卓球部

2015.09.11

秋季関東学生リーグ戦  9月9日 神奈川・とどろきアリーナ

全勝で専大との直接対決へ!

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)が開幕して3日目。ここまで無敗の早大は、春季リーグ戦で敗れた駒大、春季リーグ戦3位の中大と対戦した。駒大戦は3番手・高田直騎(福岡・希望ヶ丘)が相手のエースを破る活躍もあり団体戦スコア4-0で快勝。2試合目の中大戦、トップを任された竹岡純樹(スポ2=青森山田)がストレート勝ちで相手を下しチームを勢い付ける。3試合目のシングルスで勝ち点1を落とすが、続くダブルス、シングルスで取り返し勝利を挙げた。

 連勝で迎えたリーグ第4戦の駒大戦。春は上手く流れに乗れず敗戦を喫しただけに、侮ることは出来ない。トップを任された上村慶哉(スポ2=福岡・希望ヶ丘)が冷静なプレーで快勝すると、続く山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)も力強いドライブ攻撃で団体戦スコア2-0とリードを奪う。3試合目を任されたのは、今大会初起用となった高田。「守っていても勝てないので、向かっていこうとした」(高田)と、相手エースに対し丁寧にコースを突いた攻撃で2ゲームを連取する。しかしリードした安心からか、追い上げを許し、第5ゲームにもつれ込む接戦に。中盤には6連続ポイントを奪われる場面もあったが、最後は粘り強さで上回り勝利をつかんだ。

リーグ戦初勝利を挙げた高田

 中大戦、先陣を切ったのは竹岡純樹(スポ2=青森山田)。今大会、シングルスで出場した2試合を競り負けており、まずは1勝を挙げたいところだ。序盤から積極的に攻撃を仕掛けリードを広げていくと、強力なバックドライブが炸裂しストレート勝ちを収めた。二試合目の大島も相手を圧倒し、3番手・平野晃生(スポ1=山口・野田学園)につなぐ。相手エースの定松祐輔(中大)に対しても、台上プレーで相手を揺さぶり1ゲームを先取する。しかしジュースとなった2ゲーム目を競り負けると、その後は流れを取り戻すことが出来ずに惜敗。続くダブルス、シングルスは白星を挙げ団体戦スコア4-1で試合を終えた。

トップ起用にしっかりと答えた竹岡

 ここまで連勝の早大は、中断期間明けの14日に同じく連勝の専大とぶつかる。リーグ戦5連覇中の明大はここまで2敗を喫しており、優勝決定戦ともなる。明大を下し勢いに乗る相手ではあるが、早大もここまで着実に勝利を重ねてきている。インカレ(全日本大学総合選手権・団体の部)で2位に終わった悔しさをもう二度と味わいたくはない。チームの真価が試される。

(記事 久保田有紀 写真 豊田光司)

結果

▽駒大 ◯4-0

◯上村慶哉3−0渡部大輝

◯山本勝也3−0英稔史

◯高田直騎3−2松田尚樹

◯大島祐哉・上村慶哉組3−0松田尚樹・水谷良紀組



▽中大 ◯4-1

◯竹岡純樹3−0高杉東志

◯大島祐哉3−1徳永大輝

●平野晃生1−3定松祐輔

◯大島祐哉・上村慶哉組3−0大坂亮輔・宮本高行組

◯山本勝也3−0宮本高行

コメント

山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)

――春に敗れた英(稔史、駒大)選手が相手でしたが

春は勢いに乗ることが出来なくて負けてしまったので相手の勢いに負けないように自分たちから攻めていくように心がけました。

――試合を振り返っていかがでしたか

前半でいい雰囲気で勝つことができたので、そのまま3番の高田(直騎)対松田(尚樹、駒大)まで回すことが出来ました。

――中大戦を振り返って

中央大学はすごい強い相手で接戦になると思っていたんですけど、前半の1,2番ですごく良い状態でいくことが出来ました。

――シングルスの2つはストレート勝ちを収めました

きのう、おとといに比べてきょうは調子が上がってきていて2試合とも大事な場面で勝つことが出来て良かったです。

――ここまで全勝できていますが、その点についてはいかがですか

ここまで全勝というのは当たり前と言えば当たり前なので、来週の試合について対策をしていきます。

高田直騎(スポ3=福岡・希望ヶ丘)

――今大会初勝利となりましたが振り返って

春季リーグ戦では勝てなかったので、相手もエースって分かっていたんで向かっていこうという気持ちで臨みました。

――エースに対し、どのような戦いをしようと思いましたか

守っていても勝てないと思っていたので向かっていこうと思いました。なるべく上手いコースを突いて最後は攻めて勝とうと思いました。

――リードした後、奪い返される展開となりました

リードしたので自分の中で安心感というか、そこが追いつかれた結果かと思います。

――ここまで全勝できていますが、チームの状態はいかがですか

苦しい試合もあったんですけど、全勝でこれたっていうのは収穫だと思うので。いまやっている試合があるんですけど、その結果次第で月曜日が優勝決定戦かも知れないのでそこは気を引き締めてチーム一丸となって戦いたいと思います。