バレーボール部

2015.09.14

秋季関東大学リーグ戦 9月13日 神奈川・青学大相模原体育館

黒星スタートも、新時代幕開けの予感

 秋季関東大学リーグ開幕戦。5季ぶりに1部という晴れ舞台に戻ってきた早大が、昨季2位の強豪・東海大に挑んだ。持ち前のコンビバレーで善戦を繰り広げたが、緊張の初戦で相手に格の違いを見せつけられる。セットカウント0-3(15-25、18-25、17-25)でストレート負けを喫した。

 「決定力、攻撃力の強化に重きを置いて練習してきました」(吉田千絵監督、平10教卒=岡山・就実)。これまで意識してきたサーブとブロックに加え、1部で勝つための攻撃力を磨いてきた早大。第1セットでは唐木沙彩主将(スポ4=千葉・柏井)らが厳しくマークされる中、ライトの平山璃菜(スポ3=東京・文京学院大女)が躍動する。スパイク、フェイント、ブロックと多彩な攻撃で得点を重ね、流れを渡さない。しかし終盤は相手の猛攻にのまれ、第1セットを落としてしまった。第2セットはサーブレシーブが冴え、互角の立ち上がりとなる。カウント8-8の場面で及川香菜(スポ3=宮城・古川学園)の強烈なスパイクが決まり、この日初めてのリードを奪う。その後もセッターの芹澤友希(スポ2=茨城・土浦日大)が正確なトスを上げ、サイドアタッカーがスパイクを左右に打ち分ける攻撃が何度も見られた。またも終盤に競り負けセット奪取はならなかったが、指揮官の目指す、コンビバレーを軸とした攻撃的なバレーが垣間見えた。

強烈なスパイクでチームをけん引した及川

 第3セットは終始苦しい展開に。第2セット以降マークが集中した平山にミスが続くなど、いつも通りのバレーができない。そんな中、一人のルーキーが存在感を示す。今季の起爆剤として、開幕スタメンに名を連ねた森佳央理(スポ1=群馬・高崎女)だ。「1年生らしく思い切りプレーすることを心掛けていました」という言葉の通り、上げられたトスを確実に決めては、爽快な笑顔を輝かせる。吉田監督も「合格点、80点くらい」と絶賛する活躍を見せ、自身初めてのスタメン起用に応えた。それでも、主導権を握ることはできないままゲームセット。負けはしたものの、試合後のコートには明るい未来を予感させる新風が吹き荒れた。

思い切りの良いプレーでスタメン起用に応えた森

 初戦から1部リーグの高いカベを目の当たりにした早大だが、第2、第3セットではチームの新しい良さを発揮することができた。来週は、昨季優勝校の筑波大との一戦が控えている。さらなる苦戦が予想されるが、「1部という舞台を最後に経験できるのはありがたいことだと思う」と語った唐木主将を中心に、全員の力で激動の秋を乗り越える。

(記事 川浪康太郎、写真 藤原映乃、中丸卓己)


セットカウント
早大 15-25
18-25
17-25

東海大
スタメン
レフト 唐木沙彩(スポ4=千葉・柏井)
レフト 及川香菜(スポ3=宮城・古川学園)
センター 関根早由合(スポ4=神奈川・橘)
センター 森佳央理(スポ1=群馬・高崎女)
ライト 平山璃菜(スポ3=東京・文京学院大女)
セッター 芹澤友希(スポ2=茨城・土浦日大)
リベロ 中川知香(スポ2=神奈川・橘)
コメント

吉田千絵監督(平10教卒=岡山・就実)

――秋季リーグに向けて意識して取り組んだことはありますか

春はどちらかというとサーブとブロックに絞って練習してきたんですが、決定力、攻撃力の強化というところに重きを置いて練習してきました。

――森佳央理選手(スポ1=群馬・高崎女)の開幕スタメン抜てきの理由は何ですか

森はもともと技術力も精神力も高い選手です。1年生だったのでなかなか春の出番はありませんでしたが、攻撃力の強化といったところで、(前衛が)2枚のローテがうちは苦しいので、そこで打数を増やし決定力を上げるという意味で期待しています。

――その森選手のプレーはいかがでしたか

彼女は初のスタメンで緊張もしてたと思いますが、先輩よりも合格点、80点くらいですね。あとはもう少しブロックと攻撃の精度を上げて欲しいです。

――東海大との差やチームの課題はどのようなところでしょうか

技術力の差は正直そこまでないと思っているのですが、1部としてのプライドというところですね。そこにのまれてしまったなというところがあるので、もっともっとチャレンジしていくことを出せるように、来週は頑張りたいと思います。

――第2セット中盤などでは良い展開に持ち込みましたが、収穫はありましたか

サーブで攻めることができたことと、サーブレシーブが東海大に前をやられたんですが、シフトを変えて前目に位置取りをしてからサーブレシーブが返り始めたので、得意とするコンビバレーはできるようになってきたかなというところですね。

――次の試合への意気込みを聞かせてください

やはり2部と違って、1勝するのにそんな簡単に勝てるわけではないので、どんどんチャレンジする、1本決まったら喜ぶ、といったところをまずは大事にしたいと思います。

唐木沙彩主将(スポ4=千葉・柏井)

