バドミントン部

2015.09.20

関東大学秋季リーグ戦 9月19日 神奈川・日体大健志台米本記念体育館

男子は痛恨の黒星、女子は好調維持で2連勝!

 関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)は折り返しとなる3日目を迎えた。ここまで2連勝の男子は日体大との対戦。マッチカウント2-3で接戦を制すことができず、今大会初の黒星を喫した。2日目の法大戦で完勝した女子は青学大との一戦。序盤から良い流れをつくり4-1で快勝した。

 シングルス1に出場した古賀穂(スポ1=福島・富岡)。1ゲーム目は粘りのプレーを見せ、21-19と接戦をものにする。しかしその後は「自分のミスで相手の流れになってしまった」(古賀穂)と振り返ったように、ミスが目立ち思うようなプレーができない。両者一歩も譲らずファイナルゲームへと突入。「自分のプレーができた」と話した古賀穂は、正確なショットで相手を翻弄(ほんろう)する。最後は甘く上がった球を押し込み、試合を決めた。シングルス2を落として迎えたダブルス1には絶対的な強さを誇る古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一(スポ4=福島・富岡)組が登場したが、相手のペースにのまれ、まさかの敗北を味わった。ダブルス2も勝ち切ることができないまま行われたシングルス3で古賀輝が勝利し、一矢を報いたものの、マッチカウント2-3で敗れ悔しい結果となった。

 ファイナルゲームを制した古賀穂

 「シングルス1と2を取ったことで気持ち的にみんなが楽になった」と清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)が話したように、序盤でペースをつかんだ女子部。ダブルス1を落としたものの、その後のダブルス2に出場した清水・島田きらら(スポ3=青森山田)組が流れを取り戻し躍動した。第1ゲーム中盤まではリードを許す展開だったが、終盤で追い上げ逆転に成功。続く第2ゲームは「相手の動きを読んでプレーできたのがよかった」という島田の言葉通り、落ち着いたプレーで主導権を握る。この試合をストレートで下すと、シングルス3もいい試合運びで相手を圧倒し、マッチカウント4-1で白星を奪取した。

 ハイタッチを交わす清水(左)・島田組

 「自分たちが負けて精神的にチームが揺らぐと思うが、それを無くしてあと2試合しっかりと勝ちたい」(古賀輝)。男子は大会3日目を白星で飾ることはできなかったが、ここから立て直して残り2試合でどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。一方の女子は、「筑波大の結果によっては優勝の可能性もある」(清水)と、自信をのぞかせる。勢いも味方につけ、栄冠へ―。早大の戦いから目が離せない。

 

 

(記事 田中佑茉、写真 三上雄大、橋本望)

結果

▽男子団体●2-3日体大
シングルス1 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-1(21-19、16-21、21-17)
シングルス2 松本康平(スポ2=埼玉栄)●1-2(21-13、13-21、16-21)
ダブルス1 古賀輝(スポ2=埼玉栄)、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)●1-2(15-21、21-9、17-21)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)●0-2(13-21、19-21)
シングルス3 古賀輝 ○2-1(17-21、21-13、21-15)

▽女子団体○4-1青学大
シングルス1 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-0(21-19、22-20)
シングルス2 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)○2-1(21-19、13-21、21-18)
ダブルス1 我妻、中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)●0-2(22-24、17-21)
ダブルス2 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田) ○2-0(21-19、21-8)
シングルス3 中西 ○2-1(21-11、21-19)

関連記事

男女ともに快勝!秋季リーグ2日目/関東大学秋季リーグ戦(9/15)

男子は好発進、女子は悔しい1敗/関東大学秋季リーグ戦(9/13)

コメント

古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)

――前回の試合から1週間空きました

特に特別なことはしていませんが、気持ちを高めて先週の雰囲気を切らさず全勝優勝する気持ちでいました。

――きょうの試合をチームとして振り返って

シングルス1は東日本でもやっている古賀穂(スポ1=福島・富岡)がファイナルで取ってくれて。松本(康平、スポ2=埼玉栄)も良い流れでいけそうな中で負けてしまったんですが1ー1で悪い状況ではなかったです。やはり自分たちがエースダブルスとしているのに、負けてしまったのが良くなかったと思います。

