野球部

2015.09.14

秋季リーグ戦 9月14日 神宮球場

横尾・谷田のアベック弾!立大から勝ち点奪取/立大3回戦

立大3回戦
立大
慶大 ×
(慶)三宮、○加藤—小笠原
◇(本塁打)横尾1号ソロ、谷田3号2ラン(二塁打)谷田、梅野、横尾

 開幕戦をサヨナラ勝ちで制するも、2回戦では立大に“サヨナラ返し”を食らった慶大。勝ち点1を懸けて3回戦に臨んだ。試合は慶大が先制した直後に逆転を許すも、すかさず同点に追いつく展開。その後は両チーム無得点で迎えた8回、慶大は主砲・谷田成吾(4年)が3試合連続となる決勝2点本塁打を放ち、試合を決めた。

 慶大は開幕戦に続き、左腕・三宮舜(4年)が先発。味方が1点を先制した直後の2回には、笠松悠哉(立大)に2点本塁打を浴び逆転を許すが、その後の投球が見事だった。ダイナミックなフォームから繰り出される直球は140キロを超え、立大打線を寄せ付けない。4回には一塁走者をけん制で誘い出すなど、冷静なマウンドさばきも光った。8回からは加藤拓也(3年)が登板。いきなり制球を乱し2死三塁のピンチを迎えるが、佐藤拓也(立大)に対して自慢の速球で真っ向勝負。芯で捉えた打球は中堅手の頭上を襲うも、加藤拓の球威が勝り、中飛に打ち取る。2点リードの9回にも走者を背負うも後続を抑え、試合を締めた。

立大打線を抑え込み雄たけびを上げる三宮

 開幕から好調の打線はこの日も健在だった。初回、横尾俊建主将(4年)の今季1号となる左越えソロ本塁打が飛び出し、幸先良く先制。谷田も二塁打で続くと、次打者の山口翔大(3年)が中前へ弾き返す。この当たりで谷田が二塁から一気に本塁生還を試みるが、中堅手の好返球に阻まれ、追加点ならず。1点を追いかける3回には、1死から梅野魁土(4年)が初球をたたき、右翼線への二塁打で出塁。すると横尾が左翼フェンス直撃の適時二塁打で梅野を本塁に迎え入れ、同点とする。その後はなかなか勝ち越し点が奪えない慶大だが、好機は8回に訪れた。まず、先頭の梅野が遊撃への内野安打で無死一塁の好機を演出する。続く横尾は右飛に倒れるも、打席には2試合連続で本塁打を放っている主砲・谷田。初球を振り抜いた打球は左翼ポール際に飛び込む決勝の2点本塁打になり、またしてもこの男が慶大に勝利をもたらした。

勝ち越し本塁打を放った谷田

 3試合で両軍合わせて8本塁打が乱れ飛んだ今カードを制し、まずは勝ち点1を手にした慶大。打線の中心である横尾と谷田がそろって本塁打を放ち、豪打を見せつけたかたちだ。投手陣は万全な状態とは言えないものの、気持ちのこもった投球と巧みな継投でピンチを最少失点で切り抜け、勝利につなげた。昨季は開幕から法大に連敗し、早慶戦では目の前で早大の歓喜の瞬間を見届けた。悔しいシーズンを経て、『優勝』の2文字に対する思いは強いだろう。目標の天皇杯奪還まで、陸の王者は歩みを止めない。

(記事 郡司幸耀、写真 中丸卓己、芦沢仁美)

関連記事

谷田、2試合連続弾も…9回裏、まさかのサヨナラ負け/立大2回戦(9/13)

主砲の一振り!谷田の逆転サヨナラ本塁打で白星発進/立大1回戦(9/13)