野球部

2015.09.29

秋季リーグ戦 9月28日 神宮球場

強力打線、復活!勝ち点奪取で同率首位に/法大3回戦

法大3回戦
慶大
法大
(慶)三宮、亀井、○加藤拓—小笠原
◇(本塁打)山本泰2号ソロ、横尾3号満塁、山口1号ソロ(二塁打)山本泰、山口2

 やはり、この強さは本物だ。前日の法大2回戦ではわずか3安打に抑え込まれ、黒星を喫した慶大。自慢の重量打線が鳴りを潜め、チームの好調ぶりにも急ブレーキがかかったかと思われた。しかし、迎えたきょうの3回戦では打棒が見事に復活を遂げる。先制こそ許すものの、横尾俊建主将(4年)の満塁弾を含む3本塁打で法大投手陣を粉砕。11安打8得点の快勝で勝ち点を奪取し、同率首位へと躍り出た。

 きのうの鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように、慶大打線が火を吹いた。まずは1点ビハインドで迎えた3回、この回先頭の山本泰寛(4年)が左翼席にソロ本塁打を叩き込む。その後はまたもリードを奪われるが、4回に相手投手が交代すると、その代わり目をとらえた。安打と死球で満塁とすると、山本泰が四球を選び、押し出しで1点を返す。なおも満塁で、打席には横尾。振り抜いた打球は、左翼手のはるか頭上へ。逆転満塁弾を放った主将は、笑顔でダイヤモンドを一周した。5回にも山口翔大(3年)の右越えソロで1点を追加。以降は法大・熊谷拓也の前に無得点に抑え込まれるが、8点という十分な援護を投手陣にもたらした。

逆転の本塁打を放った横尾

 一方の投手陣。先発の三宮舜(4年)は初回からボールを先行させ、先制を許してしまう。3回には法大主将の畔上翔に2点本塁打を浴び、3回3失点での降板となった。2番手の亀井倫太郎(2年)も連打を許し、さらに失点を喫する。流れを変えるべく、続いてマウンドに上がったのは加藤拓也(3年)。途中出場の一塁手・清水翔太(2年)の好守備もあり、淡々と相手打線を打ち取っていく。7回には突如制球を乱し1点を奪われるが、気迫のロングリリーフで勝利投手となった。

今季3勝目を挙げた加藤拓

 強力打線が息を吹き返し、破壊力を見せつけたきょうの試合。しかし、ひとつ心配されるのが、5打数無安打に終わった4番・谷田成吾(4年)だ。開幕カードで3試合連続弾を放ったが、法大戦では3試合でわずか1安打。さらなる打線の強化のためには、この男の復調は不可欠だ。また、未だ盤石とは言えない投手陣の再建も急がれる。暫定首位として迎える次なるカード、相対するのは東大。今季も早大、法大を相手に善戦するなど、着実に力をつけている侮れない相手だ。若き血たぎる陸の王者が見据えるのは頂のみ。来週も栄光へのアーチを描いてみせる。

(記事 芦沢仁美、写真 郡司幸耀、豊田光司)

関連記事

慶大打線に赤信号…主将一発も空砲、法大に完敗/法大2回戦(9/27)

慶大打線が止まらない!3本塁打で法大を粉砕/法大1回戦(9/27)

横尾・谷田のアベック弾!立大から勝ち点奪取/立大3回戦(9/14)