野球部

2015.10.05

秋季リーグ戦 10月4日 神宮球場

3本塁打含む11安打、慶大打線が止まらない!勝ち点3で暫定首位へ/東大2回戦

東大2回戦
東大
慶大 ×
(慶)清水洋、小原大、○加嶋、三宮―小笠原
◇(本塁打)谷田5号満塁、横尾5号ソロ、山本泰3号2ラン(三塁打)山本泰(二塁打)山口、横尾、加嶋、沓掛、川崎晃

 東京六大学リーグ史上初の3者連続本塁打で圧倒した1回戦から一夜明け、東大との2回戦が行われた。7回まで均衡が保たれていたきのうの試合とは打って変わり、この日は試合開始からすぐ試合が動き出す。初回、チームの守備の乱れから窮地を招き先制点を許す。しかしその裏、山本泰寛(4年)の三塁打で流れを引き寄せ、谷田成吾(4年)の満塁本塁打で逆転。その後も着実に加点し、この試合計11安打、3本塁打で打線の強さを証明した。今季、ここまでチーム本塁打は17本。歴代チーム最多本塁打記録まで残り3本に迫る勢いの強力打線で圧倒した。

 先発はリーグ戦初先発となる清水洋二郎(2年)。初回、守備の乱れが相次ぎ、相手に先制を許してしまう。四死球も目立ちピンチを招く場面も見られたが、抑えるべきところでしっかりと抑え、3回をこの1失点に留めた。続く小原大樹(3年)は制球が定まらず、2失点。しかし5回以降は、3番手・加嶋宏毅(4年)の持ち前の制球力を生かした投球で追加点を許さない。先日の法大2回戦での黒星から見事立て直し、今季初勝利。ケガの影響もあって苦しんだ春を経て、加嶋のラストシーズンにかける思いは強い。

リーグ戦での登板は2回目、初先発の座を手にした清水洋

 一方の打線は、連日の好調ぶりを維持。不安要素の残る投手陣を援護した。一点を先制されて迎えた一回裏、山本泰が初球を三塁打とし、球場のボルテージが一気に上昇。その後、連続四球で無死満塁の絶好機をつくると、ここで打席にはきのうの3者連続本塁打の立役者の一人・谷田。初球から振りぬいた打球は、スタンドへ。満塁本塁打を放ち、一挙4点を加えて逆転した。さらに相手の失策から1点を追加し、この回計5点を挙げた。その後、何度も長打で好機を演出し、追加点につなげた。また2回には横尾俊建主将(4年)、8回には山本泰が一発を放ち、この試合で計3本の本塁打が飛び出した。谷田と横尾はどちらも今季5本目のアーチ。現在本塁打数リーグトップを2人でひた走っている。

1番打者・山本泰も今季ここまで3本塁打を放っている

 ついに3カード連続の勝ち点を手に入れ、暫定単独首位に躍り出た慶大。空き週を挟んで次に迎え撃つのは、ここまで全てのカードで勝ち点を奪取している強敵・明大である。大きなヤマ場となることは間違いない。きょうは前半で相手を大きく突き放していたため投手陣にもゆとりがあったものの、打撃ばかりにも頼っていてはいられない。強力打線を相手にも、好機を与えない安定した投球が求められる。次カード明大戦での勝利は、チームを目標とする賜杯に大きく近づけるはずだ。

(記事 加藤佑希乃、写真 千葉大輝、郡司幸耀)