野球部

2015.09.28

秋季リーグ戦 9月27日 神宮球場

好機生かせず…賜杯遠のく痛い黒星/明大2回戦

明大2回戦
早大
明大 ×
(早)●大竹、小島-道端

◇(三塁打)重信

 前日は延長戦の末に敗れ、勝ち点奪取に向け後がなくなった早大。きょうの試合も1点を争う展開になった。初回に茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)の適時打で先制するがその後は明大の柳裕也を攻めあぐねる。今季初登板となった先発・大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)は3回に集中打を浴びるなど4回3失点。援護したい打線も2回以降は再三の好機を生かせず、反撃は6回の犠飛のみにとどまった。熱戦となったが明大に軍配。連敗で勝ち点を落とし、リーグ戦連覇に暗雲が漂った。

 春季リーグ戦ではエースとして早大を栄光に導いた大竹。故障から復帰後、初の登板で大事な一戦の先発を託された。1点リードの初回、いきなり四球を与えると続く髙山俊に中前に運ばれてしまう。1死二、三塁となり、次打者の内野ゴロの間にすぐさま同点に追いつかれた。さらなるピンチは3回。1死から連打を浴びると続く打者に死球を与え満塁とされる。この場面で相手の中軸に連続で適時打を許し、2点を失った。要所で踏ん張りきることができずに4回で降板。「先発としての仕事が果たせなかった」(大竹)と苦しいマウンドになった。後を受けた小島和哉(スポ1=埼玉・浦和学院)は4回を投げ被安打1の好救援。相手に傾いた流れを止め、味方の援護を待った。

久々の登板となった大竹。本来の投球を見せることはできなかった

 侍ジャパン大学日本代表の柳に対した打線。春季リーグ戦では唯一黒星をつけられた相手だったが、この日は初回から攻める。先頭の重信慎之介副将(教4=東京・早実)が初球を振り抜き打球は右前へ。いきなり好機をつくると、1死後茂木の適時打で先制に成功した。1点を先行し試合を優位に進めていくかと思われたが、その後は走者を出すものの柳をとらえきることができない。悪い流れの中、1-3とリードされた6回にも好機が訪れる。河原右京主将(スポ4=大阪桐蔭)が内野安打で出塁すると四球や敵失が絡み満塁に。ここで石井一成(スポ3=栃木・作新学院)が犠飛を放ち1点差に迫った。しかし、反撃はこの回の1点のみ。最終回も2死三塁と一打同点の場面となるが川原孝太(文構4=静岡・掛川西)が三振を喫し、悔しい試合終了を迎える。髙橋広監督(昭52教=愛媛・西条)が「あと一本が出なかった」と振り返るように、再三得点圏に走者を進めながらも決定打を欠いた。

ここぞという場面での一本が遠く、好機をものにできなかった

 前半戦のヤマ場だった明大との対決。2試合とも接戦に持ち込んだが、粘りきれずに痛い連敗となった。投手陣は苦しい台所事情の中で、大黒柱の大竹が復帰。ここまで大崩れした投手はなく枚数も揃っているため、粘りの投球を続けたい。今後のカギを握るのがここまでチーム打率が2割を切っている打撃陣。春の王者ということで他校からのマークは厳しさを増しているが、打線の奮起がなければ勝機が遠のくだろう。「最後の最後まで諦めないという姿勢で臨んでいきたい」(髙橋監督)。リーグ制覇、そしてグランドスラムの望みをつなぐために、もう黒星は許されない。

(記事 石川諒、写真 三上雄大、角田望)

黄字は打点付き

早大打者成績
打順 守備 名前
(右) 重信慎之介 .375 右安    中3       空振 一ゴ      
(二) 河原右京 .250 空振    死球       二安    投ゴ   
(三) 茂木栄五郎 .133 右安    二併       四球    二ゴ   
(一) 丸子達也 .071 空振       遊ゴ    二失    空振   
(遊) 石井一成 .167    四球    左安    左犠         
  渡辺琢也 .500                         中安
  武居直宏 .—                           
(捕) 道端俊輔 .286    一ギ    遊併    右邪       投ギ
(中) 中澤彰太 .067    一ゴ       二ゴ    見振      
  佐藤晋甫 .000                         遊ゴ
(左) 川原孝太 .200    空振       遊ゴ    中安    空振
(投) 大竹耕太郎 .000       空振                  
  藤田恭輔 .333             二ゴ            
  小島和哉 .—                   投ギ      
早大投手成績
名前
大竹耕太郎 6.75
小島和哉 0.00
コメント

髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)

――勝ち点を落とす結果になりましたが、きのうきょうの明大2試合を振り返って

粘り切れているのですが、きのうも完敗な試合を追い付きながら勝ち越せなかったというのがあるし、きょうも9回など粘り切っているのですが、相手も必死ですからね。とりあえず負けたことは仕方ないので、残りの3カードに全力を尽くして、極力黒星を付けない。勝ち点を取り切っても、他力本願になりますが、最後の最後まで諦めないという姿勢で臨んでいきたいと思いますね。

――初回に得点しましたが、その後は決定機を生かしきれませんでした

相手の投手陣も良いですしね。

――9回は右打者を多用する采配を見せました

本当によくつないでくれてね。三塁にまでもってきてくれたのですが、やっぱりあとの1本が出なかったですね。

――ケガに苦しんでいた大竹耕太郎選手(スポ2=熊本・済々黌)が先発でしたが

1か月故障していたので、本来の出来ではないのですが。予定としては7回8回くらいまでで3点かなというところでしたが、いまのチーム事情からしたら3点に抑えてくれて、よく抑えてくれたと思います。併殺があったりして、あれがなかったらもっと入って一気に試合が崩れていた可能性がありました。

――継投のタイミングについて

ボールの質が悪くなりましたね。それまで点を取られた時にはまだ良かったのですが、ボールが悪くなりましたね。

――小島和哉選手(スポ1=埼玉・浦和学院)はリリーフで好投してくれました

きょうは良かったですね。きのうはちょっとボールが高めに浮いて悪かったので、心配していたのですが、今後使えると思いますね。安定してますし。

――東大戦に続いて、対策されていると感じますか

ありますね。特に上位陣に対しての攻めというのはなかなか思ったような打撃をさせてくれないですね。重信(慎之介副将、教4=東京・早実)辺りは安定しているのですが、クリーンナップに対しては非常に厳しい攻めをされていますね。

――立大戦ではどのような野球をしますか

本当に『一戦必勝』という。負けを付けられないですね。大竹もきょう投げたことで復調してくれると思うし、またそこで投手陣の余裕も出てくるのではないかと思うので、また違った展開になると思います。

大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)

――久々の登板となりましたが、いかがでしたか

先発としての仕事が果たせなかったです。自分の中でも厳しい試合になるというのは自覚があったんですけど、そこでしっかりと粘り切ることができなかったという点は反省しなければいけないと思います。

――故障の状態はいかがですか

もう痛み自体はないのですが、やはり夏に投げるという練習ができていないので、少し感覚の問題がある状態です。残り3カードあるので、しっかり感覚が良くなっていけば、抑えられるかなと思います。