準硬式野球部

2015.10.05

東京六大学秋季リーグ戦 10月4日 早大東伏見グラウンド

目の前で歓喜 悔しいV逸/法大2回戦

法大2回戦
法大
早大
(早)●黒須、沼座、向江―松下

◇(二塁打)野村

 カード初戦を落とし自力優勝の可能性がなくなった早大はここから4連勝が優勝への最低条件と土俵際に立たされている。そんな中迎えた首位・法大との2回戦。3投手を注ぎ込み、苦しみながらも試合をまとめたが、またも打線は好機をつくりながら、それを得点につなげることができなかった。東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)はあと1カードを残した状態で、目の前で優勝を逃すという悔しい結果になった。

 先発はここまで好調を維持している黒須裕太(人2=栃木・真岡)。「ボールの走りも悪くなかったので、調子自体は悪くなかった」(黒須)と振り返るように、得点圏に走者を置いても、辛抱強い投球で試合をつくり、なんとか先発としての役割を果たす。しかし7回に1死三塁のピンチを招くと、遊撃を守る野村裕之(人4=高知・土佐)の悪送球のうちに勝ち越しとなる1点を献上してしまう。そうして打線の援護がなかなかもらえないまま迎えた9回。マウンドには7回途中からリリーフの沼座翔平(スポ4=広島なぎさ)。裏の反撃につなげたいところであったが、先頭打者にリードを広げられる左越え本塁打を浴びてしまう。この痛恨の失点に思わず天を仰いだ。

本塁打を浴びマウンドに立ち尽くす沼座

 この日も打線は悪い雰囲気を払拭することができなかった。2回、制球の定まらない相手投手の四死球で走者をため、バッテリーミスから意図せず絶好の好機を迎える。しかし肝心の得点は鈴木夏亥(社2=東京・早実)の中前打による1点のみにとどまった。それ以降は淡白な攻撃が続き、あっという間に試合は終盤へ。そんな中8回、中村大輔(商1=東京・早大学院)、松本憲太郎主将(スポ4=福岡・筑紫丘)の連打で逆転のムードを演出すると、ひときわ応援の声が大きくなる早大サイド。この勝負どころ、一気に代打攻勢で反撃をうかがうが、この場面でまさかの2者連続三振に倒れ、逆転ならず。終盤での度重なる好機を生かせず1―3で試合が終わった。

好機で三振に倒れる矢野匠(社2=東京・早実)

 4年生が引退することになる秋季リーグ戦に3季ぶりの優勝で有終の美を飾りたいところだったが、惜しくもその夢はかなわなかった。しかしまだ試合は残っている。「4年の集大成を下級生に伝えられるようにしたい」と沼座が意気込むように、今季最終カードである明大戦では『らしさ』を見せてほしい。

(記事 加藤耀、写真 大谷望桜)

関連記事

痛恨4失策…向江の力投むなしく自力V消滅 /法大1回戦(10/04)

今度は黒須だ!完投勝利で自力優勝の可能性復活/東大2回戦(10/01)

ようやく目覚めた稲穂打線、18得点で快勝!/東大1回戦(09/28)

コメント

沼座翔平(スポ4=広島なぎさ)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは良い試合というか、締まった試合ではあったのですが、ここ一番で自分が一発を打たれるなど、やはり勝てないのかなと思いました。

――勝ち越された場面からの登板でしたが、どのような心境で臨みましたか

後続を抑えられたのは良かったのですが、その後の自分の見逃し三振などで流れが変わってさらに1点を追加されてしまいました。やはり、きょうは僕の責任が大きいと思います。

――本塁打を打たれたのはどのような球でしたか

真ん中のストレートです。相手が投手だったので、ストライクを取りにいったら飛ばされました。

――試合中はブルペンなどで準備をしていることが多いですが、首脳陣の方からは中継ぎとしてどのようなことを言われていますか

毎回準備をしておけと言われているので、いつも準備はしています。しかし、今シーズンは向江(洋光、人4=大分上野丘)と黒須(裕太、人2=栃木・真岡)が良くて、僕が投げる場面がないので楽をさせてもらっています。

――リーグ戦優勝はなくなってしまいましたが、次週はどのように試合に臨みたいですか

自分が投げるのも、松下(和樹副将、先理4=静岡・掛川西)に受けてもらうのも最後になるので、4年の集大成を下級生に伝えられるようにしたいです。また、山口(将宏、スポ2=愛知・横須賀)は今季まだ投げていないのですが、山口も投げられるような試合展開ができたらなと思います。

――試合後の4年生だけのミーティングでもそのような話はありましたか

そうですね。来週は楽しんで勝とうということをみんなで確認しました。

向江洋光(人4=大分上野丘)

――9回リードを広げられてから無死二、三塁と大きなピンチでのリリーフとなりましたが、どのような意気込みでしたか

もうこれ以上点を取られたら、試合が決まってしまうということも分かっていました。それに沼座には、いつも自分が先発するときにリリーフで助けてもらっていたので、やはり逆の場面になったら助けてやろうと思ってマウンドに上がりました。

――完投から中0日での登板でしたが、コンディションは

もちろん良くはないのですが、もうあそこは気持ちでいくしかない、と思っていました。

――ベンチから見て、いまのチームの雰囲気や出来などはいかがでしたか

いつも通りの負け方というか、やはり打てないでミスが出て負けてというかたちだったので、決していい雰囲気とは言えないですね。

――優勝を逃しました。いまの率直な感想を教えてください

本当に秋季リーグぐらいは優勝して、最後にいい思いしたいと思っていましたが、残念ですし寂しいという気持ちが強いですね。やっと引退なんだな、と実感します。

黒須裕太(人2=栃木・真岡)

――きのう負けてしまってきょうを迎えましたが、どういった心境でマウンドに登りましたか

この試合負けてしまうと優勝がなくなってしまうので、自分の責任が重いな、と。絶対にこの試合は勝とうという気持ちでマウンドに上がりました。

――プレッシャーなどは

結構ありましたが、マウンドに上がって1回を抑えた時にはだいぶ落ち着いて、自分のピッチングができる、と思ったので、プレッシャーは最初ありましたが、試合が始まるとそれも解けてきて、だんだん自分のペースにもっていけたかな、と思います。

――きょうの調子というのはいかがでしたか

それほど悪くなく、どちらかといえば良い方だったかなと思います。ボールの走りも悪くなかったので、調子自体は悪くなかったと思います。

――目の前で法大の優勝が決まりましたが、いま、どういった気持ちですか

夏場からしっかり練習を積んできて、秋は優勝しようと4年生と約束して臨んだ秋のリーグだったので、その中で優勝を逃したのはとても悔しいですし、また、この法政が優勝したというのを自分達はしっかり目に焼き付けて、来年のリーグ戦に向けてまた頑張っていければと思います。

――秋季リーグ戦も明大戦を残すのみとなりました。意気込みをお願いします

優勝はなくなってしまったのですが、4年生とできる最後のリーグ戦の試合であるので、自分たちの野球をやって、ワセダらしさというのを明治戦で見せられればと思います。