卓球部

2015.09.15

秋季関東学生リーグ戦 9月14日 東京・代々木第二体育館

悲願の優勝をかけて、専大との大一番

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)4日目、ここまで全勝の早大は同じく全勝の専大と優勝をかけた大一番を迎えた。1、2番手で4年生の大島祐哉(スポ4=京都・東山)、山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)がそれぞれ白星を挙げ、チームに勢いをつける。しかし、ダブルスをフルゲームの末落とすなどあと一歩及ばず、団体スコア3-4で惜敗。4年生にとって最後のリーグ戦を優勝で飾る夢は、ここでついえた。

 勝った方が栄光を手にする運命の一戦。1番手には「自分から1番手に行かせてくださいという風に言った」(大島)とリーグ戦制覇への強い思いをのぞかせた大島が出場した。強化してきたサーブや得意のフォアが要所で決まり、ストレートで相手を下す。良い雰囲気の中、2番手には山本主将が登場。ゲームカウント1-1で一時並ばれるも、その後2ゲームを連取。「4年生らしく、チームに勢いをつけられるようにした」(山本主将)と語ったように、早大の卓球部を支え続けてきた2人が、栄冠に向け好スタートを切った。

大島・上村組

 団体スコア2-1のリードで迎えた4番手のダブルスはこれまで全勝の大島・上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)組。「出だしの入りが悪かった」(上村)と悔しげに振り返ったように、接戦の末2ゲームを先取されてしまう。その後は巻き返しを見せ、第4ゲームでは9連続ポイントを決めるなど流れをつかんだかに思われた。緊張感に包まれた中行われた最終ゲーム。7-7で並び両者互角の戦いを見せる。ところが終盤ではなかなか相手の隙をつくコースに返球できず、専大に軍配が上がった。6番手でルーキーの平野晃生(スポ1=山口・野田学園)が健闘したものの7番手・上村が苦手なカットマンに苦しみ、団体スコア3-4で悔し涙をのんだ。

カットマンに敗れ、優勝を逃した

 あすの最終戦は春のリーグ戦で苦汁をなめさせられた宿敵・明大。優勝の可能性はなくなってしまったが、「しっかり勝って、気持ち良く引退できるように頑張りたい」(山本主将)、「勝って4年生を気持ち良く引退させてあげられれば」(上村)と語ったように、選手たちの思いは一つだ。このメンバーで戦う最後のリーグ戦、早大のチーム力で王者を迎え撃つ。

(記事 橋本望 写真 熊木玲佳、豊田光司)

結果

▽専大 ●3-4

◯大島祐哉3−0田中博巳

◯山本勝也3−1徳島剛

●竹岡純樹1−3田添健汰

●大島祐哉・上村慶哉組2−3田添健汰・郡山北斗組

●高田直騎0−3郡山北斗

◯平野晃生3−0北原大輝

●上村慶哉0−3厚谷武志

永山健一監督(平12政経卒=福島・磐城)

――きょうの結果についてどう思いますか

大島、山本両エースが4年間やってきたチャンスのある今大会だと思っていて。率直に残念です。

――インカレ、リーグ戦と優勝には届きませんでした

4年生中心にまとまっていた良いチームであったので、結果としては届かなかったんですけど、やはり私の力不足ですとか、運がなかったりそういったことだと思います。2人でエースを捕まえに行ったんですけど外されたというところで。2点は予定通りとれたんですけど、竹岡(純樹、スポ2=青森山田)で1点取られて。頑張ったんですけど競って敗れて。それが逆に向こうには良い流れになってしまって。押し切られてしまいました。キーはダブルスだったと思うので。うちが若干何かが足りなかった。

――ダブルスは今季逆転勝ちが多かったように思えます。しかし今回は落としてしまいました

4ゲーム目は簡単に追いついて。5ゲーム目でもこれまでのように逆転勝ちできる流れではあったんですけど、相手もダブルスもキーだと思っていて思い切って攻めてきて。それが結果流れが相手の方が上回った結果かなと思います。

――今大会、平野選手もすごく調子がいいと思いますが

春は少し調子を落としていたところもあったんですけど彼なりに調整してくれて。結果復調してチームのためにいいところでポイントをとってくれていますので、来春に良い流れでつながると思います。

――上村選手が最後を任されることが多かったように思えます

今季、インカレ(全日本総合学生選手権・団体の部)でもラストで得点をしてくれたりと最初でも最後でも力を発揮してくれる選手だと思っていました。実際今回も最後まで回るかもしれないと思って、彼をラストにおいたんですけど、カットマンに苦手意識も若干あったようで春の練習会では接戦で負けたということもあり大丈夫かなと思っていたんですけど、相手は4年生ということもあり、関東学生で優勝していることもあり結果残念な結果になってしまったんですけど、来春以降彼に期待したいです。

――チームにはなんと声を掛けましたか

私達以上にやってくれているスタッフ、選手は本当に悔しいと思うので最後明大に勝って4年生をみんなで送り出そうと声を掛けました。

山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)

