卓球部

2015.09.10

秋季関東学生リーグ戦  9月9日 神奈川・とどろきアリーナ

東京富士大を破り、優勝へ望みをつなぐ

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)も3日目。連日の試合で選手たちも疲れを見せる中、早大は日大、東京富士大と対戦した。初戦は小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)がシングルス、ダブルス両方で白星を挙げる活躍もあり日大をストレートで下す。午後からの2試合目は、今大会無敗の東京富士大との一戦。試合の流れを左右するダブルス2試合を落とす場面もあったが、シングルスでは勝ち点を奪い団体戦スコア4-2で相手を下した。

 日大戦は1番手・阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)の快勝で好スタートを切る。2番手を任された小道野もストレート勝ちを収めると、続く高橋結女(スポ4=新潟産大附)とのダブルスでもゲームカウント3-1で白星を挙げチームを勢い付けた。この時点で団体戦スコアは3-0。早大の勝利まであと一つというところで、4番手に田中千秋(スポ2=愛知・愛み大瑞穂)が登場する。第1、2ゲームを相手と分け合い迎えた第3ゲーム、田中は立ち上がりから強烈なスマッシュを放ち果敢に攻めていく。「笑顔でできました」(田中)。ベンチからの声援にも後押しされ、見事その後のゲームを連続で奪い取った。早大は日大相手に完勝し、午後に行われる東京富士大戦へ良い流れでつないでいった。

嬉しい今大会初勝利を挙げた田中

 午後の相手は春季リーグ戦でフルゲームの激闘の末、なんとか勝ち星を挙げた難敵・東京富士大。日大戦の勢いそのままに強敵の撃破を狙った早大は、1番手の小道野がいきなり5ゲーム目までもつれる接戦を制す。さらに流れを呼び込むべく、2番手には阿部が登場した。1年生ながら今季は他大学のエースと相対する中、この日は実力者のカットマンと対戦。1ゲーム目こそ落としたものの、2ゲーム目以降は粘り強く戦うことを意識し3ゲームを連取。大きな期待と信頼を背負うルーキーが、チームの思いにきょうも応えた。立て続けの2つの勝利で一時は快勝かとも思われたが、その後は小道野・高橋、阿部・徳永の両ダブルスがともにあと一歩に泣かされ予断を許さぬ展開に。そんな試合を決めたのもやはり1年生の徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)。今季は重要な局面で貴重な白星を挙げる徳永が、白熱のラリー合戦を繰り広げる。消耗戦となった激しい試合は、勝負所でのスマッシュで相手を封じた徳永に軍配。団体戦スコア4-2でリーグ戦の前半を終えた。

実力者を下し貴重な白星を挙げた阿部

 2季ぶりの優勝を誓ってリーグ戦に臨んだ女子部。開幕戦でまさかの敗戦を喫し、早々に優勝へは黄色信号となった。しかしそこからチーム一丸で4連勝と状態は上向きだ。小休止を挟んで迎える後半戦。昨年に続く頂点へ――。戦うたび強さを増すワセジョの目には、悲願の優勝ただそれだけが映っている。

(記事 尾澤琴美、三井田雄一 写真 豊田光司)

結果

▽日大 ◯4-0

◯阿部愛莉3−1工藤

◯小道野結3−0向山佳歩

◯小道野結・高橋結女組3−1向山佳歩・原沙也可

◯田中千秋3−1宮内玲菜



▽東京富士大 ◯4-2

◯小道野結3−2前瀧初音

◯阿部愛莉3−1 池上玲子

●小道野結・高橋結女2−3 池上玲子・後藤奈津美

◯高橋結女3−1 小鉢友理恵

●阿部愛莉・徳永美子1−3 林めぐみ・小鉢友理恵

◯徳永美子3−1後藤奈津美

コメント

田中千秋(スポ2=愛知・みずほ大瑞穂)

――日大戦の勝利を決める一勝でチームに貢献しましたが、試合を振り返ってどうでしたか

3ー0で回ってきたこともあって前の方々が余裕を持って自分に回してくださって、思い切って振れたのはあるのですが、相手も後半まで回したいという気持ちがあってしぶとくて。でもしっかり勝ち切れたので良かったです。

