バドミントン部

2015.09.13

関東大学秋季リーグ戦 9月12日 神奈川・日体大健志台米本記念体育館

男子は好発進、女子は悔しい1敗

 関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)が開幕した。男子は日大と対戦し、マッチカウント3-2で白星発進。一方女子は関東大学春季リーグ(春季リーグ)の覇者である強豪・筑波大に1-4で屈し、悔しさの残る初日となった。

 男女ともに栄冠を目指す今大会。1-1で迎えた男子ダブルス1には、古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)・齋藤太一(スポ4=福島・富岡)組が登場した。第1ゲームは27-25までもつれ込む接戦の末、辛勝。その後流れをつかみ、ストレートで日大ペアを制した。続くダブルス2では6連続ポイントを許すなど苦しい展開になる。再び一敗を喫し並ばれるも、最後のシングルス3では主将の古賀輝が快勝。「自分のプレーをすれば勝てると思っていた」(古賀輝)と自信をうかがわせたように危なげなく白星を奪取し、秋季リーグのタイトル獲得に向けて好スタートを切った。 

 ジュースを制し、勢いに乗った古賀輝(左)・齋藤組

 「リベンジという気持ちでやった」と清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)が語った女子の相手は、春季リーグと東日本学生選手権(東日本インカレ)で涙をのんだ筑波大。勢いをつけたいシングルス1には中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)が出場した。粘り強いプレーに翻弄(ほんろう)されながらも、シャトルに緩急をつけ応戦する。あと一歩及ばず、第2ゲームをジュースの末21-23で落として惜敗。チームに弾みをつけるとまではいかなかったものの、強豪相手に互角の戦いを見せた。ダブルス2の我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)・中西組はシーソーゲームをものにし、女子はマッチカウント1-4で苦汁をなめる結果となった。 

  粘り強くプレーする中西

 「全部勝って優勝したい」(古賀輝)、「あしたから全部勝ちます」(清水恵)と、男女主将は4年生にとって最後のリーグ戦である今大会への熱い思いを語った。男子は2位、女子は4位で締めくくった春季リーグから約4か月。彼らは成長した姿をどこまで発揮できるのだろうか。秋季リーグの頂点を狙う戦いはまだ始まったばかりだ。

 

 

(記事 橋本望、写真 田中佑茉、谷口駿太)

結果

▽男子団体○3-2日大
シングルス1 古賀穂(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-10、21-8)
シングルス2 松本康平(スポ2=埼玉栄)●0-2(12-21、11-21)
ダブルス1 古賀輝(スポ2=埼玉栄)、齋藤太一(スポ4=福島・富岡)○2-0(27-25、21-16)
ダブルス2 中里裕貴(スポ2=埼玉栄)、富岡寿将(社2=熊本・八代東)●0-2(11―21、15-21)
シングルス3 古賀輝 ○2-0(21-13、21-15)

▽女子団体●1-4筑波大
シングルス1 中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)●0-2(16-21、21-23)
シングルス2 我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)●1-2(21-18、15-21、7-21)
ダブルス1 清水恵(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)、島田きらら(スポ3=青森山田)●0-2(17-21、14-21)
ダブルス2 我妻、中西 ○2-0(23-21、21-19)
シングルス3 松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)●0-2(16-21、15-21)

コメント

古賀輝主将(スポ4=埼玉栄)

――チームとしてどのような目標を掲げて今大会に臨まれていますか

男子は前回2位だったので、打倒中大だけでなく他も全部勝って優勝できるようにしたいと思って臨みました。

――きょうのご自身の試合を振り返っていかがですか

1-1で回ってきたんですけどダブルスは相手の一番手のエースクラスでした。そこにストレートで勝てたのはよかったかなと思います。シングルスは2-2で回ってきて自分が勝ったら勝ち、負けたら負けでしたが、自分のプレーをすれば勝てると思っていたので、自分のプレーができてよかったです。

――ダブルスではジュースにもつれ込んでいましたが、その際何か意識されたことはありますか

気負わず楽しくやろうと思ってやりました。

――夏に何か個人もしくはチーム全体で取り組んだことはありますか

夏は日本代表のほうで遠征や合宿が多かったので、あまり一緒に練習することができませんでした。リーグ前に少しみんなと練習できてよかったかなと思います。

――あすの試合に向けて意気込みをお願いします

あすは明大戦で、東日本では負けているのでリベンジという形になりますが、リーグでは勝っているので、勝てるように頑張りたいです。

齋藤太一(スポ4=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

自分としてはあまり調子が良くなくて、足があまり動いていませんでした。試合自体には勝てたのでまあよかったと思います。

――きょうは日大との戦いでしたが、どのような思いで臨まれましたか

最後のリーグ戦なので全勝して終わりたいなという思いがあって、日大だからというのは特にありませんでした。とりあえず勝とうという気持ちだけでした。

――1ゲーム目は27-25までもつれ込みましたが、振り返っていかがでしたか

競った場面で前で積極的にできなかったと思うので、あしたは積極的に前に出てもっと早い段階で終わらせたいなと思います。

――この夏強化した点は何かありますか

合宿とかもあったので、フィジカルや身体の基礎的な体力、筋力などは上がってきているなと思います。

――きょうその点を発揮することはできましたか

きょうは足があまり動いていなかったので、全然良いパフォーマンスじゃなかったと思います。あしたは頑張ります。

――あすの試合に向けての意気込みをお願いします

あしたはもっと試合の序盤からとばして点差をつけ、簡単なゲームで終わらせられるように頑張ります。

清水恵女子主将(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――今大会、チームとしてどのような目標をもって、臨まれましたか

秋リーグ優勝を狙って臨みました。

――ご自身の試合を振り返って、いかがでしたか

1週間前ぐらいの東日本大学選手権(東日本インカレ)でも対戦した相手でした。東日本インカレでも優勝してて、強いっていうのは分かっていました。それに対応できるようにやっていたつもりなんですけど、向こうの方が上でしたね。

――夏に何か取り組んでこられたことはありますか

体力トレーニングをしていたと思います。

――きょうは筑波大が相手でしたが、何か意識されたことはありましたか

東日本の団体でもあたったので、リベンジっていう気持ちで臨みました。逆に、同じ相手とやるってなったときにオーダーを変えた方がよかったのかなという反省点はあります。

――あすの試合への意気込みをお聞かせください

あしたから全部勝ちます。