卓球部

2015.09.08

秋季関東学生リーグ戦  9月7日 神奈川・とどろきアリーナ

リーグ戦開幕!女子は早くも黒星

 夏の鍛錬の成果を示す舞台、秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)が開幕した。初日のきょうは、男子が埼玉工大、昨秋のリーグ戦で全勝優勝を果たした女子が日体大とそれぞれ激突した。男子はエース大島祐哉(スポ4=京都・東山)の二勝もあり、団体戦スコア4ー0で快勝。一方女子は7月の全日本大学総合選手権・団体の部(インカレ)でベスト4入りした日体大に苦戦を強いられる。接戦となった試合をものにできず、団体戦スコア3ー4で悔しい敗戦。男女そろって白星発進とはならなかった。

 力の差を見せつけた。リーグ初戦となる埼玉工大戦、早大のトップを任されたのは大島祐哉。序盤からミスのないプレーで試合を支配し、相手に付け入る隙を与えず快勝した。二番手・山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)は「硬くなってしまった」と、立ち上がりこそリードを許しもののその後は冷静に立て直し逆転勝利を収めた。4年生が危なげなく2勝を挙げ、3試合目には1年生の平野晃生(スポ1=山口・野田学園)が登場。「出来すぎだった」と振り返るほどに、フォアでの攻撃、レシーブとすべての面で相手を上回りゲームカウント3-0で圧勝した。最後は大島祐哉・上村慶哉(スポ2=福岡・希望ヶ丘)のエースダブルスがしっかりと試合を締め、団体戦スコア4-0のストレート勝ち。幸先の良いスタートを切った。

相手を圧倒し続けた平野

 リーグ戦全勝優勝を目標に掲げる女子部。しかしシングルスの1、2試合目を相次いで競り負け、チームとしても流れに乗りたい序盤に勝ち星を重ねることができない。そんな悪い流れを断ち切ったのは小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)・高橋結女(スポ4=新潟産大付)の4年生ダブルス。立ち上がりこそ苦しんだが、気持ちを前面に押し出したプレーで勝ち点1をもぎとった。その後のシングルスは接戦を落とすも、続いて登場した阿部愛莉(スポ1=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ1=福岡・希望が丘)組とシングルスの高橋が勝利を収め、団体戦スコア3ー3の五分とする。勝負の行方を託されたのは7番手のルーキー徳永。サウスポー対決となった試合は両者の意地と意地とがぶつかり合い、壮絶なラリー戦はフルゲームへともつれ込む。徳永は1年生らしい思い切ったプレーで互角以上の打ち合いを見せたが、あと一本が取れず悔しい敗戦。チームも団体戦スコア3ー4で日体大に敗れ、初戦を白星で飾ることはできなかった。

惜しくも勝利を逃した徳永

 秋季リーグ戦優勝を目標に掲げてきた両チームだったが、女子部は早くも黒星を喫してしまった。しかし「そこまで落ち込む一戦でもなかった」(小道野主将)と、全員が力を出し尽くして戦った一戦に後悔はない。あす以降も連戦が続くリーグ戦では、よりタフに、より強い心で戦い抜くことが求められる。

(記事 久保田有紀、稲満美也 写真 豊田光司)

結果

男子

▽埼玉工大 ◯4-0

◯大島祐哉3-0稲嶋俊介

◯山本勝也3-1郭

◯平野晃生3-0花木誠弥

◯大島祐哉・上村慶哉組3-0花木誠弥・千葉悠平組


女子

▽日体大 ●3-4

●田中千秋1-3相原なつみ

●阿部愛莉2-3温馨

◯小道野結・高橋結女組3-1相原なつみ・竹前裕美子組

●小道野結2-3谷岡あゆか

◯阿部愛莉・徳永美子組3-0田中友梨・谷岡あゆか組

◯高橋結女3-1前瀧美音

●徳永美子2-3田中友梨

コメント

山本勝也主将(スポ4=石川・遊学館)