――久しぶりの1部での試合また開幕戦ということでどのような気持ちで臨まれましたか

念願の1部ということもあり、また開幕戦ということもあったので、とりあえず思い切ってバレーボールをして楽しんでプレーしていこうということをチームで統一して話して試合に臨みました。

――唐木選手が第1セットを受けて第2セットで変えたところはありますか

キャッチをとった後にスパイクにまわったり、レシーブとった後にスパイクにまわるということを多くしていこうと思って、その中で自分でリズミムをつくってやっていこうと意識してやりました。

――チームとして第1セットと第2セットで変えていった部分はどこですか

第1セットは足が動かなくてキャッチが返らなかったので、まずみんなでキャッチをしっかりとってからスパイクにつなげようということを話して第2セットはやりました。

――サーブで相手を崩したいと以前おっしゃっていましたが、きょうはサーブはいかがでしたか

チームとしてもサーブが機能しなかったのでそこが修正点だと思います。

――1部で対戦してみて見つかった課題だったり、2部との違いはありましたか

課題と言っちゃうと数多いんですけど、1部という舞台を最後に経験できるのもありがたいことだと思うので、その1部でまずは全力でプレーすることがきょう出た課題です。違いと言ったら相手も2部とレベルが違ってきたり、空気感だったりも違ってくるので、その空気に早く慣れていきたいと思います。

――課題も見つかった反面、手応えや良かったところはありますか

きょうやってみて、相手に何かされたというよりは自分たちが持ち味を発揮できなくて負けたっていう試合でした。やってみた中で自分たちの持ち味を出したりやることをやれば通用するなっていう手応えはつかめたので良かったなと思います。

――夏の間に強化しようと思ったところはありますか

2部で通用したサーブが自分たちの軸だと思っていたのでサーブとブロックという軸を崩さずに強化をしてきました。加えてキャッチからの攻撃の点数は取れていますが、ディグから切り返しの中で点数が取れなかったのでそこのディグから決めていくことを課題に練習してきました。

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

次の試合では、まずはサーブとブロックという軸を取り戻しながら、しっかり1部の雰囲気を楽しんで、思いっきりプレーしていきたいと思います。

平山璃菜(スポ3=東京・文京学院大女)

――久々の1部での試合でしたがどのような気持ちで臨みましたか

1年生の春に1部を経験して以来、その時に2部に落ちてからずっと(1部に)復帰したいと頑張ってきて、春やっと全員で勝ち取った1部でした。自分たちが1部で戦うためにやるべきことはやったと思うし、この舞台でできることに感謝して楽しむ気持ちを持って臨みました。

――きょうのサーブの出来はいかがでしたか

全然駄目でした。自分たちが武器としているものがサーブとブロックなのに、それで攻めきれなかったというのが、自分たちがしたいバレーができなかった原因だと思います。

――第2セット以降はマークが厳しかったですが、ご自身のスパイクはいかがでしたか

第1セットは、自分的にも手応えがあって注意してた部分があったと思うんですが、2、3セットとマークが厳しくなった時に決めれないと、どうしてもレフトに任せてしまって回らなくなってしまうので、自分が常にライトで機能してセンターと絡んでレフトを楽にしてあげることが大事だなと思いました。

――東海大との差や見つかった課題はありますか

みんな緊張していました。まずはせっかく上がってきた1部なので、相手どうこうではなくて、自分たちのやりたいバレー、これまで積み上げてきたものを1部でやれるように頑張って作り上げた自分たちのバレーをどこが相手でもできたらと思います。

――次の試合への意気込みを聞かせてください

1週間また空くので、しっかり修正する部分を修正して、ワセダらしいバレーが展開できるように頑張りたいと思います。

森佳央理(スポ1=群馬・高崎女)

――1部リーグでの試合となりましたが、試合を振り返っていかがですか

春リーグはレギュラーとして出ていなくて、秋リーグから初めてレギュラーとして出て、その初戦がきょうでした。第1セットはすごく緊張して自分のプレーが出せなかったです。第2、3セットは緊張も和らいで、自分のプレーが全部出せたわけではないですがそれなりにできたかなと思います。

――開幕スタメンということで何か心掛けていたことなどはありますか

自分は1年なので、1年生らしく思い切りプレーすることを心掛けていました。

――その中でスパイクも決まっていましたがご自身ではどうでしょうか

第1セットは結構緊張していたので周りも見えなかったですが、第2セットからはブロックも見えてコースを狙って打てるようになってきました。きょう敗戦して悔しい思いをしたので、来週はもっと自分たちのプレーが出せるようにやっていきたいです。

――他の選手がマークされている中でのプレーでしたが

他の先輩方は春から出ているのでマークされていて、でも私は出ていなかったので相手も初めて見る人だったと思うんですけど、もっとその分上がってくるトスは全部決めるぐらいの勢いで打てたら良かったなというのは反省です。

――サーブについてはいかがですか

2部で通用していたサーブも1部では通用しないということがきょうチーム全体としても課題だったので、サーブをもっと修正して来週からも得点源になるようなサーブを打てるようにしたいです。

――ストレート負けでしたが、東海大との差はどのあたりに感じられましたか

やはりサーブと、乱れたレシーブを打ち返せるスパイカーの違いかなと思いました。

――最後に来週の試合に向けて意気込みをお願いします

初戦で緊張して思うようなプレーができなかったですが来週は緊張する必要もないので、自分らしいプレーが全部出せるように頑張りたいと思います。