剣道部

2015.09.20

第41回関東女子学生優勝大会 9月19日 東京武道館

強豪・法大と熱戦演じるもベスト8に終わる

 大阪での激闘からおよそ2カ月、新たな戦いが始まった。全日本女子学生優勝大会(全日本)の出場権を懸けて関東女子学生優勝大会に挑んだ早大は、危なげない試合運びで4回戦まで勝ち上がる。迎えた準々決勝では、優勝候補筆頭である法大と対戦。両校一歩も譲らず、代表戦にまでもつれ込む熱戦に。チームの命運を背負う畝尾奈波女子主将(スポ4=京都・日吉ケ丘)の気勢は十分だったが、学生最強剣士・高橋萌子を前に敗戦。全国への挑戦権は得たものの、ベスト8に甘んじる結果となった。

 シードのため2回戦からの出場となった早大は初戦で亜大を撃破し、日獣大との3回戦に臨んだ。先鋒の髙橋萌女子副将(スポ4=栃木・佐野日大)と次鋒の山下紗奈未(社1=山形・左沢)がそれぞれ二本勝ちを収め試合をつくる。中堅戦は引き分けに終わったものの、副将・川上ゆき(スポ3=熊本・菊池女)が白星を挙げきっちりと試合を締めた。続く4回戦では青学大と対戦。先鋒・河村奈穂(スポ2=大分鶴崎)が幸先良く二本勝ちを果たすと、勢いそのままに中堅の阪本皇子(スポ3=長崎・島原)と副将の川上が相手を下し、早大は順々決勝まで駒を進めた。

得意のメンで貴重な一勝を挙げた川﨑

 準々決勝で待ち受けていたのは法大。昨年関東と全国を制した経験を持つ強豪校だ。そんな難敵を相手に早大は互角の戦いを繰り広げる。先鋒戦と次鋒戦で引き分けると、中堅を務める川﨑茜(文2=京都・日吉ケ丘)がメンを奪い値千金の勝利を挙げた。次はポイントゲッターである副将・川上。その実力を遺憾なく発揮し、大将戦を待たずして早大のベスト4進出を決定づけるかと思われた――。しかし、相手の巧みな攻めに屈し痛恨の一本負けを喫してしまう。大将戦では互いに有効打突は出ず、勝負の行方は代表戦に託された。「絶対に勝つ」という強い気持ちをもって法大のエース・高橋萌子との戦いに臨んだ畝尾だったが、開始直後に合いメンで敗北。早大はベスト8でトーナメント表から姿を消すこととなった。

畝尾。代表戦では悔しくも黒星を喫した

 「まだまだ足りない」(畝尾)。全日本出場権は勝ち取ったものの、優勝を目標に掲げていた早大にとっては悔しい幕切れとなった今大会。しかし、「チームが良いムードで試合ができていた」(畝尾)と感触自体は悪くなかった様子だ。法大相手に一時はリードした早大の実力はブラフではない。約1カ月半後の全日本までにチームとしてのクオリティを高めていけば日本一も夢ではないはず。「きょうの反省を生かして、法大を叩いて優勝できるようにしっかり頑張りたい」(川上)と大舞台に向け選手のモチベーションは十分だ。決戦の地、愛知で今回の雪辱を果たすべく、早大剣士は更なる厳しい稽古に励む。

(記事、写真 佐藤諒)

結果

2回戦 ○早大3―1亜大

先鋒 河村 メメ―

次鋒 川﨑  メ―メ

中堅 阪本   ―メメ

副将 川上  コ―

大将 畝尾 メメ―

 

3回戦 ○早大3―1日獣大

先鋒 髙橋 メメ―

次鋒 山下 メメ―

中堅 川﨑  メ―メ

副将 川上 ドメ―

大将 畝尾   ―メメ

 

4回戦 ○早大3―0青学大

先鋒 河村 メコ―

次鋒 川﨑   ―

中堅 阪本  メ―

副将 川上 メメ―

大将 畝尾  メ―メ

 

準々決勝 ●早大1―1法大(代表戦0―1)

先鋒 河村  ―

次鋒 阪本  ―

中堅 川﨑 メ―

副将 川上  ―メ

大将 畝尾  ―

代表戦 畝尾 ―メ

 

早大 ベスト8

関連記事

16強を前に無念の敗北も、全国への切符は死守/関東学生優勝大会(20150916)

コメント

畝尾奈波女子主将(スポ4=京都・日吉ケ丘)

――全日本出場が決まりましたね

全日本決まったのはすごくうれしいんですけど、私たちが目指していたのは関東一だったので、悔しいっていうことの方が大きいです。

――きょう印象に残った試合はありましたか

やはり法政戦です。川﨑(茜、文2=京都・日吉ケ丘)が取って良いムードできて、川上(ゆき、スポ3=熊本・菊池女)が取られてしまったんですけど、勝負が懸かっていたときに私がそこで勝てていないということがまだまだ足りていないところかなと感じました。

――どのような点で足りなかったなと思いましたか

打たれたところは完全に相手が絞って打ってきたところだなと感じたので、私もああいうところで打てるような技がないと、関東一にもなれず、日本一を目指していくなかでまだまだ足りないかなと思いました。

