卓球部

2015.09.09

秋季関東学生リーグ戦  9月8日 神奈川・とどろきアリーナ

淑徳大に勝利し、2連勝を飾る!

 リーグ戦初日は黒星スタートとなった女子部。2日目は、大正大、淑徳大との一戦に臨んだ。第一試合の大正大戦は、1番手で登場した小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)が勝ち点1を奪うと、後続も団体戦スコア4-1で快勝した。 午後から行われた淑大との一戦は、1番手・高橋結女(スポ4=新潟産大附)が強気の攻めで相手を圧倒すると、勢いのまま3連勝し団体戦勝利に王手をかける。その後は勝ち点2点を返されるも、徳永美子(スポ1=福岡・希望が丘)がフルゲームの激戦を制し団体戦スコア4-2で全日本学生総合選手権・団体の部(インカレ)で敗れた雪辱を果たした。

 リーグ戦初白星をつかみたい早大は、1番手に主将の小道野結を起用。序盤からラリー戦で圧倒しリードを広げ、ゲームカウント3-1で試合を決めた。2番手・徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)も、バックのラリー対決では相手の攻撃を強打で破りリードを広げる。マッチポイントはサービスで決め、見事ストレート勝ちを収めた。3試合目のダブルスはフルゲームの末敗れたが、以降の阿部愛莉(スポ・大阪=四天王寺)のシングルス、小道野・高橋組のダブルスで確実に白星を重ね、団体戦スコア4-1で嬉しいリーグ戦初勝利を挙げた。

勝利でチームを引っ張る小道野主将

 インカレでの悔しさを晴らすため、チーム一丸となって臨んだ淑徳大戦。1番手・高橋は楊と対戦した。「トップだから思い切っていった」(高橋)との言葉通り、序盤から積極的に攻め相手の攻撃を封じる。リードしてもなお攻めの姿勢を貫き、見事白星を奪った。4年生の強気のプレーで勢いに乗ると、その後のシングルス、ダブルスを制し団体戦勝利に王手をかける。しかし続くシングルスは落とし、5試合目は小道野・高橋の4年生ダブルス。両者の激しい点の取り合いとなりフルゲームまでもつれ込む。この試合、先に10-5とマッチポイントを握ったのは早大だったが「勝ちに焦ってしまった」(高橋)と、後がない相手に押し切られまさかの敗戦。試合を決めることは出来なかった。6試合目の徳永美子は強豪・佐藤との一戦。序盤から強気の攻めで一気に2ゲームを連取するも、落ち着きを取り戻した相手に奪い返されフルゲームへ。緊張の場面ではあったが「他のことは考えなかった」(徳永)と、気後れせずに戦い抜いた徳永美子に軍配が挙がった。

勝利で試合を決めた徳永

 1年生の活躍に、笑顔に溢れる早大ベンチ。日体大に敗戦した初日から、見事な立て直しを見せた。3日目のあすは、ここまで連勝している東京富士大との一戦も控えるが「1試合1試合を大事に、全員でぶつかっていく」と小道野主将。リーグ戦優勝を前に、正念場が続く。

(記事 久保田有紀 写真 豊田光司)

結果

女子

▽大正大 ◯4-1

◯小道野結3-1富川

◯徳永美子3-0柴田

●阿部愛莉・徳永美子組2-3荒木・富川組

◯阿部愛莉3-0姜

◯小道野結・高橋結女組3-0野中・中村組

▽淑徳大 ◯4-2

◯高橋結女3-1楊

◯小道野結3-0島津

◯阿部愛莉・徳永美子組3-0高橋・島津組

●阿部愛莉1-3丹羽

●小道野結・高橋結女組2-3丹羽・佐藤組

◯徳永美子3-2佐藤

コメント

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――雪辱を果たし、淑徳大に勝利できましたが、いまの気持ちはいかがですか

すごい嬉しいです。インカレのときに最後の一本が取れず悔しい思いをしたのですが、今度は取れたのでさらに嬉しかったです。

――最後徳永選手が決めてくれましたが、ベンチで見ていてどう感じましたか

徳永の成長をすごく感じました。一年生でしんどい思いをさせて申し訳ないのですが、我慢して頑張っているのが伝わってきて、親のような気持ちでした(笑)。

――最終セットの際にはどのような声かけをしましたか

最後は弱気にならず、結果気にしないでとりあえず攻めていこうと言いました。あとは自分を信じていこうと言いました。

――大正大の1番手起用をどう感じましたか

一番でいこうと思っていたので、きた。て感じでした。

――あしたの試合への意気込みをお願いします

ここまで良い雰囲気できているので、明日からも1試合1試合を大事に、全員でぶつかっていきたいと思います。

高橋結女(スポ4=新潟産大附)

――意気込んで臨まれた試合で、勝利しましたがお気持ちはいかがですか

、トップで出場し、今まで負けていた選手に勝つことができとても嬉しいです。

――シングルスのトップ起用でその後のチームを勢いづけたと思いますが、意識されましたか

私自身団体戦では後半で起用されることが多いですが、トップだからといって特に意識はしなかったです。逆に思い切ってプレーできていたと思います。

――淑徳大のダブルスは試合を決める一戦でもありましたが、緊張など敗因は何でしょうか

最終セットまでもつれて、かなりリードしていたにも関わらず挽回されて負けてしまったのですが、最後は少し勝ちに焦ってしまった部分はありました。相手の方が冷静だった感じがします。

――あしたはどのようにチームに貢献したいですか

明日の二戦とも接戦になると思うので、自分のベストを尽くして頑張りたいと思います。

徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)

――シングルスの相手は佐藤優衣選手(淑徳大)でしたが、どのような試合をしようとしましたか?

何も他のことを考えず自分のできることを一生懸命しようと思いました。

――フルゲームまでもつれましたが、心境は?

ベンチの先輩方が最大限の力で応援して下さったので信じて頑張りました。

――あすへの意気込みをお願いします

明日も厳しい試合が続きますがチームワセダで頑張りたいです。