野球部

2015.09.14

秋季リーグ戦 9月13日 神宮球場

谷田、2試合連続弾も…9回裏、まさかのサヨナラ負け/立大2回戦

立大2回戦
慶大
立大 1×
(慶)亀井、小原大、三宮、●加藤拓—小笠原
◇(本塁打)谷田2号3ラン(二塁打)山口

 谷田成吾(4年)の劇的な逆転3点本塁打で幕を閉じた開幕戦。この流れのままいきたい慶大であったが、この日の試合は同点の9回裏に立大の6番・豊村哲司に勝ち越しソロ本塁打を浴びてサヨナラ負け。谷田に2試合連続となる3点本塁打が生まれたものの、その後の好機を生かしきれず痛い敗戦となった。

 2戦目の先発を任されたのは亀井倫太朗(2年)。初回を三者凡退に抑え、上々の滑り出しを見せる。続く2回表、先頭打者が四球で出塁すると、7番・小笠原知弘(4年)の左前安打などで1点を先制する。さらに3回も慶大の攻撃は止まらない。1死一、二塁で、続く打者はきのうのヒーロー谷田。5球目をフルスイングすると、右翼スタンドに飛び込む3点本塁打。1回戦に引き続き、4番の活躍が光った。しかし4回裏、立大も反撃に出る。無死一、二塁の場面で、5番・笠松悠哉の放った打球が風に乗って左翼スタンドへ。この笠松の3点本塁打を受けて、慶大は投手を小原大樹(3年)にスイッチ。小原大は4回を抑えたものの、5回に二塁打を2本浴び、同点とされた。

先制打を放った小笠原

 再びリードを奪いたい慶大であったが、立大の2番手・齋藤俊介を前に連打が出ない。6回、7回共に三者凡退で終わってしまう。この状況を打破したい慶大は、7回に前日開幕投手を務めた三宮舜(4年)をマウンドに送ると、三宮はこの回を三者凡退で抑える。さらに8回にはエース加藤拓也(3年)が登板。連投の三宮、加藤拓を助けるべく、野手陣も奮起したいところであったが、8回以降安打は1本のみであった。そして迎えた9回裏。この回を抑えて延長戦に持ち込みたい。仲間の思いも背負って、エースがこの日2イニング目のマウンドへ上る。しかし、投じた2球目。先頭の豊村に、右翼スタンドに運ばれた。これが決勝点となり、今季初黒星となってしまった。

サヨナラ本塁打を浴び肩を落とす加藤拓

  開幕戦は谷田の逆転3点本塁打でサヨナラ勝ち。2戦目は本塁打を打たれてサヨナラ負け。あまりにも対照的な2日間であった。しかし、谷田に2試合連続となる3点本塁打が飛び出すなど、収穫も多い試合であったことに間違いはない。昨季不調であった主砲は、完全復活を果たしたと言えるであろう。ただ、開幕戦と比べて安打の数が減り、連打も1回のみであった。優勝に向けて、まずは立大から勝ち点を奪わなければならない。そのためには、安打をつないで点をとる打線の奮起が必要だ。

(記事 當間優希、写真 山下夢未、角田望)

関連記事

主砲の一振り!谷田の逆転サヨナラ本塁打で白星発進/立大1回戦(9/13)