重なるだけに、実戦での経験を次につなげたいところだ。

(記事、写真 久保田有紀)

結果

▽男子

4回戦

◯早大A3-0慶大A

●早大B1-3明大C

5回戦

●早大A2-3中大C

▽女子

3回戦

◯早大A3-0東京富士大C

◯早大B3-1日大A

●早大C0-3東京富士大B

※上位進出者のみ掲載。

コメント

上村慶哉(スポ2=福岡・希望ヶ丘)

――前年度覇者として臨んだ大会でしたが意気込みは

オープン大会なんですけど優勝というよりは自分のプレーが出来ればいいかなっていう部分でやりました。

――リーグ戦を終えてからどのような調整をしましたか

台から下がってしまったりと格下には勝ちやすいんですけど格上には勝ちにくいプレースタイルだったんでそれをもっと上のレベルで出来るように速い攻めを目指してやっていきました。

――きょうの試合ではうまくいきましたか

出来ていた部分と出来なかった部分が多いんですけど、頭の中で意識することが大事かなと思います。

――2-0とリードを奪ってから逆転負けという展開については

3番で竹岡が負けてしまって、自分がエースでしっかりと点を取ることが出来なかったので悔しいです。新チームになって僕が絶対に得点を取っていかなければいけないのでその部分でまだまだ足りないところがたくさんあるのかなと思います。

――ご自身の試合内容を振り返って

2番の試合は自分のプレーが出来たんですけど、最後の試合は相手に合わせてしまったところが多かったかなと思います。

――新体制になってチームの雰囲気はいかがですか

新体制になって消極的な部分が出てしまっているので、もっともっと、戦力ダウンしたんですけど、開き直って積極的なチームにしていければいいなと思います。

平野晃生(スポ1=山口・野田学園)

――今大会はどのような意気込みをもって臨みましたか

新体制になって自分がどこまで4年生の代わりを出来るかってところを意識してやっていきました

――リーグ戦を終えてからどのような調整をしましたか

リーグ戦でミスが多かったところを意識してやってきたんですけどやっぱりそこでミスが出て良くなかったですね。

――きょうの2試合を振り返って

個人の力を出せれば勝てる相手だったので勝てるっていうのはあったんですけど、2試合目は自分の中ではそういう感じだったんですけどこかで甘く見ていたところがあったかと思います。

――2-0とリードを奪ってから逆転負けという展開については

1番やってはいけないことだと思うのですごく反省しています。

――来週の全日本選手権団体の部への意気込みをお願いします

学んだことはあると思うので、そこをなんとかして修正していければいいなと思います。

佐藤風薫主将(スポ3=岡山・就実)

――きょうの2試合を振り返って教えて下さい

2試合ともストレートで勝つことが出来たので、富士戦は少し競ったんですけどしっかり決めることが出来てチームの流れとしても良かったんじゃないかなと思います。

――個人としての調子はどうですか

悪くはないかなと思います。最後の試合もちゃんと動けてたら軽く勝ててたかなと思います。動けてないなと思いました。

――4年生が抜けてチームの雰囲気はいかがですか

4年生が抜けても変わらずみんなで仲良く頑張っています。

――キャプテンという立場はいかがですか

仕事の面でも、いままでのように自分だけじゃなくて周りのことも気にしないといけないのでキャプテンって大変だなと改めて感じました。

――あすへの意気込みをお願いします

あしたの1試合目は大正大なのでまずはそこにしっかり勝って次のベスト4決定戦、決勝に臨みたいです。

田中千秋(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)

――きょうの2試合を振り返って教えて下さい

1試合目から、みんなで朝練習してから来たんですけど、しっかり良い調整が出来たので3-0で勝つことが出来て流れも良くて。2試合目は日大Aで自分が一本落としてしまったんですけど、他の2人が取り返してくれて。

――4番手の試合はチームの勝利を決める一番でした

逆にみんなで競って競って勝つことが出来たのでそういう面ではあすにつながる試合が出来たのかなと思います

――同期3人のチームですがチームワークはいかがですか

すごくいいです(笑)。

――新体制になっての雰囲気はいかがですか

新体制になって国体とか全日本選手権の予選があって集まるのも久しぶりな感じがするんですけど、それぞれ課題をもってやっている感じがするのでいいのかなと思います。

――あすへの意気込みをお願いします

あしたはもっと相手も強くなるし、一戦一戦頑張っていきたいです。