庭球部

2015.09.08

関東大学リーグ 9月2、3日 東京・有明テニスの森公園

シングルス全勝で専大を撃破!

 関東大学リーグ(リーグ戦)第三戦は専大との試合。第二戦では亜大を相手にシングルスで苦しんだ早大は、ここで快勝し後半戦に向け弾みをつけたいところだ。ダブルス2試合では梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)組が勝利し1ー1とする。続くシングルスでは5戦全勝し、6-1で専大を下した。

 ここまでの2戦では2-0というスコアをつけてきたダブルス。しかし、ダブルス1の細沼千紗(スポ2=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)組は序盤から苦戦を強いられた。長いジュースに競り負けファーストセットを落とすと、その後も相手の積極的な攻めに引いてしまい、本来の力を発揮できず敗戦。隣のコートで試合を行っていたダブルス2の梶谷・上組も、「横の試合が終わったので絶対に勝たなくてはならないと思って、意気込みすぎてしまった」(上)とペースが乱れ始める。セカンドセット3-4の場面でブレークされ、そのままこのセットを落としてしまった。しかし、気持ちを切り替え臨んだファイナルセットでは、相手のミスが増えた機会を逃さず梶谷・上組が一気に攻める。前衛を抜くストレートや不意を突くボレーが次々と決まり、6ー1で危なげなく勝利をものにした。

サーブでもポイントを奪った金井

 シングルス4には約1年ぶりの団体戦出場となる金井綾香(社2=東京・早実)が登場。「らいねんはいまの4年生が3人抜けるということも意識して、絶対に勝たなくてはならない」という強い思いを持って試合に臨んだ。序盤は相手の鋭く低いストロークに苦戦し、取られては取り返すシーソーゲームが続く。だが、渡辺隼コーチ(平18スポ卒=静岡・庵原)のベンチ入りを期に落ち着きを取り戻した金井。冷静なコース選びと力強いフォアハンドで相手のミスを誘発し、7-5、6-1で勝利を決めた。その他、辻恵子(教3=東京・早実)、細沼、吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)らもストレート勝ち。シングルス2の宮地真知香主将(社3=福岡・折尾愛真)はファーストセットこそタイブレークの末に落としたが、その後はラリーで相手を動かし逆サイドに鋭いショットを打ち込んでいく。「後半からはあまり無理のないゲームの組み立てができた」と、納得の試合運びで白星を挙げた。

宮地主将の試合はセカンドセット終盤で中断となった

 ストレート勝ちとはいかなかったものの、6-1というスコアで専大を下したワセダ。「選手のプレーもサポートの応援も質が上がってきていて、最初の頃よりもさらに雰囲気が良くなっている」(宮地)という結束の固いチームで、次は伝統の一戦である早慶戦(早慶対抗試合)に挑む。

(記事 高橋団、山本葵、写真 高柳龍太郎)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません。

結果

▽女子1部

○早大6-1亜大

ダブルス1

●林恵里奈・細沼千紗(4-6、5-7)入江真子・坂本明香

ダブルス2

○梶谷桜舞・上唯希(6-2、4-6、6-1)清水千夏・杉浦佳代

シングルス1

○吉冨愛子(6-3、6-3)清水千夏

シングルス2

○宮地真知香(6(1)-7、6-1、6-2)入江真子

シングルス3

○細沼千紗(6-1、6-2)坂本明香

シングルス4

○金井綾香(7-5、6-1)戸村綾菜

シングルス5

○辻恵子(6-3、6-0)宮内梨奈

関連記事

リーグ初戦は筑波大に6-1/関東大学リーグ(8/29)

リーグ戦2勝目も、課題の残る結果に/関東大学リーグ(9/05)

コメント

宮地真知香主将(社4=福岡・折尾愛真)

――きょうでリーグ戦(関東大学リーグ)3勝目となりましたが、ここまでの結果についてはどのように考えていますか

いい試合も悪い試合もあったと思います。でも、ここから一人一人が自分の試合内容をしっかり反省して、残りの2戦に向けて調整していければいいなと思います。

――リーグ戦開幕時に「全員の気持ちはしっかりリーグに向けられている」とおっしゃっていました。いよいよリーグ戦も後半戦に突入しますが、チームの雰囲気はさらに高まっていますか

そうですね。試合に出場している選手のプレーもサポートの応援も質が上がってきていて、最初の頃よりもさらに雰囲気が良くなっていると思います。1年生についても、2年生が中心となって指導をしてくれたので、とても頑張ってくれています。

