野球部

2015.10.04

10月3日 秋季リーグ戦 神宮球場

史上初!3者連続弾で東大下す/東大1回戦

東大1回戦
慶大
東大
(慶)○加藤拓、三宮―小笠原、須藤
◇(本塁打)横尾4号2ラン、谷田4号ソロ、山口2号ソロ(三塁打)山本泰

 2カード連続で勝ち点を獲得し、波に乗る慶大。この日は現在リーグ最下位の東大を相手に迎えた。先発の加藤拓也(3年)は7回2安打8奪三振と好投するも、打線が7回まで1安打に封じられる。両チーム無得点のまま迎えた8回、先制点を挙げると続いて横尾俊建主将(4年)、谷田成吾(4年)、山口翔大(3年)の3者連続本塁打が飛び出した。そのまま5-1で試合終了となり、チームはリーグ戦5勝目を挙げた。

 エースが先発マウンドに戻ってきた。今季は中継ぎ、抑えとして大車輪の活躍を見せてきた加藤拓。この日は初回から140キロ台後半の直球を軸に三振の山を築き上げる。野手陣も好守でエースを盛り立てた。一方、リーグ屈指の破壊力を誇る打線は東大先発の宮台康平の前に沈黙。打線がつながらず、思い通りの攻撃ができない。円陣を組んで臨んだ7回、先頭の谷田が四球で出塁する。山口がしっかりと犠打を決め好機を演出したが、あと一本が出ずまたも無得点。するとその裏、東大は四球で出塁した4番に代走を送るなど1点への執念を見せ、慶大は2死二、三塁のピンチを招く。しかし加藤拓もエースの意地で代打を左直に抑え、先制点は許さない。

今季初めて先発のマウンドに上がった加藤拓

 ドラマが待っていたのは8回。8番・川崎晃佑(3年)が四球で出塁すると、好投を続けてきた加藤拓に代打・樋口慈(4年)を送る。犠打を試みるも捕手と交錯し、判定はまさかの守備妨害。大久保秀昭監督が猛抗議するも覆らず、嫌なムードとなる。そんな流れを断ち切るべく打席に立ったのは1番・山本泰寛(4年)。山本の目の覚めるような鋭い打球は適時三塁打となり、慶大待望の先制点を挙げる。なおも追加点の場面で、3番・横尾に回る。そして甘く入った5球目――左翼スタンドに吸い込まれた打球は今季第4号となる2点本塁打。慶大ベンチと応援席を大いに沸かせた。東大はたまらず投手交代したが、4番・谷田、5番・山口も本塁打を連ね、東京六大学リーグ史上初の3者連続本塁打という快挙を達成した。そして8回裏からは三宮舜(4年)が登板し、安定した投球で試合を締めた。

本塁打を放った山口。今季の慶大は毎試合で本塁打を放っている

 エースと主軸の活躍できょうも白星を挙げた慶大。次戦も勝利を収め、3カード連続の勝ち点を手に入れたい。唯一の不安材料は打線の好不調の波。投手陣の奮投が続くだけに、破壊力抜群の打線がさらにつながりを見せれば、王座奪還はより確実なものになるだろう。

(記事 田中一光、写真 河野美咲、三井田雄一)