庭球部

2015.09.08

関東大学リーグ 9月5日 東京・有明テニスの森公園

伝統の早慶戦、連覇途絶える

 関東大学リーグ5日目は、慶大との伝統の一戦となった。ダブルスには林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)・細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)組、梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)組が出場するも、両組ともまさかの敗退。シングルスでもなかなか勝利をつかめない苦しい展開となり、宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)と辻恵子(教3=東京・早実)は白星を挙げたものの、早慶対抗試合(早慶戦)33連覇を逃す結果となった。

梶谷・上(左)組は、ファイナルセットを取り切ることができなかった

 ここまでの3戦すべてでダブルス1を務めてきた林・細沼組。チームにいい流れをもたらしたいところであったが、実力は折り紙付きの慶大ペアが立ちはだかった。序盤から勢いのあるプレーで攻めてくる相手のペースにのまれ続け、0-6、2-6で敗退。反撃の糸口をつかむことができず、悔しげにコートを後にした。一方のダブルス2では、幸先のよいスタートを切った梶谷・上組。だが、チャンスでのポイントを取り切ることができず、タイブレークにもつれこんだ。正確なコースを突くボレーを駆使し僅差(きんさ)でタイブレークを制したものの、続くセカンドセットでは最初のゲームをブレークされ、勢いを落とす。追い上げを見せたが挽回はならず、セットカウントは1-1となった。ファイナルセットでは、梶谷のサービスエースや、上のボレーで2ゲームを連取。しかし、その次の上のサービスゲームをブレークされたことで流れを持っていかれ、接戦を制することはできず。「勝たなければならない試合だった」(梶谷)と肩を落とした。

早慶戦優勝杯が慶大に渡るのを見つめる部員たち

 勝利のためにはシングルスで4勝しなければないらない。大きなプレッシャーがかかる中、シングルス4にはダブルスに引き続き細沼が登場した。昨年の早慶戦で早大の勝利を決めているだけに活躍に期待がかったが、試合の流れをつかみ切れない。強気で粘りのプレーを見せたものの、3-6、5-7で敗れた。もう一敗も許されない、そんな状況で戦っていたのは、シングルス3の金井綾香(社2=東京・早実)。ロブと強打を打ち分け気迫あふれるプレーをする相手に必死で食らいついたが、奮闘も空しくチームの負けが決まってしまった。結果として、早大に白星をもたらしたのは辻恵、宮地の二人。シングルス1の吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)も慶大エース西本を下すことはできず、早大は2-5で慶大に敗戦した。

 「慶大の方が勝負所でしっかり勝負できていた。負けるべくして負けた試合でした」。試合後、宮地主将はこのように語った。連覇を守る王者として、常に内外からのプレッシャーと戦っている早大。今回の早慶戦では、挑戦者として向かってくる慶大の勢いが早大を上回る結果となった。だが、このままでは終われない。早大の最終目標は王座(全日本大学対抗王座決定試合)10連覇を成し遂げること。慶大にリベンジするためにも、王座出場権を手に入れることは必須だ。3日後、気持ちを切り替えリーグ最終戦の山学大戦に挑む。

(記事 吉澤奈生、写真 山本葵、豊田光司)

結果

▽女子1部

●早大2-5慶大

ダブルス1

●林恵里奈・細沼千紗(0-6、2-6)池田玲・西本恵

ダブルス2

●梶谷桜舞・上唯希(7-6(5)、4-6、4-6)安形玲耶・村瀬早香

シングルス1

●吉冨愛子(4-6、0-6)西本恵

シングルス2

○宮地真知香(6-4、6-4)村瀬早香

シングルス3

●金井綾香(5-7、3-6)江代純菜

シングルス4

●細沼千紗(3-6、5-7)押野紗穂

シングルス5

○辻恵子(6-3、6-4)坂本君佳

関連記事

リーグ初戦は筑波大に6-1/関東大学リーグ(8/29)

リーグ戦2勝目も、課題の残る結果に/関東大学リーグ(9/05)

シングルス全勝で専大を撃破!/関東大学リーグ(9/08)

コメント

宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)

――きょうの早慶戦は2-5で敗れるという結果になりました

試合全体を通して、相手の方がやるべきことをしっかりやっていたという印象で、慶大の方が勝負所でしっかり勝負できていたと思います。負けるべくして負けた試合でした。

――宮地選手が試合に入られる前にチームの勝敗は決まっていましたが、どのような気持ちでご自身の試合に臨みましたか

試合に入る前から、チームが勝っても負けても自分がするべきことは変わらないと思っていたので、チームの負けが確定した後でしたがしっかり普段通りのプレーをしようと思っていました。

