水泳部

2015.09.08

第91回日本学生選手権 9月6日 神奈川・相模原市立総合水泳場

前日の悔しさを晴らせず、インカレ4位で終える

TEAM 1P 2P 3P 4P
筑波大
早大
▽得点者
瀧川2、池水、桜井

 3日間にわたって行われた日本学生選手権(インカレ)もこの日が最終日。前日、ペナルティーシュート戦の末、準決勝で敗れた男子部は、筑波大との3位決定戦に挑んだ。第1ピリオド、池水勇太(スポ2=鹿児島南)らの得点で2-1とリードを奪い流れに乗って試合を進めていくかに思えた。ところが、続くピリオドで立て続けに4点を失い主導権を握られる。後半、一矢報いる場面もあったが反撃むなしく4-9で敗れ、インカレ4位で戦いを終えた。

 第1ピリオドは早大のペースで進む。開始2分、カウンターから池水がゴール前まで駆け上がりそのままシュートを放ち先制点を獲得。その後すぐさま同点にされるも、相手の退水(※)からゴール前でチャンスを作る。瀧川峻也主将(スポ4=京都・鳥羽)がプレッシャーをかけられながらも技ありの得点を決め再びリードを奪った。途中ピンチを迎えるときもあったが、相手のシュートミスにも助けられて、1点リードでこのピリオドを終える。

深川が攻撃の起点となってチャンスを演出した

 追加点を奪って、試合を優位に進めていきたかった第2ピリオドだったが一転、劣勢の展開を強いられた。「相手のディフェンスにはまってしまって、攻撃でうまくいきませんでした」(深田)と相手の厳しいプレスに苦しみ、なかなか決定機を得られない。得点が奪えないでいるなか逆に、連続失点を許しこのピリオドを終えた時点でのスコアは2-5。第3ピリオドこそ、桜井祐太(人3=東京・城北)らのゴールで2点を奪い返したが反撃はそれまでとなってしまった。3点ビハインドで迎えた最終ピリオドで逆転が遠のく2点を決められ、4-9でこのゲームを落とした。

反撃の得点を挙げた桜井

 インカレの最終戦となった3位決定戦でも敗れ、目標の優勝から遠のいた4位で大会を終えた。早大にとって決して満足のいく結果ではなかったであろう。次に控えるのは日本選手権最終予選。本戦出場権獲得が懸かっている大事な試合となる。「いままで以上に詰めるところは詰めて、しんどいことをやっていきたい」(深田)。残された時間は少ないが、ここで立ち止まることなく前を向いて突き進んでほしい。

(記事 井口裕太、写真 田島光一郎)

コメント

深田隼輔(スポ4=鳥取中央)

――きょうの試合を振り返って

向こうの方が戦術が上だったなと。相手のディフェンスにはまってしまったので、攻撃でうまくいきませんでした。

――試合中はどのような意識で戦いましたか

合宿でも試合も何回かしていて、相手のことは分かっていたので、その時のようにやろうということは話していました。

――第2ピリオドで点差を話されてしまいましたね

失点が4点もあったので、その後はそこを抑えて、ピリオド勝負で行こうと話していました。

――対戦も前にされたということですが、そこの部分でやりにくさなどはありませんでしたか

ありましたね。早い段階でディフェンスが下がってきて、自分はやりにくいなと思いました。

――敗因はなにと考えられますか

僕自身が点を取れていないというのもありますし、仕事ができてなかったのもありますね。

――チームとしてはいかがでしょうか

もう少し連動して動けたなと思います。

――今大会は全員が出場されましたがいかがですか

後輩たちに救われた大会だと思います。結果はついてきませんでしたがいい大会だったと思います。

――最後に日本選手権最終予選に向けて抱負をお願いします

いままで以上に詰めるところは詰めて、しんどいことをやっていきたいと思います。