――自分がプレーしやすいような雰囲気を作ってくれていましたか

雰囲気づくりもすごく良くしてもらえて、自分も笑顔でやることができました。

――日体大戦で負けてから、中一日で、きょうの二試合のオーダーに入りましたが

(日体大戦では)トップで出て、最初に負けてしまって、自分自身でも緊張状態が高くて。冷静にあとから試合を振り返って、やっとそれがわかったという反省点があり、そこをしっかり練習して、(きょうは)臨めたと思います。

――東京富士大の林さんとの試合は結果的に成立しませんでしたが、7番手での起用について

緊張してベンチの方々から「楽しんで」と言ってもらえて、そこで吹っ切れたというか、最初すごく緊張していたんですけど、そのアドバイスをもらって力を抜いて試合をすることが出来たのは良かったと思います。

――追い詰められた展開から最終セットリードを奪うまで追い上げましたが、その要因はなんでしょうか

ベンチがすごく笑って見ていてくれて、それですごい気持ちが軽くなったというか、ベンチに救われた感じです。

――いよいよ専大との大一番ですが、どのように調整していきたいですか

サーブ、レシーブなど細かいところをしっかり見直して、専大もすごい強いチームなので、対策をとって自分らしいプレーが出来たら良いと思います。

――意気込みをお願いします

しっかり当たる試合は勝っていきたいと思います。

阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)

――きょうの試合を振り返って

シングルスでは2番で出たのですけれど1番で小道野さんがすごい接戦だったのですが勝ってくれて、こっちも気が楽になって思い切っていけたのでよかったのです。ただダブルスは負けてしまってすごい課題が残る試合だったので、中日で調子を整えてまた最後の2戦で頑張りたいと思います。

――午後の東京富士大戦では相手がカットマンでしたが、その影響は何かありませんでしたか

私はカットマンは特に嫌ではないというか、苦手ではないので意識はそんなになかったです。

――その試合では1セット目は苦戦したものの、その後は3セットを連取しました。対戦する中で何か掴んだものがあったのでしょうか

6月に対戦していてボールも慣れていると思ったので最初は打ちにいったんですけれど、それがなかなか入らなかったので粘るようにしたらそれが効いたという感じです。

――先ほどお話に出たダブルスは、勝てばチームの勝利が決まる場面で回ってきたわけですが、そういったプレッシャーもあったのでしょうか

それもあったのですけれど、チーム自体は3-1で勝っていたので思い切ってやるだけでした。

――最初に言われた課題というのは具体的にどのようなものなのでしょうか

レシーブからの展開が悪いのでまずはレシーブをしっかりとやって、相手に攻められないようなレシーブをしてそこから狙っていけるようにしたいです。

――大学に入って2度目のリーグ戦ですが、ここまで春に比べてご自身の成長を感じる場面はありますか

春はあまり他のチームのエースとは当たっていなかったのですけれど、今回は本当にチームのエースとばかり当たってなかなかそんなに簡単には勝てないのですけれど、逆にいい経験ができているのかなと思います。

――次の専大戦にむけて一言お願いします

専大は今季は2敗しているのですけれどやはり強いと思うので、一戦一戦チーム一丸となって頑張りたいと思います。

徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)

――見事勝利しましたが、感想は

田中(千秋)さんが隣で試合をしていて、それがすごく心強くてあんまり勝ちとか負けとか気にしないようにしようと思いました。

――連日試合が続いていますが、疲れはありませんか

ちょっと疲れています。

――接戦となりましたが振り返って

関東学生選手権でカットマンに負けてから自分の中でカット打ちが課題だったので工夫してやっていたので、最後内容は微妙だったんですけど3ゲーム目までは練習してきたことが出せて良かったです。

――チームを救う勝利が続いていますがその点は

1戦目の日体大戦で自分が落としてしまってその夜色々考えたんですけど春リーグのように引きずらず次の日からチームのために頑張っています。