――1番手、2番手が4年生でしたがオーダーの意図は

初戦なので、1番2番を4年生にしてしっかりと勝って勢いを付けるというのがありました。

――試合は圧勝でしたが、全体を振り返って

僕以外は楽勝で勝ったのですごく良い試合だったと思います。

――チームの仕上がりは順調ですか

僕と大島以外にも、平野だったり、竹岡(純樹、スポ2=青森山田)、藤原(康明、社4=埼玉・狭山ヶ丘)が良い調子できているのでいいかなと思います。

――ご自身の試合を振り返って

1ゲーム目は少し硬くなってしまって点差を離されて落としてしまったんですけど、その1ゲーム目の間にかなり挽回していくことができたので、2ゲーム目から勢いに乗れたかなと思います。

――あす以降も連戦が続きますが、意気込みをお願いします

まずはあしたの一戦目で筑波と当たるのでその一戦目に全力を注いで勝ちたいと思います。

平野晃生(スポ1=山口・野田学園)

――チームはストレート勝ちでしたが、試合全体を振り返って教えてください

1ゲームも取られていない試合が多かったので幸先としては良いスタートを切れたかなと思います。

――シングルスも圧勝でした

出来すぎなところはあったのでそこは調子に乗らずにまたしっかりやっていこうと思います。

――特に上手くいったプレーはどこでしょうか

自分がいつも思っているよりも攻撃だったり、繋ぐボールが入ったので。

――レシーブも決まっていました

いつもよりは入っていたので。

――ご自身の調子はどうでしょうか

良いですね、3-0という結果にも表れていたように、次の試合でもしっかりやっていきたいと思います。

小道野結主将(スポ4=神奈川・横浜隼人)

――厳しい初戦となり、リーグ戦黒星スタートですが

初戦負けたことは悔しいですけど、みんな最初から良いプレーをしていたし、そこまで落ち込む一戦でもなかったと思います。

――あと一歩の試合ばかりで、ずっとチームが盛り上がっている印象でした

そうですね。すごく疲れました(笑)。

――ダブルスではチームを盛り上げようという姿勢が見えましたが意識しましたか

春が結構全然駄目で、相手はどの選手も向かって来るというのもわかっていたので、そこは割り切って逆にこっちが向かっていこうと、とりあえず盛り上がってやっていこうとして、勝ったので、すごく大きな試合でした。

――谷岡(あゆか、日体大)選手との一戦はどのような意識を持って戦いましたか

1回もやったことがなくて、やってみてという感じでしたが、やれることは全部やったし、全力を出し切った中のプレーだったと思います。

――追い上げる展開の中でフルゲームまでもつれましたね

私も谷岡さんも我慢の試合で、私が最後我慢し切れなかったのが敗因だったかなと思います。

――きょうの敗戦をうけて、チームに足りなかったものは何と感じましたか

前半競って長い試合になって最後の方になると盛り上がりに欠けてたので、そこが負けにつながったかなと思うので、集合の時にみんなに言って再確認しました。

――応援であと一押しできなかった

いまはそれしか言えないですね。

――あしたはきょう専大を破った淑徳大との大一番です

春に優勝している専大も一敗しているので、私たちもきょうの一敗を全然マイナスに捉えず、あした一戦一戦淑徳大と当たりますが、向かっていく気持ちでまた頑張りたいと思います。

徳永美子(スポ1=福岡・希望ヶ丘)

――七番手での出場でしたが、オーダーが決定した時、どのように感じましたか

七番手は緊張するんですけど、自分らしく元気良くいくしかないと思いました。

――実際に試合は緊張しましたか

2台進行の時はそんなにしませんでしたが、高橋(結女、スポ4=新潟産大附)さんが勝って、(チームポイントが)3ー3になったのは気にならなかったということはなかったです。

――サウスポーの相手にどのような意識を持って戦いましたか

自分もすごい苦しかったんですけど、相手も同じことしか出来なくて苦しいとわかっていたので、粘っていた方が勝ちかなと思いました。

――相手のバック方向にスマッシュを決めて得点することが多かったと思いますが

お互い同じことしか出来なくて、私の得点源はそこしかなかったので、監督にもそれをアドバイスされて、やるしかなかった。

――相手のサーブに苦しめられていましたね

前からあのレシーブが苦手で試合前ずっと練習してきたんですけど、あのミスが大きな敗因だったので、苦手は克服していかないとと思いました。

――ベンチの応援はどのように感じましたか

みんなあんまり気にしないで良いよと言ってくれたので、今回は力になりました。

――あしたからのリーグ戦ではどのように戦いたいですか

1敗してしまいましたが、最後まで試合はあるので1年生らしく、元気良く頑張りたいです。