野球部

2015.09.27

秋季リーグ戦 9月26日 神宮球場

慶大打線が止まらない!3本塁打で法大を粉砕/法大1回戦

法大1回戦
慶大
法大
(慶)○三宮、加藤—小笠原、須藤
◇(本塁打)山本泰1号ソロ、岩見1号3ラン、山本瑛1号ソロ(二塁打)横尾、小笠原

 立大との開幕カードで何とか勝ち点を奪取した慶大は、昨季連敗を喫した因縁の相手・法大と対戦。先週の東大戦では苦戦を強いられている法大だが、侮れない相手であることは間違いない。好調の打線はこの日も火を噴き、3本塁打を含む14安打9得点の猛攻を見せる。投げては三宮舜(4年)と加藤拓也(3年)が気迫の投球を見せ、法大の反撃をシャットアウト。今季ここまでの戦いを象徴する打ち勝つ野球を展開し、初戦を白星で飾った。

 この日の先発は、開幕からここまでの3試合全てでマウンドに上がっている三宮。3回まで1人の走者も出さない完璧な投球を披露する。4回に法大の1番・若林晃弘に本塁打を浴びると5回にも2点を失ったが、大きく崩れなかった。6回は味方の失策と自らの暴投でピンチを招くもここをしのぎ、6回3失点と先発の役割を果たす。140キロ前後の速球と緩い変化球を投げ分け、奪った三振は8つ。その全てが空振り三振と、球のキレは十分だった。7回からマウンドに上がった加藤拓は、走者を出しながらも直球を武器に法大打線を封じ込む。9回は三者凡退に抑え、試合を締めた。

気迫の投球で法大打線を抑え込んだ三宮

 投手陣を楽にさせたのは、圧倒的な得点力を誇る打線の援護だ。1点を先制し迎えた3回。打線がつながり2点を奪うと、1死一、二塁で打席にはリーグ戦初出場の倉田直幸(2年)。振り抜いた打球は右翼手の前に落ち、これがうれしい初安打初打点となった。4回には、この回先頭の山本泰寛(4年)がバックスクリーンに飛び込む豪快な一発を放ちリードを広げる。大歓声を背に右手を掲げダイヤモンドを一周した山本泰の姿が、味方のさらなる奮起を促した。その後2点差に詰め寄られ法大の追い上げムードが漂う中、7回2死から再び打線が爆発する。沓掛祥和(3年)がこの日4本目となる安打を放つと、続く小笠原知弘(4年)は先発全員安打を決める二塁打で好機を広げる。ここでベンチが動き、岩見雅紀(2年)と山本瑛大(3年)を立て続けに代打で起用。岩見が左翼席中段に3点本塁打を放り込むと、興奮さめやらぬ中、山本瑛も続き両者共にリーグ戦初本塁打を記録。伏兵の活躍で、慶大の勝利を確実なものとした。

豪快なバックスクリーン弾を放った山本泰(左)

 投打がかみ合い、価値ある一勝を手にした慶大。下位打線や控えの選手も結果を残し、主軸頼りではないことを証明した。今季消化した4試合でチーム本塁打は7本と、打線の破壊力は他を寄せ付けない。全員の力で勝ち進み、陸の王者が秋の神宮に旋風を巻き起こす。

(記事 川浪康太郎、写真 菖蒲貴司、大浦帆乃佳)

関連記事

横尾・谷田のアベック弾!立大から勝ち点奪取/立大3回戦(9/14)

谷田、2試合連続弾も…9回裏、まさかのサヨナラ負け/立大2回戦(9/13)

主砲の一振り!谷田の逆転サヨナラ本塁打で白星発進/立大1回戦(9/13)