バスケットボール部

2015.09.20

第65回関東大学女子リーグ戦 9月19日 埼玉・新座市民総合体育館

チーム力を見せつけた早大、筑波大に打ち勝つ!

 関東大学リーグ戦(リーグ戦)の第5節。相手はユニバーシアードの代表を有する強豪・筑波大。今春に行われた関東大学女子選手権(トーナメント)では延長戦の末敗れた、因縁の相手でもある。早大は立ち上がりから積極的な攻撃を見せリズムをつかむ。インサイドとアウトサイドのシュートをバランスよく使い分け、相手のディフェンスを翻弄(ほんろう)すると、13点のリードで前半を折り返す。迎えた第3クオーター(Q)では相手に押し込まれる時間帯が続き、苦しむもなんとかリードを保って最終Qへ。結局一度もリードを許さなかった早大が82-70で勝利。開幕から5連勝を飾った。

 前半の立ち上がり、リーグ戦初スタメンのC田中真美子(スポ1=東京成徳大)が躍動する。インサイドで確実に得点を重ねると、リバウンドやディフェンスでもチームに貢献。チームはその後もG田村未来(スポ2=愛媛・聖カタリナ女)やF萩尾千尋(スポ2=愛知・桜花学園)のスリーポイントシュートなどで相手を大きくリードする。最後はSG酒井愛(社4=神奈川・金沢総合)が確実にフリースローを決め、21-13で第1Qを終えた。第2Q、リードする早大はインサイドが上手く機能し、F関根彩乃(教4=千葉・昭和学院)やC林靖子(社2=福井・足羽)らが得点を重ねる。勢いは止まらず、田村のスリーポイントシュートや田中のポストプレーなどで連続7得点を奪うと、47-34で前半を折り返した。

インサイドで得点を量産し、リバウンドでもチームに貢献した田中

 後半、ここまで順調と思われていたディフェンスが崩れ始める。相手のスピード感あるオフェンスに対応しきれず、フリーの状態でシュートを打たせてしまう場面も見られるようになった。さらに7分には、田村がこの試合4回目のファウルでファウルトラブルに陥ると、マッチアップしていた相手のエースが躍動し始める。対する早大はインサイドにボールを集め、田中や林が応戦した。しかし最終的に57-52と差を縮められ、最終Qを迎える。再びリードを広げたい早大は、序盤から積極的な攻撃を仕掛ける。酒井の得点で幸先の良いスタートを切ると、関根のスリーポイントシュートを皮切りに、G中村和泉(社3=山口=慶進)や林のシュートなどで連続11得点をマーク。一気にその点差を突き放した。ディフェンスも徐々に修正し、チーム全員がリバウンドやルーズボールへの意識を高め、安定した守備を展開した。強豪・筑波大相手に82-70のスコアで勝利し、開幕から5連勝を記録した。

チームトップタイの18得点をマークし好調を維持している関根

 この試合では早大のチーム力が多く示された。個の力で戦う筑波大に対し、組織の力で戦う早大。チーム全員が抜け目なくディフェンスへの意識を高めることで、リバウンドをとる確率も格段に上がった。課題となっていた立ち上がりも、序盤から100パーセントの力を出すことで、試合を優位に進められるようになった。この良い流れを今後の試合にもつないでいけるのかが、カギとなるだろう。

(記事、写真 橘高安津子)


第65回関東大学女子リーグ戦 9月19日(vs筑波大)
   1Q 2Q 3Q 4Q 合計

早大

21 26 10 25 82
筑波大 13 21 18 18 70
◇早大スターティングメンバー◇
G#22 田村未来(スポ3=愛媛・聖カタリナ女)
SG#31 酒井愛(社4=神奈川・金沢総合)
F#18 関根彩乃(教4=千葉・昭和学院)
F#7 加藤臨(スポ3=山形市立商)
C#14 田中真美子(スポ1=東京成徳大)
◇主なスコアリーダー◇
得点  関根彩乃、田中真美子:18得点
リバウンド  田中真美子:11リバウンド
アシスト  関根彩乃:3アシスト
関連記事

開幕4連勝も、課題の残る結果に/関東大学女子リーグ戦(9/14)
激闘を制す!女王ワセダ、盤石の3連勝!/関東大学女子リーグ戦(9/13)

順大を圧倒し、リーグ戦連勝スタート!/関東大学女子リーグ戦(9/02)