野球部

2015.09.27

秋季リーグ戦 9月27日 神宮球場

慶大打線に赤信号…主将一発も空砲、法大に完敗/法大2回戦

法大2回戦
法大
慶大
(慶)●加嶋、亀井、小原大、清水洋—小笠原
◇(本塁打)横尾2号ソロ

 きのうの大勝から一夜。連勝で勝ち点をものにしたい慶大だったが、今季初先発の加嶋宏毅(4年)が5回途中7安打3失点と踏ん張れず。ここまで好調だった打線も散発3安打、横尾俊建主将(4年)のソロ本塁打による1点に留まり、大学初先発となった法大の1年生右腕・菅野秀哉を最後までとらえることができなかった。結局、菅野に初先発初完投、初勝利を献上。慶大には悔しい一戦となった。

 打線は水もの、とはよくいったものだ。この日の慶大打線にきのうの面影はなかった。初回、先頭打者・山本泰寛(4年)の二塁打で波に乗るかと思われたが、犠打や盗塁の失敗もあり無得点。130キロ台後半の直球を中心とした菅野の投球を前に、以降6回まで得点・安打ともスコアボードに『0』が連なった。4点を追う7回に横尾が今季第2号となるソロ本塁打を左翼スタンドへ運び、ついに反撃ののろしをあげたかと思われたが、後陣続かず試合終了。主砲・谷田成吾(4年)も今季初の無安打に終わり、法大ベンチの期待に応えた菅野の無四球投球に為す術が無かった。

ここまで相手を圧倒してきた強力打線は鳴りを潜めた

 法大の新星・菅野に対して、慶大の先発はラストシーズンを迎えた加嶋。昨季の法大戦、劇的な逆転サヨナラ負けで敗戦投手となった加嶋にとって、リベンジの舞台となるはずだった。しかし初回こそ三者凡退に仕留めたものの、2回に4本、5回に3本の集中打を浴び計3失点。5回途中でマウンドを譲り、またもや悔しい敗戦投手に。変化球を中心にストライクを先行させる持ち味こそ見せたが、法大打線がコンパクトなスイングで甘い球を捉え、次々と外野の前へボールを運んでいった。後を受けた投手陣も、小原大樹(3年)こそ危なげない投球を見せたが、亀井倫太郎(2年)と清水洋二郎(2年)は不安を残す結果となった。

久々に先発を任されるも、悔しさの残る投球となった加嶋

 前日までの破壊力ある姿から一転、相手の手玉に取られた慶大打線。長いリーグ戦、打線頼みでは勝ち抜けないことが証明された一戦となった。エースの加藤拓也(3年)や三宮舜(4年)に加えて、この日登板した加嶋らの奮起なくして慶大の王座はない。今こそ、慶大投手陣の意地を見せる時だ。 

(記事 安本捷人、写真 藤川友実子、中川歩美)