野球部

2015.10.04

秋季リーグ戦 10月3日 神宮球場

小島が好投!序盤の4点を守り切り先勝/立大1回戦

立大1回戦
早大
立大
(早)○小島、大竹―道端

◇(二塁打)重信、道端、茂木

 「逆にスイッチが入った」(河原右京主将、スポ4=大阪桐蔭)。屈辱の2連敗となった明大戦から1週間。もう負けは許されないなか、チーム全体で強い気持ちを持ち、立大1回戦に臨んだ。打線は初回、好調を維持している 道端俊輔(スポ4=智弁和歌山)の適時二塁打で幸先よく2点を先制。その後も稲穂打線は細かく得点を重ねていく。投げては今季初先発となった小島和哉(スポ1=埼玉・浦和学院)が好投。7回から登板した大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)も粘りの投球を見せ、4-2で先勝した。

 試合は初回から動きを見せた。先頭打者の重信慎之介副将(教4=東京・早実)が左翼手の頭上を越える二塁打を放つ。後続も四球などで出塁し好機を演出すると、2死満塁の場面で打席には道端。「投手のために1点でも多く取ろうと思っていた」。甘く入った変化球を見逃さず、右翼線へと運び先制に成功した。続く2回、「なんとかして走者を返そう」と意気込んだ河原主将が右前適時打で3点目を奪う。さらに5回には相手の2番手・黒萩幸生の暴投の間に重信がホームイン。4-0と立大を突き放す。しかし6回以降はリリーフを担ったエース澤田圭佑の前に倒れ、さらなる追加点を挙げることはできなかった。

先制の2点適時二塁打を放った道端

 一方、投手陣は小島と大竹のリレーで4点を守り切った。重要な一戦の先発マウンドを託された小島は「野手に良いリズムを与えるような投球はまだあまりできていない」と自身の投球内容に辛口の評価を下したが、一球一球丁寧な投球で打ち取っていく。要所で三振を奪い、5回まで立大打線を1安打に沈める好投を見せた。ところが6回、先頭打者の出塁を許すとこの日最大のピンチを迎える。連打などで1死満塁とされると、内野ゴロの間に1点を献上。さらに二遊間を破られ2失点目を喫する。しかし幾度となく窮地を切り抜けてきたルーキーはここで慌てることはない。続く打者を空振り三振に抑え、相手に試合の主導権は渡さなかった。7回からは明大戦でケガから復帰した大竹を投入。持ち前の制球力で0点に抑えていく。9回こそ無死三塁とされるも、最後は強い当たりを自らキャッチしゲームセット。3回を投げて1安打無失点と、復調の兆しを感じさせた。

今季初先発、初勝利を挙げた小島

 序盤のリードを守り勝利を手にした早大。「すごく良い勝ち方ができた」と河原主将が振り返るように、投打共に調子は上向きだ。しかし、優勝に向け、負けることはできない厳しい状況は続いている。まずは目の前の立大2回戦で確実に白星を挙げることが最重要課題だ。「是非連勝して勝ち点を取りたい」(髙橋広監督、昭52教=愛媛・西条)。きょうの良い流れを引き継ぎ、勝ち点1を奪取できるか。目の離せない戦いはあすも続く。

(記事 大森葵、写真 豊田光司、土屋佳織)

☆早大OBの岩本堯氏が始球式!

始球式を終え笑顔の岩本氏

 東京六大学リーグ90周年を記念し、秋季リーグ戦では毎カード、各校のOBによる始球式が行われている。今週の担当を務めたのは、早大OBの岩本堯氏(昭28法卒) 。早大からプロ野球・読売に入団すると、その後大洋(現・横浜DeNA)に移籍し、チーム初のリーグ優勝と日本一に貢献。現役引退後は近鉄バファローズ第9代監督、他球団でもコーチを任され、数々の名選手を育て上げた。御年85歳ながら、見事なノーバウンド投球を披露。球場を大いに盛り上げた。

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(右) 重信慎之介 .421 左2 空振       四球    一ギ    二安
(二) 河原右京 .263 右飛 右安 死球    捕ギ    空振      
(三) 茂木栄五郎 .167 四球    左2    二ゴ    遊ゴ      
(一) 丸子達也 .056 一ゴ    二ゴ    空振       投ゴ   
(遊) 石井一成 .133 四球    見振       空振    三ゴ   
(捕) 道端俊輔 .333 右2    右飛       右安    左飛   
(中) 中澤彰太 .056 空振       中飛    三ギ       空振
(左) 川原孝太 .167    四球    右飛    空振       四球
(投) 小島和哉 .000    三ギ    空振               
  藤田恭輔 .500                   左安      
  武居直宏 .—                           
  大竹耕太郎 .000                         投ギ
早大投手成績
名前
小島和哉 1.32
大竹耕太郎 3.86
コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――立大1回戦を勝利したお気持ちはいかがですか

