野球部

2015.09.13

秋季リーグ戦 9月12日 神宮球場

主砲の一振り!谷田の逆転サヨナラ本塁打で白星発進/立大1回戦

立大1回戦
立大
慶大 3×
(慶)三宮、亀井、加嶋、太田、○加藤—小笠原
◇(本塁打)谷田1号3ラン(二塁打)北村、梅野、谷田

 昨季早慶戦で連敗し、優勝を逃した雪辱に燃える慶大。この日立大との開幕戦を迎えた。試合は立大に主導権を握られ、追いかける展開に。攻めあぐねる慶大であったが、終盤1点差に追い上げる。迎えた最終回、谷田成吾(4年)の逆転3点本塁打が飛び出し7−5でサヨナラ勝ち。逆境をはねのけ開幕戦を白星で飾った。

 大事な開幕戦の先発を任されたのは三宮舜(4年)。序盤は直球と変化球のコンビネーションを武器に相手打線を手玉に取る。しかし4回、2点本塁打を浴び先制されると、5回にも安打と2つの四球で満塁のピンチを招き無念の降板。後を受けた投手もこらえきれず、走者一掃の適時打で追加点を奪われ、立大に4点のリードを許す。打線の反撃で1点差に迫った直後の8回、マウンドに上がったのはエース加藤拓也(3年)。最速153キロを計測するなど力のある速球で相手打線を抑え込む。9回も三者凡退に切って取り逆転につながる投球を見せた。

開幕投手に抜てきされた三宮

 打線は立大先発・澤田圭佑の前に中盤まで1点に抑えられる。しかし7回、相手の失策も絡み一挙3点を奪って澤田圭をマウンドから引きずり降ろす。1点をリードされたまま迎えた9回。梅野魁土(4年)、横尾俊建主将(4年)の連打で無死一、二塁の好機を演出。ここで打席に入ったのは開幕4番を任せられた主砲・谷田。ボールカウント2−1から迎えた4球目。バットを振り抜くと、快音を残した打球は一直線で右翼席へ。逆転のサヨナラ3点本塁打。ベンチから選手たちが飛び出し、谷田を手荒く出迎える歓喜の輪ができた。慶大は苦しみながらも、昨季不調に苦しんだ男の一振りで劇的な勝利を収めた。

サヨナラ本塁打を放った谷田。この日は4打点と勝利に貢献した

 先発・三宮が不安定な投球を見せるなど立大相手に5失点。投手陣に不安が残った。しかし2桁安打を放ち、自慢の強力打線は健在だ。主砲が本塁打を放って試合を決め、谷田と同じく昨季不振にあえいだ横尾主将も猛打賞を記録するなど好調。二人の大黒柱が見事な復活を見せた。この打線は相手チームにとって脅威になることだろう。3季ぶりの優勝を手にするために、まずは立大から勝ち点を上げることが不可欠だ。きょうの勢いそのままにあすも勝利したいところ。覇権奪還へ向けて――。陸の王者の戦いが幕を開けた。

(記事 新津利征、写真 郡司幸耀、茂呂紗英香)