バドミントン部

2015.09.21

関東大学秋季リーグ戦 9月20日 神奈川・日体大健志台米本記念体育館

勝利し最終戦へ望みをつなげる!

 関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)も残すところあと2日。男子部はマッチカウント3-2で辛くも法大を下し、貴重な1勝をもぎ取る結果となった。連勝で勢いに乗る女子部は日体大との対戦。シングルス1、2で幸先の良いスタートを切り、4-1で試合を制した。

 前日に行われた日体大戦の敗戦から一日が明けた。優勝争いに残るためには、ここで負けるわけにはいかない男子部。シングルス1の古賀穂(スポ1=福島・富岡)はスマッシュなどのパワーショットで相手を圧倒する。続くシングルス2の松本康平(スポ2=埼玉栄)はヘアピンといったネット際での小技で精彩を欠き、なかなかポイントを奪えない。じわりじわりと点差を広げられ、0-2で試合を制することはできなかった。そして迎えたダブルス1には古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)組が登場。「序盤から自分たちのかたちで攻撃できた」という齋藤の言葉通り、テンポよく試合を進めていく。相手に主導権を明け渡すことなく、2つ目の勝ち星をもたらした。シングルス3では古賀輝がビハインドから追い上げを見せ、2ゲームを連取。3-2で白星を飾り、優勝への可能性を残した。

 多彩な攻撃を仕掛ける古賀輝(左)・齋藤組

 先週末の法大戦から2連勝中と好調の女子部。トップバッターとなるシングルス1には我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)が3試合連続で出場した。緩急を使った長いラリーが展開され、連続得点で1ゲーム目を先取。「攻め急いでしまった」と我妻が語るように、その後はミスも目立ち、相手にリードを許してしまう。12-21で勝敗の行方はファイナルゲームへと託された。「コートを広く使おうと思った」(我妻)と、コーナーやライン際を狙った正確なショットで相手のミスを誘い、ポイントを積み重ねていく。持ち前の粘り強さを武器に、食らいついてくる相手を振り切った我妻。接戦を2-1で制し、チームに流れを引き寄せた。ダブルス2の清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)・島田きらら(スポ3=青森山田)組が惜敗したものの、チームはうれしい3連勝。通算成績を3勝1敗とした。

我慢強いラリーを展開した我妻

 男女ともに勝利し、秋季リーグの最終日を迎える。男子部はあす、今春の王者であり現在無傷の4連勝中である中大との大一番。「ひとりひとりが自分の試合は取るという気持ちでやっていきたい」という齋藤の言葉通り、チーム一丸となって挑んでいく。一方の女子部は専大との一戦。「シングルス1が流れをつくるうえで大事になってくる」と我妻が話すように、序盤でのリードが勝負を左右するキーポイントとなりそうだ。悔いなく秋季リーグを締めくくりたい。
 

 

(記事、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽男子団体○3-2法大
シングルス1 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-16、21-9)
シングルス2 松本康平(スポ2=埼玉栄)●0-2(17-21、16-21)
ダブルス1 古賀輝(スポ2=埼玉栄)、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)○2-0(21-13、21-15)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)●0-2(20-22、18-21)
シングルス3 古賀輝 ○2-0(21-19、21-14)

▽女子団体○4-1日体大
シングルス1 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-1(21-11、12-21、21-15)
シングルス2 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)○2-0(21-7、21-19)
ダブルス1 我妻、中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)○2-0(21-4、21-13)
ダブルス2 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田) ●1-2(21-15、16-21、12-21)
シングルス3 中西 ○2-0(21-13、22-20)

関連記事

男子は痛恨の黒星、女子は好調維持で2連勝!/関東大学秋季リーグ戦(9/20)

男女ともに快勝!秋季リーグ2日目/関東大学秋季リーグ戦(9/15)

男子は好発進、女子は悔しい1敗/関東大学秋季リーグ戦(9/13)

コメント

齋藤太一副将(スポ4=福島・富岡)

――きょうのダブルスを振り返って

序盤から自分たちのかたちで攻撃できて、守るところはしっかり守れました。こっちがゲームの主導権を握れたので良かったです。

――きのうの敗戦を受けて古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)と話し合われたことはありますか

特にはなかったですね。お互い気持ちを入れ直そうと思っていたと思うので、しっかり戦えて良かったです。

――修正された点はありますか

受け身にならず、どんな相手にも向かっていくのが大事かなと思いました。

――きょうの3-2という結果をどのように受け止めていますか

優勝争いにまだ参加できているんですけど、最後ゲーム数が重要になってくると思います。3-2はちょっと痛いですけど、勝てたので良かったです。あしたは5-0くらいで勝ちにいきます。

――あすの中大戦に向けて意気込みをお願いします

5-0くらいで勝たないと優勝の可能性はないと思います。ひとりひとりが自分の試合は取るという気持ちで、自分もその気持ちでやっていきたいです。チーム全体の雰囲気を盛り上げていくところなどもしっかりやっていきたいと思います。

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――きょうのシングルスを振り返って

我慢してラリーして、最後点数を取るというかたちでした。きつかったですけど、我慢してできていたと思います。

――相手の選手も粘り強い印象を受けましたが

2ゲーム目が攻め急いでしまって、逆にやられてしまうということがありました。3ゲーム目はしっかりラリーをして最後に決めることを意識したら結構点数取れました。

――接戦となりましたが、その中で意識されたことはありますか

とりあえずコートを広く使おうと思いました。スマッシュだけでなくクリアなども使って相手を後ろに追い込んでラリーすることを意識しました。

――ダブルスを振り返って

相手がシャトルを上げてくれることが多かったので、自分たちの攻めのプレーができました。

――チームとしてはこれで3連勝となりました

今まで最終日まで入れ替え戦に行くかどうかの際どいところでした。3連勝したのであした勝って上位になれるように頑張りたいです。

――あすの専大戦に向けて意気込みをお願いします

最初のシングルス1が流れをつくる上で大事になってくると思います。私がシングルス1で出るかは分からないんですけど、出た試合はしっかり取って最後勝ちたいです。