失点した回と最終回とピンチが2回ぐらいありましたが、よく粘り切ったと思います。

――序盤に得点し、逃げ切るかたちでしたが

相手も澤田(圭佑)選手がリリーフするなど、エース級ですからそう簡単に点を取れるものではないからね。最初取れた4点を守り切ったと思います。

――先頭打者が出て攻撃の流れを作っている印象でしたが

点が入らなくても、1死で二塁に送れて、たえずチャンスが続いてるというのが大事ですよね。そのためには投手の小島(和哉、スポ1=埼玉・浦和学院)が良い投球をしてくれて、守備のリズムがあるから相手打線も守備が長いから打てない、と。こちらは守備が短いから、チャンスが来る。ただそこで必ず適時打が出るわけではないですからね。ただきょうは守備のリズムが良かったと思いますね。

――あまり先発では使いたくないとおっしゃっていた小島投手が先発でした

そうなんですよね。ボール自体は一番強いものを持っていますからね。きょうと逆のパターン、大竹が先発で小島が3回を投げるというのが理想ですが。いまはちょっと大竹の調子もありますから、こういった使い方になりますね。

――6回の失点の場面では疲れが原因のように感じましたが

ボールのばらつきがありましたね。ただボールは差し込んでいたので、最後まで粘り切ってくれていたと思います。

――リリーフでは大竹投手が無失点に抑えてくれました

本人は満足はしてないですからね。まあまあじゃないですか、現状の彼からしたら。

――あしたの先発が気になるところですが

残った人でしょうね(笑)。

――意気込みをお願いします

是非連勝して勝ち点1を取りたいと思います。

河原右京主将(スポ4=大阪桐蔭)

――開幕からここまで、打線はかなり苦戦している印象ですが、研究されていると感じますか

 研究されているとは感じますが、その状況の中でも打てなければいけないと思っています。研究されるであろうということは自分たちでもわかっていたことなので、そんな中でもなんとかしていかなければと感じています。

――先週の明大戦では、春秋通して初めて勝ち点を落とすという結果になりました。チームの雰囲気はいかがでしたか

負けはしたのですが、それで逆にスイッチが入ったというか。明大相手に勝ち点を落とした後になって、春と同じようにやっていては勝てないということがわかったので、チームの雰囲気はむしろ良くなっています。

――きょうの試合の印象はいかがでしたか

きょうは初回から打線がつながって点が取れていたので、すごく良い勝ち方ができたと思います。

――ご自身にも2回に適時打が飛び出しました。好機でしたが、どのような思いで打席に向かいましたか

1点が欲しい場面だったので、なんとかしてランナーを返そうと思っていました。

――河原選手にとっても今季はラストシーズンになりますが、かける思いはいかがでしょうか

日本一になったからには、このまま秋負けて終わるということはできないので。もう一度、日本一になりたいという気持ちはとても強いので、ここからさらにギアを上げてやっていきたいと思います。

――ご自身にとってはどのようなシーズンにしたいでしょうか

春以上の成績は残したいですね。

――プロ志望届も提出されましたが、そのきっかけはありますか

昔から夢で、ずっと目標にしてきたことだったので。それに向けてアピールしていきたいと思います。

――あすも負けられない試合が続きますが、カギとなるのはどのような部分でしょうか

守備から崩れないというところですかね。守備がしっかりできていれば、打線もおのずとついてくると思うので。守りでミスをしないということを心がけています。

重信慎之介副将(教4=東京・早実)

――今季ここまで好調を維持していますが、その要因は何だと考えますか

最後のシーズンなので思い切りやるしかないという意識でやれていることかなと思います。

――これまでと変えているところはありますか

特にはないのですが、気持ち良くスイングできています。気持ちの面だと思います。

――長打も増えています

元々長打が打てないわけではなかったのですが、たまたまリーグ戦では打てていなくて、秋は何本も打てているのでそこはいい点かなと思います。リーグ戦前も長打がいくつか出ればいいなと思っていたので、それが結果に出て良かったです。

――プロ志望届を出されましたが、どのような思いで出したのですか

指名していただけるかは分からないのですが、自分ができることをしっかりやればアピールにもチームへの貢献にもなるので、しっかりやっていきたいと思います。自分がやれば結果は神のみぞ知るだと思うので、一生懸命やるだけです。

――明大戦で連敗して負けられない戦いでしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

負けられないのはもちろんなのですが、6連勝するぞという気持ちで立大戦に臨みました。

――今後の戦いの中でどのような活躍をしていきたいですか

毎年、毎リーグのように言っていますが、自分が(塁に)出れば毎回得点を狙えますし、相手に嫌がられるような攻撃をしていきたいです。

道端俊輔(スポ4=智弁和歌山)※囲み取材より抜粋

――初回の場面が大きかったと思いますが2死という嫌な場面からでしたが

明大戦は満塁の時に打てなかったので、きょうは投手のために1点でも多くとろうと思っていました。

――先週は連敗となりましたがチームの雰囲気などは

もっとがたっといくかなと思ったのですが、みんな前向きに捉えていました。悪いところもつぶせたので、チームとしても良い方向に進んでいるのではないかなと思います。

――小島和哉投手(スポ1=埼玉・浦和学院)は今季初先発でしたが

絶好調という感じではなかったのですが、しっかりと投げてくれていましたね。あとはやはり先制する展開だったので、楽に投げることができたのではないかなと思います。春はそういう展開が多かったので、自分たちの野球ができて小島を生かせたと思います。