――きょうのダブルス敗戦の要因は

自分たちのリズムでできず、相手のリズムに乗せられてしまってミスを誘われてしまいました。また自分たちのミスも多くて差を広げられてしまったというところです。

――しかし最終セットには7連続ポイントもありました

変わらないとは思うのですが、マッチポイントを握られて追い詰められていたという部分もあると思うので。ネットインで結果は負けてしまったので、その点は残念です。

――個人としてはシングルス3として勝利し、意地も見せました

4ー1で負けたりすると、勝敗数が同点の場合、1位も2位になってしまう可能性があるので、まずは勝てて良かったです。

――あすへの意気込みは

自分たちが負けて、崩れてはないとは思いますが精神的にはチームが揺らぐと思うのでそういうのを無くしてあと2試合しっかりと勝ちたいです。

古賀穂(スポ1=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返って

きょうは1ゲーム目は粘ってチャンスをつくって決めるという自分のプレーができました。2ゲーム目は自分のミスや自分のスピードが落ちたことで相手の得意なプレーをさせてしまい、相手の流れになっていました。ファイナルゲームは粘ってチャンスメイクする自分のプレーができました。相手のミスのおかげもあって勝つことができたと思います。

――インターバル中に他の選手から何かアドバイスは受けましたか

インターバル中は、主将から自分がきつかったら相手もきついということと、フットワークを上げることを言われました。

――チームとしては初黒星となってしまいました

エースに頼りすぎている部分が自分はあると思うので、もっとエース以外の人たちで勝っていけるようなチームにならないとこれからは勝てないと思います。

――修正していきたい点はありますか

相手のペースになったらそのまま相手のペースにのまれてしまうことが多いので、相手のペースになってもしっかり自分のペースに戻せるように修正していきたいと思います。

――あすの試合に向けて意気込みをお願いします

絶対勝ちます。

清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

シングルス1を取れたことがやっぱり大きかったですね。シングルス1か2か、最低でもどっちか取れて欲しいなっていう気持ちでした。そしたらどっちも取れたので良かったです。

――青学大との対戦でしたが、何か意識したことはありましたか

青学大には絶対勝ちたい、絶対勝たなきゃいけない、と思っていました。ダブルス1とシングルス1でどれだけやれるかなって思ってたんですけど、みんな自分の力を出したら勝てるとは思っていました。なので、どうやったら思いっきりできるかなと思って、みんなで相談してオーダーを決めました。

――4-1という結果で勝ちましたが、そのことについてはどう思いますか

ダブルスはひとつ負けてしまったんですけど、内容も良かったし、5-0(の可能性)もあったのかなと思います。それはやっぱりシングルス1と2を取ったことで、気持ち的にみんなが楽になったからかなと思います。

――ご自身のダブルスでは、1ゲーム目でイレブンを先取されてから見事巻き返しましたが、インターバルでは島田(きらら、スポ3=青森山田)選手とどのようなお話をされたのですか

相手がレシーブをクロスに打ってくることが多くて、それに対して自分が焦って打ち込んで決めてやろうという気持ちが強くなってしまっていました。なので、とりあえず落としながらやって、とにかくミスをしないでいこうという話をしました。

――2ゲーム目は大差をつけて勝ちましたが、その勝因は何だったと思いますか

2ゲーム目はもう向こうのコースが分かったので、楽に、ただ入れていくだけでそういう結果になったという感じです。

――あすに向けて意気込みをお願いします

あした、あさってしっかり勝ちたいです。筑波大の結果によっては優勝の可能性もあるので、優勝できるように頑張ります。

島田きらら(スポ3=青森山田)

――きょうの試合を振り返って

1ゲーム目は硬くなってしまい、相手の球に対して後から動いて、引くかたちをとってしまいました。自分たち本来のプレーができなくて焦ってしまったのですが、2ゲーム目は相手の動きをどんどん読んで動いていこうと話していたので、読んでプレーできたのが良かったと思います。

――対戦相手である青学大の印象はいかがでしたか

春はギリギリで勝っていたというのもあり、自分たちがしっかりやっていれば勝てると思っていました。

――きょうの4-1という結果に関して

いつも負けてることが多いので、良い流れで勝つことができて良かったと思います。

――対戦相手である青学大の印象はいかがでしたか

春はギリギリで勝っていたというのもあり、自分たちがしっかりやっていれば勝てると思っていました。

――チームとしては2連勝ですが

自分が入学してから、リーグ戦の中日で連勝は初めてのことなので、すごくワクワクしてます。

――あすの日体大戦に向けての意気込みをお願いします

勢いがある大学なので、そこに負けないくらいの勢いで、もう1試合勝てるように頑張ります。