――その中で宮地選手はどのようにチームに接していますか

自分も選手として試合に出場しているので、まずはしっかり勝つということを一番に考えています。チーム全体のことは他の4年生が見てくれていて、私も同期を信頼しているので安心して任せています。私自身は自分がしっかり試合に出場することと、あとは他の選手のプレーを見ていまどういう調子なのかということを把握して、その都度声を掛けるということなどをしています。

――前日のシングルスでは、ファーストセットはタイブレークにもつれこむという試合展開でした

最初は少し無理をしまったかなというのがあって。そのことにプレー中に自分で気づくことができたので、後半からはあまり無理に打ちにいかないゲームの組み立てというのができたかなと思います。

――中断を挟んだセカンドセット、ファイナルセットでは始終流れをつかんでいたという印象です

前日の時点で自分がどういったプレーをすべきかというのが見えてきたので、きょうの中断試合ではそこに気持ちを持っていくだけでした。実際に気持ちをしっかり保ってプレーをすることができたので、セカンドセットとファイナルセットを取れたのだと思います。

――次戦の慶大戦に向け、意気込みをお願いします

もうやるしかないという状態なので、全員が全力を出し切って、悔いの残らない試合ができればいいなと思います。頑張ります。

金井綾香(社2=東京・早実)

――昨年に続くリーグ戦出場となりましたが、振り返っていかがですか

昨年は本当に初めてということで、すごく緊張してボールも飛んでいなかったのですが、ことしは2年生という立場になって。らいねんはいまの4年生が3人抜けるということも意識じて、絶対に勝たなくてはならないという思いで臨みました。内容もいいかたちでやろうと思っていました。

――ダブルスを1勝1敗で終えてからシングルスに入りました

ダブルスの結果はどうであれ、自分は勝つだけだと思うので試合に集中してプレーしました。

――第1セットはリードされる場面もありましたが、どのように切り替えましたか

キープキープということで自分のリターンミスも結構多くて少し慌てる場面もあったのですが、6-5になってからベンチコーチに隼さん(渡辺コーチ、平18スポ卒=静岡・庵原)が入ってくださって。その中で気持ちを切り替えて落ち着いてできました。

――第2セットは振り返っていかがでしょうか

第2セットは相手も結構疲れてきていてミスも出てきたので、相手のミスを誘いながら落ち着いてプレーできたと思います。

――リーグ戦も残り2戦となりますが、意気込みをお願いします

今後の試合に出られるかは分からないのですが、もし出場できたら勝ちにこだわってやるだけです。絶対にチームが勝てるように、どの立場であれ頑張りたいと思います。

上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)

――上選手はリーグ戦初出場となりますが、ここまでの3戦に出場された感想を教えてください

第一戦の筑波戦は気持ちの面ではあまり緊張しなかったのですが、体がガチガチになってしまいました。流れも悪くてファイナルセットの1-4までいってしまったのですが、そこで勝ち切れたことによってリーグ戦の雰囲気に慣れた部分があって、それ以降の試合ではしっかりプレーできているかなと思います。次戦以降も出場させていただけるなら桜舞さん(梶谷、スポ4=東京・富士見丘)と組むことになると思うので、インカレ(全日本学生選手権)の時の調子を思い出して頑張りたいです。

――応援は力になっていますか

ワセダは人数が多い分声援も大きいので、外からのパワーをもらっています。声援が大きい方が自分としてもプレーに力が入るので、かなり助かっています。

――前日のダブルスでは、セカンドセットは落としてしまったもののファイナルセットではボレーがよく決まっている印象でした

ファーストはいいかたちで取ることができたと思います。セカンドセットは調子が悪かったわけではないのですが、少し横の試合が気になってお互いに自分たちの試合に集中できなくなってしまって。横の試合がリードされているから私たちが頑張らなくちゃ、と思ったり、横の試合が終わったので絶対に勝たなくてはならないと思って意気込みすぎてしまって、調子を乱した部分がありました。これが原因でセカンドセットを落としてしまったのですが、ファイナルセットに入る前のトイレットブレークで桜舞さんと「インカレの時を思い出して、絶対に勝とう」と話し合って気持ちを切り替えることができたので、その後は6-1で取れたのだと思います。今後は横の試合がどうであれ、自分の試合にちゃんと集中しないといけないということが学べた試合でした。

――リーグ後半戦に向け、意気込みをお願いします

明後日は早慶戦(早慶対抗試合)になりますが、私は春の早慶戦で出場させていただいた時に負けてしまっていて。チームにいい流れをつくることができなかったので、そのリベンジも兼ねて頑張りたいです。慶大はあの時のダブルスのオーダーでくると思うので、私のペアは桜舞さんになりますが対戦相手は同じだと思います。2回も同じ相手に負けるのは絶対に嫌なので、シングルスにいい流れでつなげられるようしっかり頑張りたいと思います。