――早慶戦まで何が起こるかわからないという話を監督がしていましたね

やはり春に慶大が2連敗して、そこから優勝争いに絡んできたので、本当に何があるかわからないです。チームとしては負けられない状況で、6連勝目指してやっています。とりあえず一つ一つやっていきたいですね。

茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)※囲み取材より抜粋

――調子は上がってきましたか

ボールの見え方自体は東大戦に比べたらよくなってきていると思います。

――きょうの二塁打を振り返って手応えなどはいかがでしたか

もう少し強く振りたかったのですけれど、芯に当たっていいところに飛んでくれたのでヒットになってよかったです。

――きょうまではどのような課題を持って取り組まれてきましたか

強く振るということがありました。東大戦では強く振れていなかったので、打席の中で強く振るということをテーマにおいて練習もやってきました。

――もう少し状態が上がってくればという思いもあるのではないですか

もう少し打球に角度がついてくればいいなと思うのですけれど、自分の状態自体もまだ全然上がってきていないので、そこがもう少し上がってくれば自然と打球にも角度がついてくるのではないかなと思います。

――春に比べて今の状態というのはどのくらいなのでしょうか

20パーセントくらいですかね。全然だめですね。

――そんな中でも少しずつは振れるようになってきたとは感じていますか

少しずつ強くは振れるようになってはきたので、後はタイミングが合えばという感じですね。

――先週は明大に勝ち点を譲りましたが、この一週間の思いというのは

明大戦の前に比べたら正直元気という点では劣っていたと思うのですけれど、引きずらなかったというかうまく立大戦に切り替えられてはいたと思うので、その中できょうの第一戦目に勝てたというのは大きかったと思います。

大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)

――久々のリリーフ登板でした

調子が悪い中でそれなりにまとめることができたので、良かったと思います。

――2点差での投球となりましたが

同点とか1点差よりも点差があって、気持ちの面では楽に投げることができました。しかし最後ピンチで逆転されてもおかしくないような展開をつくってしまったので、それは反省してやっていきたいと思います。

――結果としては3回無失点でしたが、前回の登板から修正した点はありますか

フォームは少し良くなっているかなと思います。全然(前回登板から)期間が空かなくて連続の週だったんですけど、自分なりになんで悪いかを考えて練習をしてきたので、それなりにまとめることができたと思います。あしたも勝って、次は空き週になるので、その2週間で完成度を上げていければと思います。

――苦しい展開となった9回を振り返って

(先頭打者に対してカウントを)ノースリーにしてしまって、四球を出すよりは打たれた方が良いかなという心境のなかでのスリーベースでした。結果的に点を取られなかったという点に関しては良いかなと思うんですけど。やはり四球で走者を出すというのはヒットと同じようなものなので、それをなくして、きょうも3イニングで3つ出してしまったのでそこを修正していきたいと思います。

小島和哉(スポ1=埼玉・浦和学院)※囲み取材より抜粋

――リーグ戦での先発には重みを感じますか

そうですね。緊張しました。

――きょうはどのようなところに注意してなげましたか

まずは点を取られないということと、あとはリズムやテンポに気を付けていたのですが、2アウトからフォアボールを出してしまって、3人で終わる回が1回しかなかったのは先発をやるにはまだまだなのかなと思います。

――5回までは1安打と好投でしたがご自分の評価は

ヒット数はあまり気にしていないのですが、野手に良いリズムを与えるような投球はまだあまりできていないので、きょうの投球は自分の中では微妙です。

――先発の方がやりがいは感じますか

そうですね。それは先発の方がありますし、投げていて楽しいです。投げる前は嫌だなと思うこともあるのですが、マウンドに立つと何も考えなくなるので。

――この夏はどのような練習をしてきましたか

春はただがむしゃらに投げることが多かったので、そうではなくて一球一球丁寧に、力を入れるところは入れて、力を抜くわけではないですがキレで勝負するところはそうするようにイメージしてきました。

――オール早慶戦の際にはあまり調子が良くないと言っていたストレートの調子はいかがですか

まだ逆球が多いのですが良い球が投げられるようになってきたのでそれをコンスタントに投げていきたいです。

――残りの試合での目標は

やはり春より秋の方がバットを振れているバッターが多いので、そこで抑えられてなんぼだと思っているので、自分の力を試していきたいです。