――やはり法政は意識していたのですか

試合のトーナメントが決まったとき、順々で法政と当たると決まっていたので法政には勝って関東一になるっていうのはみんなの目標でもあったので。そこで負けてしまったのは悔しいんですけど、みんなが成長できていたなと感じることができたので全日本に向けては良いムードになっていたかなというふうには思います。

――成長という話が出ましたが、夏に強化した点はきょうの試合で出せましたか

チームが良いムードで試合ができていたかなっていうのが感じられて、チームワークができてきているというふうに感じたので、そこはもっともっと良くして良い流れで、たとえ前が負けても後ろで絶対取れるっていう信頼関係のようなあるチームになっていきたいなと思います。

――話が前後するのですが、代表戦に臨んだときどのようなお気持ちでしたか

代表戦になったからには勝つか負けるかのどちらかしかないので、気持ちとしては絶対に勝つという気持ちで挑みました。

――全日本へ向けて意気込みを教えてください

まだまだ足りない部分もあるんですけど、関東一になれなかった悔しさを全日本では晴らしたいなと思うので日本一を目指して頑張っていきたいなと思います。

――早慶女子対抗試合に向けた意気込みもお願いします

早慶戦はいま11連覇しているのですが、12連覇にこだわらずに7勝できるように頑張りたいと思います。

川上ゆき(スポ3=熊本・菊池女)

――本大会にはどのような意気込みで臨みましたか

監督にも「優勝を狙え」と言われていたので、全日本出場というよりも優勝ということを意識してやっていました。

――夏の間意識してきたことは

自分が後ろの方のポジションで使われるということが分かっていたので、勝負どころできちんと勝てるよう、気持ちの面を意識していました。あとは夏合宿があったので、そこで体力面も強化して、つなぎ目のところを意識することで、苦しいところで競り勝てるようにできたらと思っていました。

――それを踏まえてきょうの試合を振り返っていかがですか

青学大戦までは良かったのですが、法大戦で相手が強いときに勝負しに行って取られてしまったので、自分の実力が相手に負けていたと思います。悔しいですけど今はもう仕方がないと思っていて、次の全日本では必ず勝ちたいです。

――畝尾選手(奈波女子主将、スポ4=京都・日吉ケ丘)の試合はどのようにご覧になっていましたか

自分が前で負けてしまっていたので本当に申し訳なくて。でも、畝尾さんなら勝てると信頼して、応援していました。最後代表戦で負けてしまったのですが、法大に爪痕は残せたんじゃないかと思うので、畝尾さんも私ももう負けないです。

――全日本へ向けてひとことお願いします。

きょうの反省を生かして、法大を叩いて優勝できるようにしっかり頑張りたいと思います。

川﨑茜(文2=京都・日吉ケ丘)

――今日の目標は

まずは全日本に出場すること、それが決まった後は優勝を目指していました。

――夏の間意識してきたことは

攻撃力をつけて団体戦の勝ちにつなげられるように意識しました。

――本日の試合を振り返って

自分としてはあまり良くなくて、4試合目までは全然自分の剣道ができませんでした。次鋒として自分が取らないといけない場面で取れなくて、取られてしまうことも多くて、ふがいない試合でチームの流れを悪くしてしまったと思います。5試合目の法大戦でやっと、自分の剣道ができたかなと思います。次鋒まで引き分けできて、これまでの試合で自分が足を引っ張ってきた分ここでしっかりしないとという思いで臨みました。ただ、一本取れたことは良かったのですが、一本決めて相手が焦ったところでもう一本いけたのではないかという気持ちは残っています。

――畝尾選手(奈波女子主将、スポ4=京都・日吉ケ丘)の試合はどのような気持でご覧になっていましたか。

本当に、勝って下さいという気持ちと、畝尾さんは強いのでチャンスはあるという気持ちで、信じて応援していました。

――全日本に向けて

もっともっと力をつけて、必ず日本一になれるように一からやり直したいと思います。

山下紗奈未(社1=山形・左沢)

――きょうはどういった経緯で選出されたのですか

部内戦をして上位4人がメンバーには入れるんですけど、上位4人になんとか入ってメンバーに選ばれることができました。

――初出場でしたが緊張はありましたか

全然緊張はしなかったです。

――出場した試合では白星を挙げることができました

デビュー戦だったのでうれしかったです。

――高校と大学の違いはありますか

高校はフェイントとかも多くて、そういう引っ掛け技で一本になることが多いんですけど、大学はさっき法政に取られたメンのように真っ向勝負が多くてそういうところが違うかなって思います。

――大学の練習はいかがでしょうか

メリハリがあって私自身すごく合っている練習だなと思います。

――全日本や早慶戦には出場するのでしょうか

同じように部内戦をして、という感じですね。

――今後、大学生活をどのように過ごしていきたいですか

剣道部に入っているからには活躍したいので、一試合しか出られていないんですけど今回のように出たら必ず勝つポイントゲッターになれるように日々頑張って練習していきたいと思います。