庭球部

2015.09.26

関東学生選手権 9月21日 埼玉・秩父ミューズパーク

ワセダ勢、決勝の舞台へ!

 秋晴れの続く秩父の地で、女子シングルス準々決勝、女子ダブルス準決勝が行われた。ワセダからは林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)がシングルスに出場し、準決勝進出を決める。ダブルスでも辻恵子(教3=東京・早実)・林組、梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)組が共に勝利を収め、女子ダブルス決勝はワセダ対決となることが決まった。

ゲームを奪いガッツポーズをする林

 女子シングルスに登場した林は、村瀬早香(慶大)との早慶対決に臨んだ。ファーストセットの2-1で迎えた林のサービスゲームは幾度もジュースが続く長いゲームになる。相手にゲームポイントを握られることもあったが、6度目のジュースでついにキープに成功。その勢いのまま6-2でこのセットを奪った。続くセカンドセットでは、2-2の場面で先に林がブレークする。だが、「もう一回ギアを上げることができなかった」と語るように、次のサービスゲームをあっさりと落としてしまう。勢いづいた相手に3-5までリードされてしまった。しかし、ここで「単発のミスをしないようにするということを意識し直した」と気持ちを持ち直した林は、深めのストロークで丁寧にラリーを展開。相手のアウトを誘うと、4ゲーム連取し7-5で勝利を収めた。

ラリーを続けた辻恵(左)と、ボレーを決める林

 シングルスで勝利を収めた林は、辻恵と共にダブルスにも出場。パワフルにラリーをつなげる相手に対し、辻恵が後衛でラリーで粘り、緩いボールはすかさず林がボレーをするというパターンが型にはまる。ジュースとなったゲームもしっかり取り切り、6-3、6-2というスコアで決勝に駒を進めた。また、同じく準決勝に挑んだ梶谷・上組は、関東大学リーグ(リーグ戦)でも対戦した筑波大ペアと対峙(たいじ)。ファーストセットはタイブレークの末に梶谷・上組が、セカンドセットは流れに乗った相手ペアが奪い、勝負の行方はスーパータイブレークに託された。どちらに転ぶかわからない展開に緊張感が漂うが、ここまでの試合でスーパータイブレークを必ずものにしてきた梶谷・上組は、今回も勝負強さを見せる。明るく声を掛け合い雰囲気を盛り上げると次々にボレーを決め、10-6で試合を制した。

 あすの女子シングルス準決勝で、林は関東大学リーグで敗れた森崎可南子(筑波大)との再戦に臨む。また、女子ダブルス決勝は梶谷・上組と辻・林組のワセダ対決になることが決まった。全日本学生選手権の2回戦では梶谷・上組に軍配が上がったが、今回はどちらが勝利するのだろうか。勝負の行方はまだわからない。

(記事 山本葵、写真 桂恭史)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません。

結果

▽女子シングルス

準々決勝

○林恵里奈(6-2、7-5)村瀬早香(慶大)

▽女子ダブルス

準決勝

○梶谷桜舞・上唯希(7-6(3)、4-6、10-6)米原実令・森崎可南子(筑波大)

○辻恵子・林恵里奈(6-3、6-2)江代純菜・首藤みさき(慶大)

コメント

林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)

――きょうの試合は村瀬選手(早香、慶大)との対戦でしたが、振り返っていかがですか

前日が吉野さん(あゆ美、東洋英和女学院大)との試合で。粘ってくる選手に対してセカンドセットから単発のミスが多くなってしまったという反省があったので、きょうはしっかり粘るところは粘って、攻めるところは攻めるということを意識していていました。それがきちんとできたので良かったなと思います。

――セカンドセットでは3-2から3-5と相手に流れが向かいましたが、その後4ゲーム連取しました。ここで持ち直すことができた要因は

2-2の時がとても長いゲームで、ジュースを何とか取って3-2にしたという感じでした。でも、そこからもう一回ギアを上げることができなくて、簡単に次のゲームを落としてしまって。3-4になった時にもう一回単発のミスをしないようにするということを意識し直して、あまり外側を狙わずに中で勝負できたので、それがよかったのかなと思います。

――ダブルスの方はいかがでしたか

ダブルスは途中から私が前で辻(恵子、教3=東京・早実)が後ろというふうに役割をしっかり決めてプレーしました。私自身もやることは明確だったので、前でしっかり動いていける時にはポーチに出たりといったことを徹底してやりました。長いラリーが続いて辻は疲れたと思うので、そこはちょっと迷惑をかけてしまったと思います(笑)。辻がしっかりラリーで粘って、チャンスで私がポーチをするというかたちで、二人でポイントを取ることができていたと思います。

――今回の大会はクレーコートでの開催です

クレーコートはあまり得意ではないのですが、苦手でもないです。コートもでこぼこでイレギュラーも多いのですが、今回の大会では意外なかたちでポイントを取られた時にもそれを引きずらず、気持ちを切り替えて試合ができています。この切り替えが結構大事で、それができているからいま勝ち進むことができているのかなと思います。

――あすの試合に向け意気込みをお願いします

シングルスの相手はリーグ戦(関東大学リーグ)で負けてしまっている相手なので、リベンジしたいです。相手は1年生で勢いのある選手なのですが、自分もその勢いに押されず、ここまで勝ち進んでいる波に乗っていけるようにしたいです。ダブルスは同士打ちになりますが、インカレ(全日本学生選手権)で負けてしまった相手なのでこちらもリベンジですね。優勝を目指して頑張ります。

辻恵子(教3=東京・早実)

――きょうのダブルスを振り返っていかがですか

後ろと前で役割を分けてプレーするかたちになったのですが、相手がロブを使ってくる相手だったのでこちらも粘り強くやろうと思っていて。私が後ろでラリーをして、林が前で決めるというパターンでした。内容としては競ったゲームが多かったのですが、取るべきところはしっかり取れたので、勝ちにつながったと思います。

――インカレ、リーグ、夏関(関東学生選手権)と試合期間が続いていますが、コンディションはいかがですか

今回の夏関では、シングルスはベスト32で負けてしまっていて。団体戦と個人戦の切り替えがうまくできなくて、守りすぎてしまった部分がありました。そのことは反省していて、ダブルスではもっと積極的にいこうと思いながらプレーしています。そのおかげで決勝まで勝ち進むことができて、その点は良かったなと思っています。

――あすの決勝への意気込みをお願いします

梶谷(桜舞、スポ4=東京・富士見丘)・上(唯希、スポ1=兵庫・園田学園)組とはインカレの2回戦で対戦したのですがその時は負けてしまっているので、リベンジのつもりで頑張りたいと思います。