野球部

2015.09.11

夏季オープン戦 8月14日 早大東伏見グラウンド

完封リレーで競り勝つ

TEAM
早 大
JR東日本

  中盤に差し掛かる夏季オープン戦でJR東日本と対戦。試合は序盤から両先発が好投し、投手戦となる。早大は六回に茂木栄五郎(文講4=神奈川・桐蔭学園)の適時打で先制すると、八回には野選で追加点を挙げる。投げては竹内諒(スポ3=三重・松阪)、吉野和也(社3=新潟・日本文理)の継投で相手打線を散発5安打に封じた。競った展開を制し、2-0で完封勝利。実力のある社会人チーム相手に価値ある1勝となった。

 先発のマウンドを任されたのは竹内。初回から球威のある直球で押し、上々の立ち上がりを見せる。中盤にやや制球を乱す場面もあったが、大きく崩れることなく5回を投げ切り、役割を果たした。あとを受けた吉野は緩急をつけた投球で翻弄する。だが2点リードの最終回、四球や失策が絡み2死満塁と最大のピンチを迎える。緊迫した場面だったが遊飛に打ち取り、試合を締めた。タイプの異なる3年生の投手リレーで、相手に最後まで的を絞らせなかった。

5回無失点と先発の役割を果たした竹内

 少ない好機を確実に得点につなげた。5回までわずか1安打に封じられていた打線は6回、敵失で出た走者を得点圏に送り、好機をつくる。2死二塁の場面で、打席には茂木。初球を振りぬき打球は鋭く中前へ。中軸が力を発揮し貴重な先制点を挙げた。8回には相手のミスにつけ込み、1点を追加。この試合わずか4安打に抑えられた早大打線。その中でも底力を発揮し、2点をもぎ取った。

 ロースコアの展開となったきょうの一戦。走者を出しながらも無失点で踏ん張った竹内、吉野が勝利の立役者となった。また打撃陣も力のある相手投手に苦しんだが、要所で得点を挙げ好投の投手陣を援護した。秋季リーグ戦に向けて実践を重ねる早大。社会人チームに対しては、今季オープン戦でここまで1勝にとどまっていた。強豪との接戦をものにしたこの試合は大きな収穫になったはずだ。

(記事 石川諒、写真 伊能由佳)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。