ラクロス部

2015.09.22

第28回関東学生リーグ戦 対学習院大 9月19日 東京・江戸川区臨海球技場

守備に課題が残るも2連勝 ファイナル4の舞台へ駆け上がれ!

前半 後半
早大 10
学習院大
▽得点者
平野薫4、堀切2、岡2、横田、中川

 ファイナル4へ駒を進めるにはもう負けが許されない早大。関東学生リーグ戦(リーグ戦)3戦目は学習院大との戦いに臨んだ。前半一時逆転を許す場面も見られたが、その後大量得点で波に乗る。しかし、後半まさかの4連続失点。ゴールを決められずもどかしい時間が続いた。それでも、前半のリードが功を奏し10-6で勝利。2連勝でファイナル4進出へ望みをつなげた。

この日4得点の活躍を見せた平野薫

 好守がかみ合うと早大のオフェンス展開が続いた。先制点を決めたのはMF堀切梓沙(スポ4=東京・成蹊)。フリーシュートで確実に得点を奪う。その後ドローを取り切れず、相手に2失点を喫するも、ディフェンスが踏ん張り攻撃へつなげた。開始12分にはAT中川真菜(スポ2=大阪・茨木)からのパスに反応したAT平野薫(国教2=神奈川・桐蔭学園)が同点に並ぶシュートを決めると、華麗なスティックワークでそのまま3得点を重ねる。残り2分にはDF横田真理(スポ4=東京・都武蔵)やAT岡朋奈(国教4=智弁和歌山)の4年生が意地のゴールを重ね、6点差にリードを広げた早大。8-2で前半戦を折り返した。

念願のシュートを決め、笑顔を見せる岡(右)と中川

 一方、後半は得点を挙げられない悶々(もんもん)とした時間が流れてしまう。第2クオーター(Q)開始直後は、ドローを獲得すると、中川がうまくボールをゴールに収め9点目。堀切も巧みなパス連携でショットに成功する。しかし、「後半のディフェンスの失点の多さというのが課題として残った」とDF川勝美輝主将(法4=埼玉・春日部共栄)が語るように、ダウンボールに対応し切れず、オフェンスにうまく回らない場面が続く。流れが学習院大に傾くと、簡単に4失点を喫してしまった。それでも、前半の大量得点によってリードを保った早大。10-6で次戦へつなげる勝利をつかみ取った。

 「負けるつもりはなかった」(伊藤健人女子部アシスタントコーチ、平4社卒)。後半の失点に厳しい表情を浮かべた選手たちであったが、チームは試行錯誤を繰り返しながら確実に勢いづいている。次戦はいよいよリーグ最終戦。奇しくもその相手は昨季早大が痛恨の敗北を味わった日体大だ。勝てばファイナル4進出、負ければ引退――。最終学年である4年生の底力がいかに発揮されるかが重要となってくるだろう。目標である『学生日本一』へ、いまこそ早大の『意地』を見せつける時だ。

(記事、写真 後藤あやめ)

関連記事

千葉大相手に快勝!リーグ戦初白星を挙げる/第28回関東学生リーグ戦(09/07)

攻守で圧倒され、強豪・明大に完敗/第28回関東学生リーグ戦(08/30)

劇的ゴールも悔しい引き分けスタート/第28回関東学生リーグ戦(08/15)

コメント

伊藤健人女子部アシスタントコーチ(平4社卒)

――負けられない試合が続く試合の中で、きょうの試合はいかがでしたか

青学大戦からチーム自体が固まっていなかったのですが、ようやく固まってきたかなという感じがしました。負けるつもりはなかったですし、みんな普通にやってくれれば勝てると思っていました。

――得点を重ねた前半を振り返っていかがですか

オフェンスは普通にやれば点数は取れると思っていたので、それよりはディフェンスです。キーマンが学習院大に何人かいらっしゃったので、そこを抑えられるかでした。自分たちのペースで来て、ついでにオフェンスのリズムも良くなると思っていましたが、その通りにうまくはまりました。

――後半は連続失点を許してしまいました

後半はいろいろやろうと思いましたが、それがうまくできませんでした。それによってオフェンスの方のリズムだとか、相手のゾーンディフェンスに攻めあぐねたりという要因で、流れが向こうに行って点数を取られたかなと思います。

――最終戦に向けて、どのように調整しますか

これから合宿に行くのですが、次の日体大戦までにいろいろ考えます。2年生が多い若いチームなので、一人一人の成長自体が一番勝利に近づくと思います。

――最後のリーグ戦に向けて一言お願いします

最終学年の4年生がいかにここを踏ん張るかです。負けたらもう引退になってしまうので、4年生がどれだけ頑張ってくれるかで勝利は決まってしまうと思います。

DF川勝美輝主将(法4=埼玉・春日部共栄)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

勝って良かったと思いますが、後半のディフェンスの失点の多さというのが課題として残りました。

――後半の連続失点の原因は

ダウンボールを結構狙ってきていたのですが、それがディフェンス陣の中で取れなかったり、トンネルしてしまう、スカッてしまうシーンがありました。

――一方前半は得点を重ねました。振り返っていかがですか

ドローも取られていて相手に2失点した時は、キーマンがやってくるというのは想定内でした。自分たちのボールにすれば点は取れると信じていたので、その時を待っていたという感じです。

――絶対に勝たなければいけないというプレッシャーはありましたか

プレッシャーはそれほど感じていません。やってきたことしかできないというのがあったので、しっかりそれを出すだけだと思っていました。

――最終戦に向けて調整しなければならない部分はどこですか

ディフェンスに関してはいかに自分たちのボールにするかということにこだわっていきたいと思っています。ことしのディフェンスは連動は良いので、ダウンボールを取り切るということをしっかり合宿でもやっていきたいと思います。

――最終の日体大戦に向けて意気込みをお願いします

勝つか負けるかです。その後ラクロスができるかというのもその試合にかかっているので、後悔が無いように練習をやって、試合で出し切りたいと思います。何としてでも勝ちます!

AT岡朋奈(国教4=智弁和歌山)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

絶対勝って次の日体大戦に良いかたちでみんなで臨めるようにということを意識しました。自分は4年生なので、4年生の責任、自覚という意味で、良いプレーをしなければいけないと思ってプレーしました。

――前半を振り返っていかがですか

私はずっとBチームでやっていたので、4年生になって初めての公式戦でした。Bチームの後輩にとって希望の星になれるようにと思ってずっとプレーしていました。絶対に点を取って、Bチームからでも試合で点を取れるんだぞというのを見せたくて、そういう気持ちで責任を持ってプレーしました。

――実際に得点を決められましたが、お気持ちはいかがですか

感無量です。いままでに応援してくれた人たちに恩返ししたいという気持ちでプレーしていたので、点が取れて本当に良かったです。

――後半の連続失点の要因は何だったと思いますか

まだチームでこれをやろうと言ったことに対して、臨機応変にやるということが足りないのかなと思います。

――最終戦に向けて一番調整すべきところはどこだと思いますか

どのような人が出ても、コーチに言われた通りするということです。全員が責任を持って言われたことをできるようになれば、絶対勝てる相手だと思います。

――日体大戦がリーグ最終戦となりますが、意気込みをお願いします

私たちは負けたら終わりです。スター選手がいない中で、頑張って努力してきた代です。コーチにも応援してくれたOGの方にも恩返しできるような一戦にしたいです。