――ご自身の試合を振り返っていかがでしたか

全体的に自分のプレーの内容があまりよくなかったというのがあって。勝てたことは勝てたのですが、チームのためにももう少しスコアを離して勝てればよかったなと思います。

――試合後のミーティングでは部員のみなさんにどういった声掛けをされましたか

今回の早慶戦は負けてしまいましたが、リーグ戦(関東大学リーグ)としてはまだ5戦目が残っていて。この一戦で負けたからといってリーグ戦が終わったわけではないので、3日後に向けてもう一度頑張ろうという話をしました。

――次戦は山学大との対戦になります。王座(全日本大学対抗王座決定試合)出場権を懸けた争いとなりますが、意気込みをお願いします

チーム全員でもう一度団結してあとはやるべきことをやるだけです。2日間空きがあるので、ここで気持ちの整理を全員がして、王座出場目指して頑張りたいと思います。

梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)

――きょうの試合についてお聞きします。ファーストセットはタイブレークにもつれこみましたが、ボレーなどが良く決まっていた印象でした

やっぱり、ファーストセットでは離せるところで離せなくて。なんとか取ったゲームもあったのですが、結構こちら側にチャンスがあって、でも結局そのチャンスをつかめずに相手にセットポイントをにぎられてしまう場面もありました。タイブレークを取れたことはよかったのですが、それより先にもっと相手を突放せる機会はたくさんあったので、きょうはフルセットで負けてしまいましたが勝負はファーストセットにあったかなと思います。

――セカンドセットから少し勢いが落ちてしまったという印象でした

セカンドセットの出だしで私のサービスゲームをブレークされたことがまず良くなかったです。1-5までいったと思うのですが、結局4-5まで盛り返すことができて、ここは自分たちも勢いに乗ることができたのですが挽回するのが遅かったなと思います。ファイナルセットは気持ちを切り替えることができて出だしは良かったのですが、2-0からの上(唯希、スポ1=兵庫・園田学園)のサービスゲームをポイントを持っていながらも落としてしまって。そこから2-4まで取られてしまったので、相手を勢いづかせてしまったと思います。

――隣のコートでは林選手(恵里奈、スポ3=福井・仁愛女)と細沼選手(千紗、スポ2・東京・富士見丘)のダブルス1が試合をしていましたが、影響を受けることはありましたか

そうですね。(林・細沼組の)試合はあまり見ないようにしていたのですが、どうしてもあちらのスコアが聞こえてしまって。二人がファーストセットを0-6で落としたことは分かりましたが、絶対持ち直してくれると信じていました。でも、私たちがファーストセットを終えて休憩に入った時に試合が終わったのが見えて、私たちがダブルスで1本取らないといけないなと感じました。きょうの試合全体を振り返ると、私たちがダブルスで一勝を挙げていればまだ勝負は分からなかったので、勝たなければならない試合だったと思います。私は最上級生なので1年生である上にプレッシャーをかけすぎるのは良くないと思っていて、その分自分にもっとできることがあったのではないかと悔やまれます。

――ダブルスが終わった後はシングルスの試合を応援されていましたが、ご覧になっていかがでしたか

ダブルスが0-2になって、シングルスは後がないという状況になって。主に細沼の試合を見ていたのですが、相手は1年生で攻めのプレーをしてきていました。一方の細沼はずっとこのリーグ戦で単複戦ってくれていて、疲れもあっただろうしプレッシャーをかけてしまったなという思いはあったのですが、すごく頑張ってくれて。でも、2年生に責任を負わせてしまうかたちになったのは申し訳ないなと思います。その後も金井や吉冨の応援をしていたのですが、金井はたぶん細沼が負けて自分に勝敗が懸っているというのは分かっていて、最後まで諦めずにボールを追ってくれて。最後まで戦ってくれてありがとうと伝えたいです。結果としては負けてしまいましたが、全員がチームのために動いてくれたことに感謝しています。

――次戦の山学大戦に向け、意気込みをお願いします

もうやるしかない、という一言で、きょう負けた悔しさを山学大にぶつけたいと思います。私たちの最終目標は王座優勝なので、しっかり気持ちを切り替えて山学大に勝って、王座に出場して慶大に勝ちたいと思います。