ラグビー部

2015.09.30

関東大学対抗戦 対筑波大 9月27日 埼玉・熊谷ラグビー場

2戦連続零封。筑波大に勝利

 立大に圧勝し、今季順調な滑り出しを見せた明大が関東大学対抗戦2試合目、筑波大に挑んだ。ゲーム全体を通して攻め込まれる場面はあったものの、持ち味の堅いディフェンスで押し返し、最後までインゴールを割らせず。アタック面でも、素早い展開とパスワークで計4トライを奪い、26-0で勝利を収めた。

 前半序盤、明大はたびたびボールを奪うが、ミスもあって攻め切れず、流れをつかめない時間帯が続いた。しかし27分、相手のペナルティーでタッチキックを得ると、このラインアウトからフッカー中村駿太主将が押し進み、最後はフランカー桶谷宗汰がゴール右横にトライ。ついに試合の均衡を破った。これで勢いに乗ると、続く30分にはゴール前のラックから、SH浜野達也のトリッキーなパスに走り込んだFB田村熙がグラウンディング。そして前半終了間際、一度は相手インゴール内でボールを置けず、スクラムになるものの、ここでも浜野がグラバーキックでチャンスメイク。これをCTB梶村祐介が上手く抑え、21ー0で前半を折り返した。

最初のトライで試合の流れを引き寄せた桶谷

 このまま走ると思われたが、後半はやや失速。得点は25分に挙げたCTB松浦康一の1トライにとどまり、ひたすら自陣での守備を強いられる展開に。それでも集中力を切らすことなく、鋭いタックルで筑波大の猛攻をしのぎ切った。最後はインゴール内で相手のノックオンを誘い、ここでノーサイド。なんとか粘り切り、26-0でゲームを終えた。

田村は1トライ3ゴールを挙げた

 決して楽な試合ではなかっただろう。ただ、ここで勝ち切れるのが今季の明大だ。0点に抑えたディフェンスはもちろんのこと、変則的なパスやキックを使える柔軟性、全員のハードワークに裏打ちされたスピーディーな攻撃が大きな強みとして機能している。今後、セットプレー、チャンスの場面でのプレー精度、リザーブを含めたチームの底力がより高まれば、周りの大きな脅威となるに違いない。

(記事 井上陽介、写真 寒竹咲月、辻本紗支子)

関東大学対抗戦
明大 スコア 筑波大
前半 後半 得点 前半 後半
21
26 合計
【得点】▽トライ 桶谷、梶村、松浦、田村 ▽ゴール 田村(3G)
※得点者は明大のみ記載
関東大学対抗戦Aグループ星取表(9月27日現在)
  帝京大 早大 明大 慶大 筑波大 青学大 立大 日体大
帝京大 11/1 14:00

秩父宮
11/15 14:00

秩父宮
10/18 14:00

秩父宮
11/29 14:00

上柚木
○108-12 ○110-7 10/4 14:00

帝京大G
早大 11/1 14:00

秩父宮
12/6 14:00

秩父宮
11/23 14:00

秩父宮
10/12 14:00

秩父宮
10/4 14:00

熊谷
〇57-12 11/8 12:00

敷島
明大 11/15 14:00

秩父宮
12/6 14:00

秩父宮

11/1 11:40

秩父宮
〇26-0 10/11 12:00

熊谷
〇90-0 10/18 11:40

秩父宮
慶大 10/18 14:00

秩父宮
11/23 14:00

秩父宮
11/1 11:40

秩父宮
〇33-23 12/6 14:00

熊谷
10/11 14:00

熊谷
〇66-12
筑波大 11/29 14:00

上柚木
10/12 14:00

秩父宮
●0-26 ●23-33 10/25 14:00

熊谷
11/1 12:00

三ツ沢
11/14 14:00

江戸川
青学大 ●12-108 10/4 14:00

熊谷
10/11 12:00

熊谷
12/6 14:00

熊谷
10/25 14:00

熊谷
11/14 14:00

三ツ沢
〇57-10
立大 ●7-110 ●12-57 ●0-90 10/11 14:00

熊谷
11/1 12:00

三ツ沢
11/14 14:00

三ツ沢
11/29 12:00

上柚木
日体大 10/4 14:00

帝京大G
11/8 12:00

敷島
10/18 11:40

秩父宮
●12-66 11/14 14:00

江戸川
●10-57 11/29 12:00

上柚木
※秩父宮は秩父宮ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、熊谷は熊谷ラグビー場、敷島は群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場、三ツ沢はニッパツ三ツ沢球技場、江戸川は江戸川区陸上競技場。
関東大学対抗戦Aグループ順位表(9月27日現在)
順位 チーム 試合 得点 失点 得失 トライ
帝京大 218 19 199 32
明大 116 0 116 18
慶大 99 35 64 15
早大 57 12 45 9
青学大 69 118 -49 11
筑波大 23 59 -36 3
日体大 22 123 -101 3
立大 19 257 -238 3
勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。