庭球部

2015.09.08

関東大学リーグ 9月5日 東京・有明テニスの森公園

明大相手に大きな1勝!王座出場を決める

 日を追うごとに強敵との対峙(たいじ)を迎え、3戦3勝ながらも苦戦を強いられている早大。これまで悪天候が続いたが、この日はいいテニス日和となった。総合力の高い明大との一戦はダブルスで1-2と負け越してしまう。しかしルーキー坂井勇仁(スポ1=大阪・清風)がストレートで相手を下すなどシングルスで巻き返し、計6-3で勝利。全日本大学対抗王座決定試合への出場が決定した。

タイブレークで奮闘する小堀・松崎勇(左)組

 ダブルス3戦では今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)・河野優平(スポ2=福岡・柳川)組は快勝するも、残り2組が苦戦を強いられる。栗林聡真副将(スポ4=大阪・清風)・坂井勇仁(スポ1=大阪・清風)組は相手の速いサーブに崩されるなど、なかなかペースをつかめない。第3セットはダブルフォルトなど自分たちのミスも響き、4-6で手痛い1敗を喫した。残りの1組、ダブルス3の小堀良太(スポ3=東京・大成)・松崎勇太郎(スポ3=神奈川・湘南工大付)の同学年ペアは互いに一歩も譲らない白熱した展開に。第1セットを6-2で折り返すも、第2セットは出だしから相手に圧倒され1-6で奪い返される。第3セットでもなかなか勝負は決まらず、タイブレークへと突入。その他の試合が終わっていたこともあり、両校の部員、観衆が見守る中で決戦は繰り広げられた。しかし、相手のサーブに押されいきなり3ポイントのビハインドを背負った小堀・松崎組は、その後も巻き返しはならず。ダブルスを1-2で終え、続くシングルスに向け流れをつくることができなかった。

勝利の瞬間、大きく吠えた松崎勇

 早大に流れる不穏な空気を、シングルス6を務めたルーキーが一蹴した。第1セット、徐々にストロークで粘り負ける場面が目立ち始めると、2ゲームを奪われ5-6と追い込まれてしまう。しかし、ここから坂井が本領を発揮。相手のミスにも助けられつつタイブレークに持ち込み、サーブで果敢に攻めポイントを連取する。幸先良く1セットを奪うと、その後はのびのびとしたプレーで相手を圧倒。チームに勢いをもたらす1勝を手にした。この流れに上級生が乗り、順調に早大勢は白星を積み重ねていく。そしてシングルス2の松崎勇が6-4、6-4で辛くも逃げきり、明大戦の勝利が決定。松崎勇がこの時見せたガッツポーズは、この日のどれより気持ちのこもったものだった。チームの勝ちで重圧から解放されたのか、シングルス1の今井も第2セットは6-1と快勝。トータルスコア6-3と、王者としての意地を見せつけた。

 シングルス5の三好健太(スポ2=埼玉・秀明英光)は惜敗してしまったが、この日は下級生の奮起に助けられたことは間違いない。今井も、自らダブルスを組んだ河野優平(スポ2=福岡・柳川)も含め「今後に向けてカギになる」と期待を寄せている。法大戦ではシングルスで、明大戦はダブルスで苦戦することとなった。次戦はいよいよ宿敵・慶大との一戦を迎える。単複のバランスがかみ合うことができれば、この日慶大に敗北を喫した女子部の借りを返せるはずだ。

(記事 谷口武、写真 豊田光司)

結果

▽男子1部

○早大6-3明大

ダブルス1

○今井慎太郎・河野優平(6-0、7-5)深田颯平・今諒哉

ダブルス2

●栗林聡真・坂井勇仁(4-6、6-4、4-6)諱五貴・西脇一樹

ダブルス3

●小堀良太・松崎勇太郎(6-2、1-6、6(2)-7)弓立祐生・渋田大樹

シングルス1

○今井慎太郎(7-6(4)、6-1)諱五貴

シングルス2

○松崎勇太郎(6-4、6-4)伊藤勇貴

シングルス3

○栗林聡真(6-2、6-4)切詰魁

シングルス4

○巽寛人(6-4、7-5)渋田大樹

シングルス5

●三好健太(7-5、2-6、3-6)弓立祐生

シングルス6

○坂井勇仁(7-6(2)、6-2)西脇一樹

関連記事

リーグ戦開幕!初戦は全勝の好発進/関東大学リーグ(8/29)

2日目も9戦全勝で終える/関東大学リーグ(9/03)

法大に勝利するも、不安残る/関東大学リーグ(9/06)

コメント

今井慎太郎主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――ご自身の試合では、単複共に白星を挙げられました

ダブルスの最初の出だしはとてもいいかたちで入ることができて、特にペアの河野(優平、スポ2=福岡・柳川)の調子が良かったので油断することなくファーストを取ることができました。でも、セカンドセットになって相手も動くようになってきて。深田(颯平、明大)とはもともと対戦したことがあってとてもパワフルな選手だと分かっていたのですが、それに引っ張られてしまう部分がありました。先にブレークをしてリードしていたので試合の流れとしては良かったと思うのですが、その後ブレークバックされてしまったので、まだまだ甘さがあるなと思います。今後はそういったところは取り切らないといけないですね。シングルスに関しては、僕の両隣の試合の決着がついていなかったので、その真ん中で試合というのはなかなか気になる部分があって。自分のプレーを出し切ることができなくてタイブレークにもつれてしまいました。それでもしっかり両隣が決着をつけてくれて、セカンドセットからは自分のプレーをすることができたので、ああいったプレーを最初からできるようにしたいと思います。

――チームは6-3での勝利となりましたが、この結果についてはどのようにお考えですか

勝てたことは良かったのですが、ダブルスが1-2になってしまったことに関しては課題だと思うしかないですね。ダブルスでリードするということはそのままシングルスでの勢いにもつながりますし。ただ、今回は1-2になったということでチームもしっかりと危機感を持つことができて、それ以降の雰囲気というのは全体としては一体感があって良かったと思います。あの雰囲気で最終戦は最初から臨めるようにしたいなと思います。

――きょうの試合を含め、リーグ戦を通して下級生の活躍が光っています

そうですね。特に坂井(勇仁、スポ1=大阪・清風)に関してはきょうのような試合は緊張する場面だったと思いますが、しっかり自分のプレーをして一勝を取ってきてくれたというのは大きかったと思います。三好(健太、スポ2=埼玉・秀明英光)は勝つことはできませんでしたがよくファイトしていましたし、今後課題を克服していけばとてもいい選手になると思います。こうした下級生の活躍というのは、河野もそうですが今後のリーグ(関東大学リーグ)最終戦、王座(全日本大学対抗王座決定試合)に向けてカギになると思うので、もっと鍛えていきたいなと思います。

――次戦はいよいよ慶大との対戦となります。意気込みをお願いします

きょう負けてしまった女子部の借りを返すという意味もありますが、あまりそういったことに囚われすぎずに戦いたいです。自分たちは絶対に慶大に勝つという気持ちで、きょうのシングルスからの雰囲気を忘れず、全員で全力で勝ちを目指して頑張りたいと思います。