準硬式野球部

2015.10.01

東京六大学秋季リーグ戦 9月28日 早大東伏見グラウンド

今度は黒須だ!完投勝利で自力優勝の可能性復活/東大2回戦

東大2回戦
東大
早大 ×
(早)○黒須-松下

◇(二塁打)松下

 圧巻の投球だった。東大2回戦で先発のマウンドを任されたのは、黒須裕太(人2=栃木・真岡)。今季好調を維持し続けているこの男が、この試合でも躍動を見せる。9奪三振の圧巻の投球でリズムをつくると、失点を許したのは5回の2点のみ。大事な一戦で完投し、チームの勝利に貢献した。一方打線はこの日も初回に先制をすると、終盤まで集中力を切らすことなく5得点。投打がかみ合い、負けられない戦いを制した。また、同節に行われた慶大対立大において、立大が引き分けを挟む3日間の戦いの末勝ち点を獲得。それにより、再び早大に東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)自力優勝の可能性が復活した。

 久々に表れた照り付ける日差しと、この天気を待っていたとばかりに鳴り響くセミ時雨。夏を思わせるような気温の高さの中でも、黒須の球威が落ちることはなかった。黒須はことしの春季リーグ戦でも東大戦に登板。その際はスタミナ切れが要因となり6回4失点を喫し、ほろ苦い公式戦先発デビューとなった。そこからひと夏を越えて迎えた秋季リーグ戦。第2先発としてここまで3試合に先発登板し、その実力の高さをいかんなく発揮してきた。秋季リーグ戦優勝のためには絶対に落とせないこの試合でも、暑さをものともしない投球で東大打線を次々に抑えていく。5回に長打を浴び2点を失ったものの、その後は安打を許すことなく東大打線を抑え切った。「(先発でも9自分の投球ができるようにはなってきている」(黒須)。春に悔しさを味わった若き右腕は、チームの大黒柱として着実に成長を遂げた。

ピンチを乗り切り胸をなでおろす黒須

 守備でできた良い流れのままに、打線もしっかりと役目を果たした。初回、2つの四球に相手バッテリーのミスも重なり得点圏に走者を進めると、松下和樹副将(先理4=静岡・掛川西)が右中間への適時二塁打を放ち先制をする。また、同点に追いつかれた6回にも、四球と安打で2死ながら満塁の好機を演出。続く吉田良平(スポ3=岐阜東)が四球を選び、押し出しで勝ち越しを決めた。この日、吉田は無安打ながらも5打席で3四球。2番打者らしい粘りの打撃と、高い出塁率でチャンスメークに貢献した。早大打線はその後も攻撃の手を緩めることなく、8回にもさらに追加点を挙げ勝利を手繰り寄せた。

先制打を放った松下

 いよいよ秋季リーグ戦も佳境に迫る。自力優勝の可能性を残し、次に挑むは春季リーグ戦優勝を果たした法大と、2位の明大。昨季、早大はこの2校から勝ち点を獲得することができず、悔し涙を流した。特に法大は今季も現在首位を走っており、厳しい戦いが予想される。最後にして最大の山場がついにやってきた。早大は1つでも黒星がつけば賜杯から一気に遠ざかることとなり、依然として負けは許されない。東大戦の2連勝で弾みをつけた勢いそのままに、万全の態勢で法大戦に臨む。次の試合で勝利を手にすることができるのか――。その結果は天のみぞ知る。

(記事、写真 杉田陵也)

関連記事

ようやく目覚めた稲穂打線、18得点で快勝!/東大1回戦(09/28)

打線が沈黙、屈辱の完封負け/慶大2回戦(09/07)

好機生かせず 初戦を落とす/慶大1回戦(09/06)

コメント

黒須裕太(人2=栃木・真岡)

――きょうの投球を振り返っていかがですか

きょうは調子があまり良くなくて苦しい場面が多々あったのですが、その中でもなんとか2点で乗り切って勝利に貢献できたことは良かったと思います。

――きょうは打者が構えたらすぐ投げるほどのテンポの良さでしたが、捕手・松下和樹選手(先理4=静岡・掛川西)とのサイン交換はどのようにしていますか

(松下選手を)信頼して投げようということは決めているので、サインはすんなりといつも決まります。

――先発投手を務めることには慣れてきましたか

以前よりは慣れてきて、自分の投球ができるようにはなってきていると思います。これからも、自分のピッチングができるようにしっかりと調整をしていきたいです。

――先発投手としてスタミナの配分はどのように考えていますか

あまり序盤は飛ばさないようにとは思っているのですが、入りは自分の課題でもあるので、最初は(相手を)しっかりと抑えて、その後自分のペースになって来たら少し(力を)抜いて投げることは心がけています。

――これから法大戦、明大戦がありますが、そこに向けてもきょうの勝利で弾みをつけられたと思います

そうですね。自分たちは勝つしか優勝がないので、東大に2連勝したというのは大きいと思います。この勢いのまま法政、明治にぶつかっていきたいです。

――最後に優勝が懸かる残り2節への意気込みをお願いします

自分のピッチングをして勝利に貢献していければと思っているので、しっかり準備して臨んでいきたいです。