――きょうは優勝が懸かった一戦でしたが、どのような思いで臨まれましたか

本当に最後の試合になるので、4年生らしくチームに勢いをつけられるようにしました。

――きょうのオーダーは1、2番手が4年生でしたがその意図は何だったのですか

相手の田添(健汰、専大)選手がすごくエースとして強いのでそこを捕まえにいったというのと、やはり1、2番に(4年生を)置いておいたら2-0で回る確率がすごく高くなるので、その後の試合が有利に運べると思ってそういう風になりました。

――大島(祐哉、スポ4=京都・東山)選手の勝利後の順番でしたがその流れに乗ることはできましたか

僕の相手は春にやって負けた選手だったんですけど、チームの状態がすごくよかったのでその流れに乗って僕も勝つことができました。

――最終ゲーム、相手に追い上げられている場面でタイムを取っていましたが、その意図は何だったのですか

戦術に少し迷いがあったというのと、やはり一呼吸置くことによって相手のペースが崩れてくると思ったので、タイムを取りました。

――主将として、自分の試合の後どのような思いでチームメイトの戦いを見ていましたか

とにかく勝ってくれという思いで必死に応援しました。

――最後に、あすの最終戦への意気込みをお願いします

あすのメイジ戦、勝ってももう優勝は無くなってしまったんですけど、しっかり勝って、気持ち良く引退できるように頑張りたいと思います。

大島祐哉(スポ4=京都・東山)

――きょうは優勝が懸かった一戦でしたがどのような思いで臨まれましたか

やっぱり4年生最後のリーグ戦で優勝したいという気持ちはすごく強かったので、自分から1番手に行かせてくださいと言いました。その気持ちが良い方向に働けば良かったんですけど、ダブルスで少し硬くなってしまった部分もあって、そこの調整ができなかったかなと思います。

――ダブルスでは、2ゲーム取られた後に2ゲーム取り返していましたが、上村(慶哉、スポ2=福岡・希望が丘)選手とはどのようなお話をされたのですか

きょうは少し噛み合っていなくて。2-2までもっていって、そこから粘って勝ちたかったんですけど、最後少し相手も良いプレーが出てましたし、自分たちも良いボールを打って返されたので仕方ない部分もあると思います。でも打つコースが、最後ミドルに打てていたら勝ってたかなと反省もあります。とにかく0-2っていうスタートが良くなかったかなと思っています。

――シングルスに関して、対談でサーブを強化しているとおっしゃっていましたが、きょうその成果を発揮することはできましたか

要所で良いところにサーブが出せましたし、それはやっぱり練習してきたので良かったかなと思います。

――上村選手のシングルスの時に声をかけていらっしゃいましたが

やっぱり(相手は)苦手なカットマンですし、厳しい部分もありました。でも3-3で、お前に懸かっているから思い切りやれっていうのは難しいかもしれないけど、自分で振っていかないと点数は取れないからということを言いました。(上村選手は)振っていたんですけどやっぱり苦手な部分が少し出たかなと思います。

――最後に、あすの最終戦に向けて意気込みをお願いします

やっぱり最後勝って、最低でも2位という結果を残せたらいいかなって思います。

上村慶哉(スポ2=福岡・希望が丘)

――きょうのダブルスの試合を振り返っていかがですか

出だしの入りが悪かったのが一番の敗因かなと思っていて、その中でも僕の細かいところの技術が最初硬くなって思い切っていけなかったりとか、ちょっとしたミスが出たりとか、そういうミスが前半多かったので。やっぱり入りが悪かったんでそこが敗因かなと思います。

――左・右のペアとの対戦でしたがやりづらさなどありましたか

それはないです。どちらかというと結構やりやすかったです。

――ダブルス5ゲーム目の7ー7からの展開についてどうお考えですか

あの時は僕がサーブを出して、大島さんのフォアに思った通りにレシーブが来たんですけどミスしてしまった、そこは仕方ない部分もあって。そこから大島さんの強打と僕の強打と2本あったと思うんですけど、それがどちらとも相手の待っている方向に行ってしまって。それを返されて7ー10になってしまって。その時点で10ー7にできた展開だったので、そこがやはりだめだったなと思います。

――シングルスはカットマンとの対戦でしたがいかがでしたか

カットマンにはいつも負けたりよくしてるんですけど、その中でもやっぱり攻め方とかサーブの組み立てとか、もっと工夫できたところがあったんじゃないかと思います。

――厚谷選手(専大)と以前に対戦したことはありますか

そうですね。昔、高校生の時ですね。

――7番手を任されることについてはいかがでしたか

やっぱり僕まで回ってきたら僕がきめ決めたいなという気持ちは最初からあって、その準備もしていたんですけど、結果的に負けてしまってかなり残念です。

――きょうの試合についてチームではなんと話されましたか

やはり優勝を目標にしてきて今回は良い流れできていたので優勝したかったんですけど。結果負けてしまって優勝はなくなってしまったので、あす勝っても優勝はないですけど、勝って4年生を気持ち良く引退させられればなと思います。